第33話

 その翌朝。


 先輩が起きたところで体温を測って貰うと、もう微熱の範疇はんちゅうまで下がっていた。


「ごめんね。心配かけちゃって」


 まだ少し具合が悪そうではあったけど、普通にしゃべれるぐらいまでは回復していた。


「良いですよ別に。いつも心配かけられてますし」

「いやー、申し訳ない……」


 そう言って栄養ドリンクを飲む先輩は、普段通りの苦笑いを見せた。


「さてと、熱も下がったし――」

「いやいやいや、まだ流石にダメですよ先輩……」

「えっ?」


 熱が下がったとはいえ、ぶり返すと事なので、先輩が登校しようとするのを全力で押しとどめて、暖かくして寝てるように言った。


「そんな事してたら、流石の先輩でも倒れます。止めてください」

「はい……」


 何回か反論はしてきたけど、それを5回ほど情け容赦なく切り捨てて、そうかなり強めに言うとやっと観念した。


 そんな事があった後、冷蔵庫に入れておいた、昨日の残りのおかゆを温め直していると、


「ところで楓さん」

「はい」

「私さ、昨日の夜、なんか変なこと言わなかった?」


 先輩がいきなり、そんな心当たりしか無い事を言ってきた。思わず、お玉を落っことしかけた。


「いえ。あー、とかその辺りなら言ってましたけど」


 まさか本当の事を言うわけにもいかないから、とっさにそううそをついた。


「あーそう?」


 幸い、先輩は何一つ疑わずに、あっさり信じてくれた。


「なんかそれだと私赤ちゃんみたいだねー」


 ギャップとか感じちゃった? という冗談めかした言い方に、


「いつもそうじゃないですか」


 おかゆを皿に盛って居間に向かいながら、私も同じ様なノリでそう返した。


「うわーん、反論できなーい……」


 ポフっとベッドに上半身を倒して、先輩はへなへなした声で言った。


「まあそういう意味では可愛かわいいですけど」

「ほわッ!?」

「寂しいでしょうし、昼に1回戻って来ますから、大人しくしてて下さいね」

「わ、分かった……」


 なんか急に布団被ったけど、はうわわ、と言いつつバタバタしてなんか元気そうだから、大丈夫だろうと思って教室へ出発した。





 教室の前まで来たところで、なんでか後ろのドア周りに、2年生の女子生徒が十数人単位で塊になっていた。


 なんだろ?


 それを横目で見ながら、前の方から入ろうとしたら、


「あっ、来た!」


 その中の1人が私を見つけると、後の全員が一斉にこっちを見た。


高木楓たかぎかえでさんで合ってる?」

「あ、はい」


 わらわらと集まってきた彼女達の1人にそう訊かれ、私は困惑しながらそう言ってうなずいた。


「じゃあ、お願いしたいことがあるんだけど……」


 さっき訊いてきた人がそう言うと、全員が一斉にスポーツドリンクやら水やらを差し出してきた。


「何でしょうか」

「これ、吉野よしのさんに届けてもらいたいんだよね」


 彼女達が言うには、先輩が熱で休みと聞いたから、差し入れをしようと考えて、コンビニやら自販機やらで急いで買ってきた。

 でも、あまりにも大人数で部屋に押しかける訳にもいかないから、私を経由して届けようと考えて今に至るらしい。


「わかりました。でもその、今頂いてもどうしようもないので、お昼ぐらいに部屋の前で待ってて貰えますか?」


 流石に30本近く貰っても、置いておく様なスペースは教室にはない。


 善意を否定するのか、みたいな事を言われるかも、と思って若干不安だったけど、


「あっ、そうだよね」

「ごめんね。考えなしに押しかけちゃって」

「こんな事されたら怖いよね。ごめんなさい」

「いえ。気持ちは分かりますから……」


 あっさりと私の提案を聞き入れて、こっちが申し訳なくなるぐらいの勢いで、一斉に頭を下げてきた。


「それで、彼女の具合はどうなの?」


 皆、かなり心配しているらしく、そう訊いてきた人も含めて、どう見てもソワソワと落ち着かない様子だった。


「もう結構熱は下がってますし、2、3日もすれば大丈夫だと思います」

「そう……。なら良かった」


 ホッと胸をなで下ろした彼女達は、ゾロゾロと撤収していって、私は記者の囲み取材状態から解放された。





「――って事があったんですよ」

「わーお。でもこれで10回位風邪引いても大丈夫だね」

「縁起でも無いことを言わないでくださいよ」

「めんごめんご」


 苦笑い気味に冗談を飛ばす先輩の、視線の先にある机の上には、大量に並べられたペットボトルがあった。


 ちなみに、今朝よりもさらに持ってきた人が多くなっていて、栄養ドリンクも含めると60本ぐらいになっている。


「これだけ人望があるんですから、選挙の結果は心配しなくて良いと思いますよ」

「だと良いんだけどね……」


 先輩は、あははー、と乾いた感じに笑って、またもそもそと布団に潜った。


「なるようにしかなりませんよ。先輩」

「うーん、いや、実際そうなんだけどね……」


 いつものパターンで、うんうん言っている先輩の傍に座ると、私は布団の中を探ってそのきめの細かい手に触れた。


 先輩はビクッと身体を震わせたけど、嫌がる素振りは一切見せなかった。


「まあ、せっかくゆっくり出来るんですし、誰を役員にするかでも考えといて下さい」


 あえてそんな慢心じみた事を言った私は、指を自分から先輩の指に絡ませて、きゅっと握った。


「うん……」


 心なしかうれしそうな返事をして、布団から顔を出した先輩は、私の手を同じ感じで握り返してきた。


「ところで、楓さん。お昼ご飯は?」

「もう食べましたよ」

「いつのまに。購買でおにぎりでも買ったの?」

「いえ、カロリーメイトです。男子じゃないんですから、そんなに早く食べられませんよ」

「えー、私本気出せば30秒ぐらいで行けるけど?」

「自慢になってませんし、喉に詰まるので止めてください」

「んもー、人をおばあちゃん扱いしてー」

「どっちかと言えば、赤ちゃん扱いのつもりですけど」

「ほぼ一緒じゃーん……」


 そうやって気の抜けた話をしている内に、先輩の声がいかにも眠そうになって、少しもしないうちに眠り込んでしまった。


 やっぱり先輩、寝顔可愛いよな……。


 こうやって寝ている先輩は、ちょっと幼顔な事もあって、改めて見てみると母性をくすぐられる感じの可愛さを感じる。


 ……いや、可愛いは失礼か。


 とか、そんな事を考えていると、スカートのポケットの中の携帯が震えた。


 あっ、これはヤバイ。


 ハッとして、壁に掛かった時計を見ると、いつの間にかあと10分で授業が始まる時間になっていた。


 そっと絡めた指をほどくと、私は先輩の机にあったレシートに、なるべく早く帰ってきます、とメモ書きして急いで校舎に戻った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます