第20話

                    *



 そんな色々あった昼休みが終わり、大事な午後の競技が始まった。


 第6競技の10人制ドッジボールはトーナメント戦で、全滅制になる決勝以外は1試合3分の普通のルールで行なわれる。


 で、結果はというと、


「みんな頑張ってくれてありがとうね!」

「会長の応援のおかげっすよー」

「やー、それ程でもー」

「悠花は2回に1回暴投してたけどね」

「その分いっぱい当てたから良いじゃんまっきー」


 1年の陸上部女子2人と、2年の野球部男子1人のそれぞれエースの3人のおかげで、久々の1位になって、総合一位の青組と10ポイント差まで差を詰めた。


 一応私も出たけど、1人も当てられずに退場になって、あんまり役に立てなかった。


「すいません。いまいち貢献できなくて」


 次の競技の道具出しに行くとき、その事を先輩に小声で謝りに行くと、


「いやいや、凄くしてたよ。高木さんが当てられたときに、後ろにいた子があの試合で1番当ててたからね」


 先輩は一瞬2人でいるときの笑顔を見せて、私をそうフォローしてくれた。


 どうやら気がつかないうちに、ちょうど私は盾になってたらしい。


 先生達がドッジコートを消して、サッカーのハーフコート位の枠を2つ作った。


 それは、リレーの次に配点が高い、第7競技のスポーツチャンバラのフィールドだ。


 スポーツチャンバラのルールは、1チーム30人のトーナメントで、、8分間でより多く人数を減らした方が勝ちになる。

 ヘルメットに付いた紙風船を、スポンジ剣で割られると退場になる。


「60人もいると案外迫力ありますね。先輩」

「だね」


 少しスケールは小さいけど、側から見ると戦国時代の合戦図みたいだった。


 私達のチームは、さっきの3人と剣道部の5人のおかげで、難なく決勝戦までたどり着いた。


「よーし! 後一戦張り切っていこー!」


 先輩は私を含めた決勝戦のメンバーをそう鼓舞こぶするけど、その目線は明らかに私の方を向いていた。


 分かりやすいなあ……。


 私は他の人に合わせて、おー! と言いつつ、内心苦笑いしていた。


 準決勝まで出ずっぱりだった先輩は参加しないので、その後すぐにフィールド外にはけて、そこから主に私へ手をメガホン代わりにして声援を送りはじめた。


 本当わかりやすいなあ……。


 フィールド内で左端の位置についた私は、剣を少しだけ挙げてそれに答える。


 それからすぐ、試合開始のピストルが鳴った。


「行くよまっきー!」

「りょーかい!」


 エースの3人と剣道部員5人を先頭に、翼の形で相手の総合4位の黄組へと攻め込む。


 これまでと同じ様に、先頭の8人がひたすら風船を割っていって、それ以外がその8人をひたすら囲まれない様に陣形の維持をする。


 だけど相手が固まって防御しているので、流石のエース達も攻めあぐねて、撃破するペースが大幅に遅くなっていた。


 そのうち、こっちの進撃がピッタリと止まって、逆にこっちが相手の剣道部員の猛攻に押され始めた。


 特に右側の陣形の崩れが激しいけど、私がいる左側もギリギリなので、救援に行こうにもいけない。


「ヤバイヤバイ! もうあっち突破される!」

「俺ちょっと行ってくる!」

「もう何人か頼む!」


 そうこうしているうちに、残り時間が1分になって皆が焦りだし、数人が右側に行ってしまった。


「あっ」


 私がそれに一瞬気を取られたすきに、頭の風船を割られてしまって、私はフィールド外にはけた。


 すると、その空いた穴から相手の選手達がなだれ込んできて、こっちの陣形が完全に崩壊した。


「あわわ……」


 青い顔をする先輩は、だらだらと汗をかきながら、総崩れしていく様子を呆然ぼうぜんと見ていた。


 試合終了のブザーが鳴ったときには、明らかに赤組の方が少なかった。


「すいません会長……」

「ごめんな吉野さん」

「いいのいいの。相手が強かっただけだから」


 ガッツポーズしたりして盛り上がる相手を背に、赤組はトボトボ、といった様子で自チームのテントに戻っていく。


「ほら、ポイント差自体は縮まってるよ! リレーで挽回ばんかいしよう!」


 本部の後ろにある崖の上に置かれた得点板を指さしながら、先輩は士気がダダ下がりになっている味方を、精一杯明るいトーンでそうまた鼓舞した。


「そうそう! まだ何とかなるよ!」

「最後まで諦めたらダメだな!」


 そのおかげで、あっという間に皆が幾分明るい表情になった。


 この辺は流石だなあ……。


 改めて先輩の人心掌握能力を目の当たりにして、私は感心しきりだった。けど、現在進行形で先輩が無理をしている事を知っている私は、少しだけ危うさを感じていた。


 ――だってあんなに動揺した先輩は、今まで一度も見たことが無かったから。


 全員参加リレーは、あんな顔をさせないようにしなきゃ。


 だから私はそう決意して、額のはちまきをきちんと締め直した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます