来つ寝と影法師

作者 長門拓

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全55話

更新

  1. プロローグ 狐少女との出会い
  2. 第1話 巌のように揺るがない一つの事実
  3. 第2話 早朝の公園で食べるトマト味のリゾット
  4. 第3話 あなたはお母さんとよく匂いが似ている
  5. 影と居酒屋と年上のお姉さん
  6. 第4話 ヨーグルトの容器の蓋をあける要領で
  7. 第5話 どうして変態ばかり寄ってくるのかしら
  8. 第6話 この影はこの世のものではない
  9. 同棲生活のはじまりは唐突に
  10. 第7話 十四歳の狐少女に馬乗りにされるという経験
  11. 第8話 もうそろそろ尻尾のほうは……いい
  12. 第9話 青少年健全育成条例って知ってる?
  13. 真夏の健康診断と白昼夢
  14. 第10話 「何でもいい」は一番困る回答
  15. 第11話 採血と尿検査、問診と雑談
  16. 第12話 いつもと違う、あまりよくない匂い
  17. 狐少女はスマホを手に入れた
  18. 第13話 冗談にしてはやり過ぎないたずら
  19. 第14話 黒のパンツの上にシースルーのナイトウェア
  20. 第15話 誰が、何に対して怒っているのか
  21. 反復される悲しみと怒り
  22. 第16話 その影は何も応えてはくれなかった
  23. 第17話 それまでの自分がどれだけ孤独であったか
  24. 第18話 不吉な沈黙のように閉ざされた扉
  25. 影のない狐少年との出会い
  26. 第19話 意味を通わせる記号も、温かい言葉もなく
  27. 第20話 私の盗まれた影はどこにある?
  28. 第21話 お姉さん、今夜一緒に寝てもいい?
  29. 翔太くんはマッサージがお上手
  30. 第22話 すっごく良かったゆうべのあれ
  31. 第23話 お兄さんは変わってませんね
  32. 第24話 これは、私の遺言である
  33. 名前のない狐少年の叫び
  34. 第25話 どちらかというと告白、あるいは懺悔
  35. 第26話 被験体は大抵ランダムに選ばれる
  36. 第27話 見る者と見られる者はいずれ入れ替わる
  37. 影と図書館とチンギス・ハーン
  38. 第28話 天が許そうとも私が許さない
  39. 第29話 てっきり18禁動画かと思った
  40. 第30話 もはや冗談が通用する段階は過ぎ去った
  41. 「はがさず教」と影さがし
  42. 第31話 あなたの帰りをお待ちしておりました
  43. 第32話 私はたまたま選ばれたにすぎない
  44. 第33話 世界を終わらせる
  45. 影の世界と間借りの男
  46. 第34話 太陽はどこにも見当たらない
  47. 第35話 ここは影の中の世界にござる
  48. 第36話 是非もなし是非もなし
  49. 導かれ、巡り会う、ふたり
  50. 第37話 元の世界に。ぼくたちの家に。
  51. 第38話 やっと君の場所に辿り着いた
  52. 第39話 変な声が出そうになる甘噛み
  53. 貸し切りバスに乗せられて
  54. 第40話 ANYWHERE OUT OF THE SHADOW.
  55. 第41話 まるで何かを訴える合図のように
  56. 第42話 私はここにいないはずの人間です
  57. 銃と呪いと銀世界
  58. 第43話 やばたにえんでござる
  59. 第44話 あなたのおかげで、私たちはここにいる
  60. 第45話 あなたと離れたくない
  61. 銃と紅茶と狐少年
  62. 第46話 お帰りなさい、お兄さん
  63. 第47話 『ぼくたち』の中に、私は含まれない
  64. 第48話 影が私のあとを追って来ないように
  65. ただいま、せかい。
  66. 第49話 結婚するまではコンドームを
  67. 第50話 ロールシャッハテストのインクのしみ
  68. 第51話 おかえり、ハンナ。ただいま、世界。
  69. エピローグ 
  70. 第52話 物語の一部がくり抜かれてしまったように
  71. 第53話 年上のお姉さんの体が触り放題
  72. 第54話 二つの影は一つになる
  73. あとがき