第16話 迷盲剣


 夕暮れの雑踏の中を、沖田はあても無く歩いていた。


 祇園――八坂社前を一本入った路地。

 朝から降っていた雨が上がったせいで、空気は冷えている。

 其処彼処そこかしこに灯った明かりが、いつも以上に温かく感じられた。

 魚の焼ける芳ばしい香りやら、味噌の煮立つ香りが漂ってくる。

 道を歩く人の足も、今宵の酒の肴などを思い描き、心なしか急いでいる気がする。

 だがそんな雑踏の中を、沖田は不貞腐ふてくされた顔で歩いている。





 昼すぎの事だ。


「山南さん、どこに行くんですか」


 いそいそと、八木邸の門を出て行こうとする山南の姿が眼に入った。


「昨夜の件を調べるつもりなんでしょ」


 ずるいなぁ――と、沖田は呟く。


「ずるい?」

「あの柔志狼を捕らえるのなら私の仕事です。ひとりで行くのはずるいですよ」


 沖田の声には苛立ちがあった。

 そんな沖田の姿を見つめ、山南が大きく溜息を吐いた。


「沖田君。君が何のことを言っているのか分かりかねるな。」


 単なる散歩ですよ、散歩――と、山南は涼やかな笑みを浮かべた。


「なんでしたら、君も一緒にどうです」


 と、笑った。


「誤魔化さないでください。こんな雨の中、散歩に行くわけないでしょ。近藤さんと何やら話しこんでいたのは、昨夜の件ですよね。あの柔志狼、今度こそ腕の一本もぶった斬って連れてきてやる」


 沖田は怒りを抑えきれなかった。


「沖田君――だから、散歩だと言っているじゃありませんか」

「山南さん――」


 なおも食い下がろうとする沖田に対して、山南が困ったように苦笑を浮かべた。


「沖田君」

「なんですか?」

「沖田君」

「なんですか?」

「沖田君」

「だから、なんですかぁ――」

「留守を頼みます」


 いきなりだった。

 ぱちり――と、山南が、沖田の眼前で指を鳴らした。


「何するんですか」


 声を荒げ、その手を払う。


「あれ?山南さ……」


 だがそこに、山南の姿は無かった。

 ほんの一瞬――指を鳴らされ、意識を外された。

 その僅かの隙に、山南は姿を消していた。

 慌てて後を追ってみたものの、既に山南の姿は何処にもなかった。




 そのまま沖田は、八木邸を出た。

 山南を探すつもりだが、当てなど有るわけがなかった。

 結局、思い至ったのが弓月との座敷の一件だった。

 だからといって、茶屋を一件一件探し回るわけにもいかず、途方に暮れ往来に佇んだ。

 すると、前から歩いてきた商人と肩が当たった。


「どこに眼をつけとんのや!」


 沖田は今、新撰組のだんだら羽織は身に着けていない。

 商人は舌を打ち鳴らすも、錆びた刃のような眼をした沖田と、腰のもの《剣》を交互に見ると、慌てたように去っていく。


「はは……」


 町人相手に、自分は何をやっているのか。沖田は乾いた笑いを洩らした。

 自分の心がささくれているのが分かる。いつもであれば、道場で汗を流せばすっきりするのだが、稽古をする気にもなれない。


 昨夜は、あまりにも多くの事があり過ぎた。

 あの出来事全てが生まれてこの方、見たことも無いものばかりだった。

 常の沖田であれば、それらは嬉々とした興味の対象であり、好奇心を掻き立てられる玩具のようなものであっただろう。

 だが、そうはならなかった。


 己の剣が通じぬ――


 ただその一点が、沖田の心を暗澹あんたんたるものにさせている。


 あやかし――魍鬼もうきと山南の呼んだ存在。

 この世に、剣が通じぬものが存在するなど、考えたことも無かった。沖田の神速の剣は、宙に舞う木の葉すら、造作も無く両断することができる。

 だがあれは、まるで霞か煙でも斬っているような、曖昧模糊とした希薄さ。

 全身をあれに包まれたとき、泥沼に引きずり込まるような無力感を感じた。

 そんな沖田を救ったのは、山南の使う玄妙な術だった。

 山南と知り合って、もうずいぶんと経つ。

 近藤を除けば、山南との付き合いは、自分が一番深いだろうと沖田は思っている。

 しかし昨夜の山南は、まるで別の人間のようであった。


 近藤や土方とは、また違う意味で、兄とも慕っていた山南の初めて見る顔に、沖田は少なからず驚きを感じた。

 だが同時に、不思議と納得もできる自分がいた。

 山南が底知れぬほどの博識であることは承知している。それならば、陰陽師や拝み屋の真似事の一つもできても不思議ではない。

 山南とて剣が通じぬから、あのようなすべを講じたのであろう。それならば沖田としても許せる話である。


 それよりも沖田の心を激しく掻き乱しているのは、葛城柔志狼と名乗ったである。

 最初から、命をる気など毛頭なかった。

 かといって、舐めていたわけでは無い。

 せいぜいが腕の一本。つまり、その程度には沖田は本気だったのだ。

 だがしかし、沖田の剣は虚しく空を斬った。

 結果、屈辱に地を舐めたのは沖田の方だった。

 肉の身を持たぬ妖異ではない。

 団子屋柔志狼は、肉の身を持つ人間である。

 天賦てんぷの才と自他ともに認める沖田の剣を、あの男はいとも容易くあしらったのだ。

 なにより、沖田の剣の通じぬ妖異を、あの男は山南とも違うやり方で破った。

 沖田の剣は通じなかったが、柔志狼の拳は妖異を打ち破った。


 あんた《山南》の方が怖ぇな――


 薄れゆく意識の中で聞こえた柔志狼の声が、今も耳の奥にこびり付いている。


「くっ……」


 あの屈辱を思い出すたび、全身の血流がふつふつと沸き立つような怒りに駆られる。

 ぎりと、歯軋りしたその時だった。

 雑踏の中を、こちらに向かって飄々と歩いて来る男に眼がとまった。


 夕闇に溶け込むかのような、墨染の着物に使いこんだ皮袴。

 寒さを感じぬのか。捲り上げた袖からは、注連縄しめなわのように太い腕が揺れている。

 まるで、どこかの山門から仁王像が動き出したのかと錯覚する。

 短く刈った髪。

 眼の横に走る刃傷。

 その強面は天下の往来に有って、明らかに目立つ。

 だがそれでいて、どこか人の良さそうな雰囲気は、道行く人々の中に不思議と溶け込んでいる。

 そのせいだろうか。男は誰の気を引く事もなく、飄々と歩いていた。


 時折、片手に持った饅頭を頬張りながら童のように眼を輝かせては、夕暮れの街並みを見渡しては、感心したように頷く。


「あの野郎っ!」  


 間違いない。昨夜、沖田に屈辱を刻んだ男――葛城柔志狼だった。


 柔志狼は饅頭を口の中に放り込むと、脇にあるうどん屋の暖簾に眼を輝かせる。

 格子からは、なんとも芳しい昆布の利いた出汁だしの香りが、漏れだしている。

 柔志狼は鼻の穴を広げ、大きく息を吸い込んだ。

 一瞬、満足そうに微笑み、店に入るのかと思いきや、眉間に皺をよせ、未練を断ち切るように通りに顔を向けた。


「待て!」


 そこに沖田が声を掛けた。

 肩を怒らせ、柔志狼の眼前を遮るように立ちはだかった。


「んん?誰だお前ぇ――」


 眉間に縦皺をよせ、小首を傾げる。


「忘れたとは言わさんぞ。昨夜持ち去ったを返してもらおうか!」


 沖田の声がささくれ立ち、反射的に剣の柄に手が伸びる。


「おっぉおぉ。お前さん、昨晩の。確かぁ――虚仮太こけたクンっ」


 柔志狼が手を打ち鳴らした。


「沖田だ!」

「あぁ、そうそう、そうだ。沖田って言ってたな」


 柔志狼が嗤った。


「愚弄する気か!」


 かっ――と、頭に血が上る。

 衝動的に鯉口を切る――が、沖田の剣は鞘に収まったまま、ぴくりとも動かない。

 いつ間合いを詰められたのか気がつかなかった。


「いくら新撰組が天下御免の人斬り集団だからって、こんな往来で振り回すのは無粋ってもんだろ」


 柔志狼が沖田の耳元で囁く。

 ぞくり――と、沖田の背が総毛立つ。

 柔志狼の指先が、沖田の剣の柄に触れていた。

 その指先に力が籠っている様子は無い。むしろ軽く触れているだけだ。

 だと言うのに、沖田は鞘から剣を抜くことができない。


「ちぃ!」


 咄嗟に、腰を割って鞘を引こうとしても、身体が居ついたように動かなかった。


「ぐっ――」


 いくら力を込めようと、たいを切ることすらできない。


「そういきり立つなって。大方、山南にでも置いてきぼりを喰らって、後を追いかけまわしてるんだろ」

「なぜそんなことを!」


 沖田の顔が羞恥と怒りで朱に染まる。


「図星かよ」


 にやり――と、柔志狼が口角を上げた。


「くっ!」


 何とか剣を抜こうと、さらに力を込めるも微動だにせず。たいを躱そうとするも、居ついたように動けない。

 なす術の無いこの状況は、否が応にも昨夜の苦い記憶を呼び覚ます。

 だが溺れたようにもがくしか無かったあれとは違う。

 肩の上から巨大な石を乗せられているようなそれは、紛れも無く物理的な力である。

 沖田が感じているそれは、動こうともがく自分自身の力だった。

 どうにか動こうと込めた力が、己の身体を縛り上げ圧し潰し、息をすることすらできない。


「無駄なことは止めろって」


 柔志狼が苦笑する――と、一瞬、視線が沖田の背中越しに泳いだ。

 それを好機とみた沖田がたいを捌こうとするが、状況は悪くなる一方だった。

 遂に耐え切れず、沖田の身体が腰から崩れ落ちそうになったその瞬間、嘘のように身体が軽くなった。

 柔志狼がふわりと、離れたのだ。

 突然の事に身体が泳ぐ沖田を構いもせず、柔志狼が脇をすり抜ける。


「おい!」


 よろめきながらも、体勢を取り戻した沖田が振り向くと、柔志狼の視線が人々の流れを横切る白い影を追っているのが分かった。

 どこかの遊郭から逃げ出したのだろうか。十六・七ばかりの若い娘だ。

 乱れた胸元を隠す事もなく、夢でも見ている様な虚ろな瞳で辺りを見回している。


 肉厚な唇。

 上気した頬。

 ほつれ波打つ乱れ髪――


 身に纏う空気が、まるで発情期の雌の匂いを感じさせる。

 それが、まだ幼さを残すが故に、何ともいえぬ淫靡な空気を醸しだしている。

 既に夜陰の香りが漂う花街である。

 甘露な酒のように醸し出す雌の匂いと、まだ青く固い果実のもつ瑞々しさに、道行く男たちが無遠慮に好色な眼を向けている。


 ちっ――と、柔志狼が舌打ちをした。

 案の定、その少女が細い路地を曲がると、その背後から薄汚い浪士風の男たちが後を追うように付いていく。下卑た笑みを浮かべた駄犬のような男たちである。


「言わんこっちゃない」


 ひとり勝手に呟き、残った饅頭を口に放り込むと、柔志狼が路地に向かう。


「お、おい。話はまだ済んでいないぞ!」


 慌てて沖田もそれを追った。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る