第5話

                    *



「楓さんは、やっぱり優しいね」


 すっかりいつも通りに戻った先輩は、太ももから頭を下ろして仰向けになっている。

「そうですか?」

「そうだよー」


 また彼女の頭を撫でると、これ以上になく幸せそうな表情になった。


「ありがとう、ございます」


 ――違うんですよ先輩、本当は残酷な人間なんです、私は。


「……」

「……なにか?」


 そんなことを思っていると、先輩が私の顔を真顔でじっと見つめてきた。


「楓さんから、悲しそうなにおいがする」


 ムクリ、と起き上がった先輩が、私の首筋辺りに鼻を近づけてきた。


「な、何ですかそれ」


 思わず彼女の顔を押しのけて、私は先輩から離れる。


「からかわないでくださいっ」

「本当に分かるんだよ、私」


 ……先輩は犬か何かですか。


 いつもの子供のような無邪気さを、どこにも感じない彼女から、生徒会長としてのすこし大人びたオーラを感じた。


 どうやら、本当に冗談じゃなさそうだった。


「人間生きていれば色々あるよね」


 勝手に納得した様子で、うんうん、と頷いて、先輩は私との間を詰めてきた。


「先輩に……、何がわかるんですか?」


 私はつい、彼女にちょっと冷たい声で、突き放す様にそう言ってしまった。


「当然、私には何も分からないよ」


 私はあなたじゃないからね、と、先輩はそんな私の発言に動じる気配はない。


 私が何も言えないでいると、


「まあ、湿っぽいのはこの辺にして、一緒にお風呂入ろー?」


 また元のふんわりした感じの声でそう言い、話を変えた先輩は、煩悩垂れ流しの目を私に向けてきた。


「一人で入ってください」

「えー」


 唇を尖らせる先輩は、流れ的にそういうアレじゃないのー、というよく分からない発言をする。


「洗いっこしようよー」

「嫌です」


 内容がアレな事とはいえ、話を変えてくれたのは正直な所ありがたかった。


「髪も洗ってあげるからさー」

「自分で出来ます」


 ……でも、その恩と裸の付き合いとは、胸囲の格差的な理由で釣り合わない。


「頭皮マッサージも出来るよー」

「結構です」

「ぬーん……」


 やっと諦めて立ち上がった先輩は、一人でとぼとぼと、キッチン右奥にある脱衣所に向かって行った。


「すごいな、先輩は……」


 私は小声でそう独りごちて、仰向けに身体を倒した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます