第12話 仁王笑


 本堂に足を踏み入れて以来、人の気配など、どこにも無かった。それ故に山南も沖田も油断していた。


「誰だ!」


 沖田が殺気を放つ。

 その瞬間、頭上に広がる闇の中から、空気を切り裂くように鈍い光がはしった。


「ちぃ!」


 沖田が剣を引きぬく。同時に、火花と共に金属の弾ける音が鳴り響いた。

 楔形をした刃物が、飛来した軌跡をそっくりなぞるように、天井の梁の間に吸いこまれていく。


「剣呑、剣呑。若いのになかなか良い腕前してやがる」


 どこか楽しそうな響きと共に、重く密度の濃い気配が頭上の闇に出現した。

 咄嗟に、沖田が腰を落とす。

 山南は下がり距離を取る。


 まるで梁の上に、野生の虎が潜んでいるのではないか――突如出現した気配に緊張が走る。


「そう殺気立つなよ」


 だが闇の中に現れたのは、思いのほか人懐っこい顔だった。

 よっ――と、男が梁から飛び降りた。

 まるで岩のように重厚な量感を持つ男が、音も立てず床の上に降り立った。


「投げたのはいいが、一本しか無いんでな。返してもらって助かる」


 どうやら沖田が弾き返した刃を、闇の中で掴んだようである。手の中で、楔形の刃をもてあそんでいる。

 

「どなたです?」


 山南は腕を組んだまま眼尻に深い皺を刻み、静かに問いかけた。

 眼前の男から殺気は感じられない。だが山南と沖田に気配を感じさせることなく、潜み続けるなど並みの力量ではない。

 

「俺かい?んん……そうだなぁ、団子売りとでも言ってみるか」


 どこか含んだように男が嗤った。

 腰に大小は佩いていない。短く刈った髪など職人を思わせるが、左眼の横に走る二寸程の刀傷は、渡世人と見えなくもない。

 黒い小袖に黒い皮袴。

 捲り上げた袖からは、樹の幹のような腕を覗かせる。

 背は別段高くはないが、まるで仁王像のような肉厚の体躯。殺気立った沖田を前に、妙に落ち着いた佇まいは、人懐っこい表情や軽い言葉とは裏腹に、どこか怖いものを含んでいるように感じる。


