【日々更新】おっさんとハムスターと冷ややっこ

作者 @Nairiku_No_Umi

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全51話

更新

  1. 第1話 もし1日を一つの章とするならば
  2. 第2話 それ以上に温かみがある
  3. 第3話 右のハムスターから、真ん中のコップに
  4. 第4話 彼のみぞ知る心境の変化
  5. 第5話 いつもより明るかったように
  6. 第6話 【閑話休題】眠り烏は北風になる
  7. 第7話 雉鳥は爽やかに笑った
  8. 第8話 黒のフードパーカーを着た少女
  9. 第9話 少し年上のように感じた
  10. 第10話 少女、羽里硝子は呟くのだった
  11. 第11話 ”アレ”の娘、私ね。
  12. 第12話 喉元にナイフを押し当てられたかのような
  13. 第13話 羽月と雉鳥は暫し談笑する
  14. 第14話 身体の熱を思いのほか奪うのだった
  15. 第15話 言葉以上に伝わることも
  16. 第16話 あの女が大っ嫌いだったよ
  17. 第17話 粗暴さを感じさせる文面の送り主
  18. 第18話 【閑話休題】降り積もる雪
  19. 第19話 出かける準備に取り掛かるのだった
  20. 第20話 新しい棒キャンデーの包装
  21. 第21話 もう、消えてなくなりたいよ
  22. 第22話 とっくりとした心の脈動
  23. 第23話 やがて朝がやってくる――
  24. 第24話 火照りが静まるまで
  25. 第25話 甘いシトラスの香り
  26. 第26話 少しだけ胸元が温かくなる
  27. 第27話【閑話休題】自分への励ましを込めて
  28. 第28話【閑話休題】今日の私は少し、変だ
  29. 第29話 羽月は曖昧な笑みを浮かべる
  30. 第30話 ごめんなさい。お兄ちゃん
  31. 第31話 何かが喉につっかえたような
  32. 第32話 静かな熱が宿っていた
  33. 第33話 底なしの井戸を覗き込むよう
  34. 第34話 重々しい音を立ててドアが閉じられる
  35. 第35話 撃ち抜くような仕草で言葉を口にする
  36. 第36話 強く一歩を踏み出した
  37. 第37話 人形のような完成された笑顔
  38. 第38話 黒曜石のような瞳が揺らぐ
  39. 第39話 ついてきな。案内するよ。
  40. 第40話 枯れ井戸の底を思わせる
  41. 第41話 夜は更ける。そして朝がやってくる
  42. 第42話 じきに車は辿りつくだろう
  43. 第43話 微かな人肌のぬくもり
  44. 第44話 変態シスコンDV男
  45. 第45話 彼の目に映り込んだのは
  46. 第46話 こうして、舞台は整えられた。
  47. 第47話 パステル色のカラフルな天使
  48. 第48話 少女とハムスターから始まった物語
  49. 第49話 おっさんと、ハムスターと、冷ややっこ
  50. 第50話 エピソードX:ビーチガール
  51. 【作者からのお知らせ】今後の予定について