第13話

 色々あった合宿から3日。生徒のほとんどが待ち望んでいただろう、学園祭がついに始まった――んだけど、


「えー、私の学生時代。学園祭と言えば――」


 今年就任したばかりの校長先生が張り切ったせいか、開会式の校長挨拶がやたらと長くなっていて、かなり時間を押していた。


「――であるからして、えー――」


 まだしばらく続きそうな気配で、舞台から見て正面にある席に座る生徒達は、大多数がソワソワしていた。


 私を含めた生徒会役員は、その右側に横1列で並んで座っていて、その逆サイドには理事長先生ほかが座る来賓席がある。


「――とは良く言いますが――」


 まだまだ校長先生の話が終わりそうになかったそのとき、来賓席の1番上座に座る着物姿の理事長先生が、渋い顔で舞台上の校長先生に聞こえる様なせき払いをした。


 それで冷や汗が吹き出た校長先生は、話を慌ててまとめると、一礼してそそくさと壇上から降りた。


 校長先生が座るのを見てから、副会長は、次は理事長挨拶あいさつです、と淡々とアナウンスする。


 理事長先生が年を感じさせないスムーズな動きで、身軽に舞台の端に付けられた階段を上った。

 舞台の真ん中にある、演台に立った理事長先生は、


「言いたいことは校長先生が言ってしまわれたので、私からは一言だけ。生徒の皆さん、3日間全力で楽しんで下さい。以上!」


 ニッコリと笑ってそう短くまとめると、自分の席に真っ直ぐ帰った。


 少し呆気あっけにとられていた副会長は、すぐに気を取り直して来賓紹介に移る。

 それが終わると、次は生徒会長挨拶です、とアナウンスして、いつも通り外向けの顔をした先輩が、どこまでも優雅に壇上へ上がって、持ち時間ピッタリで挨拶を終わらせた。


 校歌を歌い終わって、やっと散会になると、生徒達は各々早足で会場から出ていく。


 そのほかの生徒が部活やクラスの模擬店に追われる中、私達生徒会役員は生徒会室に集まって、2日目の開会式でやる演劇の通し練習を始めた。


 私も含めて全員が、台詞せりふ自体もそれを言うタイミングも覚えていたけど、念には念をと模擬店が開店する10時前までみっちり練習した。


 練習が終わると、私と先輩以外のみんなは校内の見回りへ向かっていった。


 本当は全員でローテーションなんだけど、先輩は生徒会劇関係の詰めの作業を全部して、私はその手伝いでかけずり回っていたから、って理由で、1日目は見回りからは外してもらっている。


かえでさーん……。疲れたよー……」

「はいはい。お疲れ様です」


 私と先輩の二人きりになった途端、先輩はぐでぐでになって私に枝垂しだれかかってきた。


「先輩。重いんで座ってもらえませんか」

「えぇ……。このままじゃダメ?」

「ダメです」

「分かったーん……」


 猫なで声をしてそう頼んでくる先輩へ、私がそう言って断ると、先輩は素直に部屋の壁際にある長ソファーに座った。


 先輩はいつもより余計に人目にさらされて、メンタルが大分削れてるらしい。


「今からそんなんで大丈夫なんですか?」


 私がその隣に座ると、先輩がこっちに倒れてきて、私の太股ふとももを枕代わりにして横になった。


「大丈夫だ……、問題なーい……」

「それダメなヤツです。先輩」


 しおれた植物みたいになってる先輩は、ものすごく深いため息を吐いた。


「そんなに嫌なら、主役引き受けなきゃ良かったじゃないですか。私が言うのもアレですけど」

「だってー、あの場合、私じゃないと角が立ってただろうし」

「それはまあ、確かにそうですけど……」


 2回目の会議で議論した役決めのとき、言い出しっぺの人が、脚本を書くから主役はやらない、と言って譲らないせいで、先輩が自分から引き受けるまで、生徒会室は少し険悪なムードになっていた。


「それに、あそこで手を挙げないのは、生徒会長らしくないから」

「……」


 そう言った先輩の目は、今まで見たことが無い、人形を思わせるとにかく冷たいものになっていた。

 私は幽霊でも見たみたいに、先輩のその横顔から顔をらせなくなった。


「ん? どったの?」

「ああいえ……、その……」


 スッといつも通りのオフの顔になった先輩が、私の視線に気がついたらしく、寝返りを打って仰向あおむけになった。


 さっきの雰囲気的に、ストレートに訊いたら多分マズそうだし、どう言ったものか、と考えながら先輩の顔を見ていた私は、


「……ニキビあるなあ、って思って」


 口元の右下辺りにそれを見つけて、とっさにそう言ってごまかした。


「のええッ!? ……おわー、結構デカい……」


 うろたえる先輩は、ポケットから折りたたみの手鏡を出して、ぷっくりと赤くなっているそれを確認した。


「この頃、忙しくて疲れてるんじゃないですか?」

「かもね……」

「オロナインでも塗りますか?」

「うん」


 ちょっとショックを受けている先輩に、一旦起き上がって貰って、私は長机の上に置いてある、自分のペンケースの後ろポケットから、その小さいチューブを出した。


「楓さーん。塗って?」

「自分で塗って下さい」


 ソファーに戻ると、先輩が期待の眼差しを向けてきた。だけど、私はスルーして、先輩にチューブを手渡した。


「にゅーん……。つれないなあ……」


 「ショボーン」の顔文字みたいな顔でそう言うと、先輩は渋々鏡を見ながら自分で塗った。


 塗り終わると、ありがとー、とヘナヘナした感じで言って、下の端っこを両手で持って返してきた。


「楓さーん。なでなでしてー……」


 それを受け取って、肘掛けの上に置いたペンケースに戻すと、私の方を向いて横になった先輩がそう要求してきた。


「はいはい」

「あぁー……


 要求通りに私が撫でると、先輩は、にへー、と幸せそうな顔になった。


 さっきのは、一体何だったんだろう……?


 部屋での先輩でも外向けの先輩でもない、あのひどく冷えた表情は、今の先輩のからは微塵も感じられない。


「にしても、学祭のときの生徒会、こんなに暇で逆に良いんでしょうかね」


 その事に内心安心しつつ、長机に置かれた連絡用のトランシーバーを見ながら、私は半身を起こして私に寄りかかる満足げな先輩にそう訊く。

 ちなみに、学祭が始まってから1回も鳴っていない


「まー、いいんじゃない? みんながちゃんとしてるって証拠だし」

「それもそうですね」


 じゃあ、ちょっとクラスの手伝いに行って来て良いですか、と先輩に訊くと、


「あっ、うん……」


 そう肯定はしたけど、その目は捨て犬みたいになっていた。


「本当に良いんですか?」

「良くないです! 出来れば行かないで!」


 立ち上がって、トランシーバーに手を伸ばしながら訊ねると、先輩はそう言って私の腰にしがみついてきた。


「なら最初からそう言って下さいよ」

「はい……」


 私がまたソファーに座り直すと、情けない顔をしている先輩が肩に寄りかかって来た。


「毎回なんで1回、うん、って言うんですか……」

「やー、つい見栄みえ張っちゃってー……」

「私に張る意味無いですよね」

「だってー、ちょっとぐらい楓さんに良いところ見せたいんだもん」

「余計悪化してたら意味無いです。先輩」

「あう……」

「それに、先輩の良いところは十分知ってますから」

「楓さん……!」

「まあ、それ以上に良くないところも知ってますが」

「ううー……、楓さんが優しいけど厳しいー……」

 

 上げて落とされた先輩は、悲しみのオーラを出してそう言いながら、私の腕に自分のそれを絡ませてきた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます