学園のアイドルは料理下手。目立たぬ俺は料理講師~いつの間にやら彼女を虜にしていた件~

作者 波瀾 紡

1,307

480人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

この度は私の自主企画の「ラブコメ募集します」に参加して頂きありがとうございます。
この物語の魅力は、ヒロインである日向ちゃんがとにかく可愛いことですね!
それに加えて、主人公が鈍感設定というのも最高です。
私自身も作品を投稿しているのですが、いろいろと学ばせて頂きました。
これからも同じラブコメ投稿者として頑張っていきましょう!

……時間があれば私の作品も読んでみて下さい笑

★★★ Excellent!!!

学園のアイドル「春野日向」この完璧な姿に誰もがひれ伏した。そんな彼女は料理だけは苦手な秘密を持っている。
この秘密を偶然知ってしまった「秋月裕也」アイドルとしての気高きプライドが彼の手によって砕かれようとしている。
料理講師のみが持つという伝説の包丁「ムラマサナイフ」を片手に春野に切りつけ飛び散る血しぶき!このまま春野のプライドは崩されトップカーストから引きずり下ろされるのか!
空と時が歪んだとき、笑みを浮かべる美少女の反撃が始まった!
時空を超えた熱き恋愛劇がここに始まる。
メビウスの輪が光るとき。あなたは涙する・・・


嘘である。


学園ではアイドルと名高い日向さん。微笑を浮かべてみんなに愛される彼女は努力家でした。
唯一、料理が苦手だと言う秘密を守ってもらえる場所が料理教室です。
アイドルではない、普通に泣いて、笑って、拗ねる女の子の顔を見せてしまえる人が出来ました。
みんなに内緒の料理教室。ドキドキニヤニヤ出来ますよ。

ジレジレする二人の背中をお母様が推す、異色のラブコメです。
さあ、お母様に親指を立ててGood Job!を贈りましょう。