第15話

「うう……」


 精神的に疲れた私は、先輩に肩を借りながら、自販機が置いてある自習室に来ていた。

 そこには、自販機が4つほど並んでいる向かいの壁沿いに、長テーブルと椅子が置いてある。私と先輩はその1番奥の机の、先端側で向かい合って座っている。


 何も出し物をやってない、特別教室棟の1階だからか、自習室には私達以外誰も居ない。


「高木さんにも苦手なものってあるんだね」

「そりゃありますよ……」


 机に肘を突いて少し猫背気味に座る先輩は、私の意外な一面を知れたからか、とても満足そうな顔をしていた。


「なに笑ってるんですか……」

「んー。楓さん可愛いな、って思って」

「……それはどうも」


 ほんの少しドギマギしながら、私は先輩のおごってくれたミルクティーを飲んだ。


「それにしても、すっごいお化け屋敷じゃなかった?」

「床に目びっしりとか、寿命縮まりましたよ……」

「プロジェクターって、ああいう使い方も出来るんだねー」


 坂田さんによれば、オカルト研の子が張り切って、衣装とかセットを全部デザインしたのは良かったんだけど、クラスの男子が悪ノリしすぎて、ものすごくおどろおどろしくなったらしい。


 あれだけ怖ければ、人が並んでないもの仕方ないよね……。


 今夜夢に出てきそうだなあ、と思って、ため息を1つ吐いた私に、


「じゃあ、気を取り直してご飯食べよっか、楓さん」


 相変わらずにこやかな先輩は、パンフレットの模擬もぎ店一覧表を見せながら、私にそう訊いてきた。

 それを見ると、お化け屋敷と早押しクイズ以外、ことごとくどのクラスもネタ被りを起こしていた。


 ちなみに、模擬店をやっているのは1年2年の計16クラスで、3年生の8クラスは部活の出し物と3日目の体育祭準備を担当している。


「バリエーション少ないですね……」

「現実的なやつ選んだんならしょうが無いよ」

「まあ、そうですね」

「あ、ねえねえ。この1年4組の男女逆転喫茶ってなんだろ」

「ああ。男子が女装して女子が男装するヤツですよ。ウチのクラス、裁縫得意な子が何人かいるので」

「えっ、楓さんのクラス!? 楓さんもタキシードとか着るのっ!?」


 私のクラスだと聞いた途端、おどろいた様子でそう叫んだ先輩は、目線をパンフレットから私に移して、目を輝かせながら訊いてくる。


「ええまあ。って言っても、今日の終わり際だけですけどね」

「そうなんだ……。ねえ、私も行って良い?」

「はい。別にかまいませんけど。なんで訊くんですか?」

「いやー、その恥ずかしいかなって思って」

「みんなやってますし、別にそんな事無いですよ」


 先輩はニマニマしながら、分かった、絶対行くねー、とご機嫌きげんそうに言った。


「ところで、先輩のクラスは何やるんですか?」

「ん? 茶店だよ」

「あ、じゃあ着物とか着るんですね」

「それは茶道部の方で、ウチは体操服にエプロンなんだよね……」


 お返しに見せたいとこだけど、と残念そうに苦笑いしながら先輩はそう言った。


 ややあって。


 まず2年8組のジャズ喫茶に行ってみよう、ということになり、私と先輩は教室棟の一番先にあるそこへ向かって廊下を進む。


 2年生とすれ違う度に、先輩は親しげに話しかけられたり、あこがれの視線を向けられたりしていて、私はその人望の厚さを改めて実感していた。


 そんな感じで、教室棟の突き当たりに近づくと、教室前に人だかりが出来ていた。

 別に列が出来ているわけじゃない様で、最後尾の看板を持っている人は、入り口、と書かれた、後ろの戸のすぐ近くに居た。


「あれ? 申請ってジャズ喫茶でしたよね?」


 その教室内からは、なんだかもの凄くロックな感じの音楽が漏れ聞こえていた。