「団子屋だと?」


 沖田の脳裏に、辻の角の団子屋が浮かぶ。


「こんなところで団子屋風情が何をしている?」


 沖田の声に苛立ちが混じる。


「おいおい……」


 沖田のまじめな様子に、男は苦笑いを浮かべ頭を掻いた。


「で、どのような御用件ですかさん?」


 何者だ――山南は油断なく探りを入れる。


「やっぱり、饅頭屋に変えてもいいかい?」


 それに対し、なんとも愛嬌のある笑みで男が応じた。


「ふざけるなよ団子屋風情が!」


 鯉口を切り、沖田は油断なく間合いを測る。


「冗談はさておき。その手に持っているモノを、こちらに頂戴するって訳にはいかないか?」


 男が微笑んだまま、ごつごつした分厚い掌を差し出した。


「これをですか?」


 そうだ――と、男が観音像を指さす。


「隙を見て失敬しようと思ったんだが、そこの若いのが斬ろうとするから」


 思わず声をかけちまった――と、男が嗤った。


「そんな事は聞いて無い」


 沖田が割って入る。


「お前は誰だと聞いているんだよ!」


 つい先ほどまで、童のような表情を浮かべていた沖田が一変している。

 その顔に浮かんでいるのは、紛れもなく一流の剣士の気魄。


「答えろ」


 正体不明の男に対し、沖田の中に殺気が満ちていく。


「答えぬのならば――」


 斬る――と、沖田の殺気が弾けた瞬間だった。

 沖田の足元。床の隙間から黒い瘴気の塊が湧きあがった。

 先ほどのモノよりも数段大きい。

 それは沖田の殺気に呼応するかのように、爆発的に膨れ上がった。


「おぉあおぁ――」


 慌てた沖田が、弾けるように飛び退る。

 だがそんな沖田を、黒い顎を広げた瘴気が追う。


「沖田ぁ!」


 山南が懐に手をいれ、先ほどと同じ白い紙片を掴みだす。

 剣印を作り、再び呪を唱える。

 だがそれよりも速く、男がゆるりと動いた。


「吩ッ!」


 気合いと共に、男の分厚い掌が瘴気を叩く。

 瞬間、淡い光が弾けた。

 沖田にとり憑く寸前だった瘴気は、その光と反応するように霧散して消えた。


「こんなモノにまで付きまとわれるなんざ、色男は辛いな」


 男は笑いながら、埃でも掃うように手をはたいた。


「お、お前――」


 沖田が肩で息をする。


「今の技は……」


 山南が眼を見開く。


「あなたは一体何者なのです?」

「そう言うあんたは――坊主ってほど抹香臭くはねぇな」


 ふふん――と、男が鼻を鳴らす。


「その呪符から察するに陰陽さんの類いか。だとすればそんな輩に、自分の商売のネタを明かすのは得じゃないよなぁ」


 うんうん――と、男は大仰にかぶりを振った。


「おんみょうさん?」


 聞きなれぬ言葉に、沖田は傍らに立つ山南の顔を改めて見つめる。

 よくよく考えてみれば、なぜ山南がこのような妖異に平然と対処できるのか、未だに説明を受けていない。

 山南が新撰組の中でも図抜けて博識なのは周知の事実である。だが今宵の事は、とてもそれだけで説明が付く事ではない。

 眼前にいる胡散臭い男にしても、山南にしてみても、何故こうも平然と妖異に対して向き合っているのか。

 沖田の胸中に、なんとも説明のつかぬ、苛立ちと不安が湧き上がった。


「どこから見ていたのですか?」


 山南の眼が細められる。


「一部始終――と言うより、そもそも俺が先にここに居たんだぜ」


 あそこに――と、天井の梁を指さした。


「おっかない顔して入ってくるから、思わず跳び上がっまったよ」

「なるほど。それでは、気が付かなかったこちらが申し訳ない」


 男と山南は視線を交わすと、互いに笑みを浮かべた。


「あの祭壇は、あなたのものですか?」


 視線で消えかかった灯りを示す。


「さて――どうだったかな?」


 惚けたように男が嗤った。


「山南さん、この男がやったに違いない。高崎に呪いをかけたのはこの男ですよ。絶対に間違いない。きっとそうだ。腕の一本も叩き切って屯所に連行しましょう」


 山南を制し、沖田がずいと前に出る。


「ほぅ。お前さんに出来るかのい?」


 男の小馬鹿にしたような口調が、沖田の神経を逆撫でする。


「山南――ってのかい、あんたは?」


 沖田を無視して、男が山南に声を掛ける。

 はい――と、山南が頷く。


「その、手にしている観音像――こちらにもらえないか?」

「矢張り、あなたの物なのですか」

「そういう訳ではないんだが、少々ワケありなんでな」


 何故か照れ臭そうに、男が苦笑する。


「もちろん只とは言わん。代りに良いもんをやるよ」

「良いものですか――興味はありますね」


 だろう――と、男が嗤った。


「駄目ですよ山南さん」


 そこに沖田が割って入る。


「山南さんともあろう方が、こんな不逞な輩の口車に乗せられるんんて」


 す――っと、沖田が腰を落とす。


「この手の輩には力ずくが一番です」


 沖田の背に殺気が漲る。


「よしっ!」


 ぽん――と、男が手を打った。


「いいぜ。本当は力ずくなんて野蛮な事はなんだが、お前さんがそこまで言うなら仕方がない――」


 男が大仰に首を振る。


「お前ぇが勝てば、俺を屯所でも便所でも、どこでも連れて行けばいい。だがその代わり、俺が勝ったら――」


 と、まりあ観音を睨み、


「そいつを頂くってことで」


 してやったりと――男の口角が上がる。


「それとこれとは、話が違う――」

「いいだろう」


 山南を押しのけ、沖田が前に出た。

 その手には既に、抜き放たれた剣が握られている。


「お前が勝ったら観音像でも、わたしの首でも、なんでも持っていくがいい。ただし――」


 沖田の中で氷のような殺気が結晶を成していく。


「できればの話だがな――」


 ゆらりと、沖田の剣先が上がっていく。

 こうなっては止めようがない。

 山南は溜息をつくと、諦めたように身を引いた。


「さっきのいつ投げてもいいぞ」


 沖田が鼻で笑う。

 正眼の構えから剣先を右に流し、刃を内側に寝かせて構える。

 天然理心流の平晴眼ひらせいがんの構えから、さらに斜に構えた沖田独特の構えである。

 こうなってしまった沖田に、手加減の文字は無い。

 普段は童らと共に神社の境内を駆け回り、どちらが子供だか分からぬ事もある沖田だが、剣を握れば別人と化す。


 攘夷派不逞志士らを切り捨てる時もしかり、道場で稽古を付ける時もしかり、剣を握れば、沖田は自らを一本の抜き身の剣と化してそこに立つ。

 まさに今の沖田の姿がそれである。


「これが怖いのかい?」


 先ほど沖田に投げた刃物苦無を掌の中で弄ぶ。

 にやり――と、嗤うと、山南に向かって無造作に放り投げた。


「――おい」


 まるで毬でも投げる様に放られたそれを、山南は片手に納めた。


「餓鬼相手に、あまり怖がらせるといけないからな。預けとくぜ」


 これには山南も返答に困り、呆気にとられる。


「……侮辱」


 抑えきれぬ怒りが、沖田の殺気に油をそそぐ。


「後悔するなよ」


 じり――と、沖田が指先一つ分、前に出る。


「ふふん」


 それに対し、男の重心が、ほんの僅かに下がっただろうか。

 特別なにか構えるでもなければ、代りの武器を手にするでもない。

 武闘派の不逞浪士たちですら恐れた、新撰組の斬りこみ隊長の殺気をまともに受け、尚も男は不敵な笑みを浮かべている。


 ――と、本堂の中に風が舞った。

 かさりと、床の上の枯葉が震えた。

 その瞬間、沖田が動いた。


 縮地――電光石火の踏み込みは、一瞬で間合いを詰める。

 平晴眼の構えから刃を返すと、足元の埃を巻き上げ、男の右下から逆袈裟に斬りあげた。

 宙を舞う蜻蛉ですら、斬られた事に気づくまい。

 疾風の一閃ともいうべき沖田の切っ先が男を斬った――筈だった。

 だが、剣先は巻きあげた塵芥の舞う闇を虚しく斬り裂いただけだった。

 馬鹿な――沖田が愕然と眼を見開く。


 その刹那、まだ宙を流れる沖田の剣に、ふわり――と、下から力が加わった。

 まるでそれは淡雪が頬に触れたような、微かで柔らかな力――

 だがその力に乗せられるように、床から足が離れた。

 いけない――そう思った時には、すでに遅かった。

 気が付かぬ間に足場を失い、沖田は己の上下を見失った。


 その瞬間、脇腹にまるで鉄球でも撃ちこまれたような衝撃に、臓腑が口から飛び出しそうになる。

 訳が分からぬまま天地不覚に陥り、床に叩きつけられ、沖田は意識を失った。


「こ……これは――」


 山南は言葉を失った。

 疾風の如き沖田の斬撃は下から跳ね上がり、男の身体を両断したかに見えた。

 しかし、その剣を、男は霞のようにすり抜けた。

 と、剣を跳ね上げる沖田の手首に、男は掌を添えた――ように見えた。

 同時に、沖田の脇腹に向かい、男が掌底を突き上げる。

 その一連の動きは、木の葉が宙を漂うような、ゆるりとした動き。

 だが、その緩やかな攻撃で、沖田の身体は弧を描き、宙を舞った。

 おそらく沖田は、己の天地を見失った事だろう。


 受け身を取ることも出来ずに、沖田は背から地に叩きつけられた。

 もし男がその気ならば、頭を地に叩きつけられ、沖田はを割り死んでいたかもしれない。

 沖田に慢心が無かったとは言えない。

 だが本気で剣を振るう沖田を、無手でいとも容易くあしらった男に対し、山南は素直に感心するしかなかった。


「じゃ、約束通り、そいつをもらおうか」


 にやり――と、男が嗤い分厚い掌を差し出す。

 山南は、苦笑交じりに溜息をつくと――


「沖田君が勝手にした約束とはいえ、いまさら嫌とは言えないでしょう」

「物わかりが良くて助かるぜ」

「正直に言えば、この観音像に非常に興味が有ります。ですが、扱いに困っていたのも事実――」


 眼尻の皺を深くし、山南が黒い観音像を差し出す。

 だが、寸前で山南の手が止まった。


「おい?」 

「ひとつお伺いしたい。貴方はこれが、どのようななモノであるか、知っているのですか?」

「何に使いたいかは想像つくが、何が目的なのかは分からん」


 呆れたように、男が口をへの字に曲げた。


「これがあなたの仕掛けたもの《呪》とは思わない。だが、全てを納得ずくで渡すのではない事をお忘れなく。もしもあなたが、悪意をもってこれを使用するのであれば……」


 その柔和な表情を崩さぬまま、山南から冷たい刃の様な殺気が立ち昇る。


「――で、あれば?」

「あなたを斬ります」


 山南の表情に変化はない。まるで菩薩のような笑みである。しかしその内面には、修羅の如き殺気を潜ませている。


「あんた怖いね。そこで寝ている沖田くん――だったかな?そいつなんぞより、よっぽど怖いぜ」


 そんな言葉とは裏腹に、男が愉しそうに嗤った。


「唯の優男じゃなさそうだ」

「あなたも只者ではないと思っているのですが」

「よせやい。そんな事言われると、照れちまう」


 ふふっ――と、男が嗤った。


「心配するな。あんたの危惧するような事には使わねぇよ」

「そうあって欲しいものですね。そうでないと、私があなたを見誤った事になる。それでは痛い思いをした沖田くんにも申し訳ない」


 微笑む山南からは、嘘のように殺気が消えていた。


「あんた面白い男だな。気にいったよ」

「それはそれは。礼を言うべきかな」


 微笑みを崩さず、山南は腕を組んで男を見つめた。


「ジュウシロウ」

「んっ?」

「柔志狼――葛城柔志狼かつらぎじゅうしろうだ」

「私に名乗っても良いのですか?」


 一瞬、山南の瞳に妖しい光が灯る。


「構わんさ」


 柔志狼と名乗る男の口元に、なんとも太い笑みが浮かぶ。


「山南啓助です」


 ふっ――と、それに釣られるように、山南の眼尻に皺が刻まれた。


「約束だ。代わりといっちゃなんだがな、土産をくれてやるよ」

「みやげ?」

「あぁ、こんな観音像よりも、よほど手柄になるだろうよ」


 と、足元に転がる木片を拾い上げると、天井の梁に向かって放り投げた。

 ごとん――と、音をたて、先ほど柔志狼が降りてきた梁から、重い何かが落ちた。

 床に落ちる寸前で、柔志狼がそれを片手で掴んだ。


「あんたらが踏み込んでくる直前、ここにいた野郎だ」


 山伏風の男の首根っこを掴み、柔志狼が突き出す。

 ぴくりとも動かず、柔志狼がいとも軽そうにしているので、人形ではないかと錯覚しそうになる。


「煩ぇから黙らせただけだ。生きてるよ」


 預けるぜ――と、男を床に放り投げた。

 一瞬――倒れている沖田に視線を向け、柔志狼が背を向けた。


「もう一つ土産を頂戴したい」

「あまり欲張ると嫌われるぜ」


 柔志狼の背が嗤った。


「そこに彫られている呪――文字の意味を、知っていたら教えていただけませんか」


 像に彫られた異国の文字。それが山南には気になっていた。


「いんヴぃでいあ」

「いんヴぃでいあ?」


 聞きなれぬ言葉に、山南が首を傾げる。


「妬み――嫉妬ってことらしいぜ」

「嫉妬ですか……」


 顎に手をあて、山南が頷く。


「じゃあな」


 手を上げ、立ち去ろうとする柔志狼の背に向かい、


「忘れ物ですよ――」


 先程、預かった刃を山南が差し出した。


「家に帰ればまだあるからな、そいつは贈呈する」


 ちらりと振り返り、柔志狼がいたずらっ子のように嗤う。


「ついでにもう一つ教えてください」


 眼尻に皺を深め、山南が言った。


「欲張るねぇ」


 柔志狼が肩を竦める。


「その観音像、どうしようというのですか」

「持ち主を探すんだよ」

「持ち主を?」

「つっ返してやろうと思ってな」


 と、言って、柔志狼がなんとも太い笑みを浮かべた。


「分かりました」


 それを見た山南の口元も、綻んいた。


「縁があれば、またな」


 平然と背を向け柔志狼は立ち去った。

 ふと気が付けば、堂内の澱んだ空気は消えていた。

 いつの間にか、破れた天井から蒼い月明りが射しこんでいる。


「あのような男がいるとは、なんとも野は広い」


 飄々としたその背を、山南は眼を細めて見送った。

 


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る