「一応、指示とかした方が良いんですかね。先輩」

「まあ、あんまり口うるさく言うのもあれだし、しなくていいと思うよ」


 ややグレーゾーンだったけど、会長権限で白になったので、私達は単純にお客さんとして教室に入った。


 教室内にはそれなりにお客さんが入っていて、私達は最後尾の出入り口近くに通された。


 教壇きようだんの上がライブハウスみたいなステージになっていて、よその高校の制服を着た女子が、素人の私にはすごい事しか分からない、ギター演奏をとても楽しげに繰り広げていた。


 机をいくつか合体させたテーブルにつくお客さんも、最前列で身体を小さく揺らしている地味めな女の子以外、圧倒されて呆然ぼうぜんとしていた。


 ギターを弾く子の横にいるジャズ研の人達も、もの凄く楽しそうに演奏していた。


 そんな演奏が終わると、私と先輩を含めた全員が、汗だくで清々すがすがしい顔をするギターの子に拍手を送った。


 知り合いなのか、最前列にいる女の子にウィンクをしたギターの彼女は、次の人と入れ替わりで入り口の方にはけていった。


「何か凄かったですね、さっきの人」

「うん。プロの方とかなのかな?」

「そうかもしれませんね」


 パンケーキにかけるものと飲み物が書いてあるメニューを眺めながら、2人でそんな話をしていると、このクラスの女子生徒の店員が注文を取りに来た。


 スカーフを取った制服に、腰巻きエプロン姿の彼女へ、私はとりあえず一番上に書いてあるクリームとブルーベリーソースを注文した。


「じゃあ私はこの、チョコソースでお願いします」


 別のものを頼もうとした先輩だったけど、私の頼んだ組み合わせ以外は品切れ、と言われた。


「じゃあ、同じもので……」


 なので先輩は、悲しみを背負った様な顔をして、店員の女子へそう言った。


 どんよりとため息を吐いてから、先輩はストローでジュースをちびちび吸い始めた。

 

 そんなにチョコ好きなんだなあ。先輩。


 今度作ってあげよう、と思っていると、さっきのギターの子が、後ろの出入り口から入ってきた。

 ウィンクをした子へにこやかに何かを言いながら、彼女はその向かいの席に座る。


 ギターの子がずっと楽しそうにしゃべっていて、地味めな子もそれを楽しそうに聞いて、相づちをうっていた。


 彼女達は、パンケーキを「はい、あーん」で分け合ったり、ジュースを回し飲みしたりして、とにかく仲が良いのが伝わってくる。


 ああいうのって、親友してる、って感じで羨ましいなあ。……。羨ましい? ほぼ毎日、先輩に似たようなことしてるし、先輩からされてるのに……?


 彼女らの様子をチラチラ見ていた私は、なんでそんな風に思ったのかを不思議に思っていると、


「ねえ高木さん。その……、高木さんはああいうのって好きなの?」

「はい?」

「ああ、えっとその、音楽の話ね」


 そんな私を見てたっぽい先輩が、何故かもじもじしながらそう訊いてきた。


 ああ、さっきいてたみたいな曲が好きか、って話ね。


 どっちかと言えば、私は静かめなポップが好みなので、その手の有名なバンドとかを答えた。

 それ以上は興味が湧かなかったらしく、なるほど、とだけ言った先輩は、次の演奏が始まったステージを見始めた。


 先輩って、最近音楽に興味があるんだ。知らなかった。


 一緒に住んでても、まだまだ知らない事だらけだなあ、なんて思っていたら、ベランダにタープテントを立てた調理場から、良い具合に焼けたパンケーキが運ばれてきた。


「おー、本格的」


 正直、単なるホットケーキの延長かと思っていたけれど、食べてみると生地がふわふわでソースもクリームも美味おいしかった。


「何これ美味しい……」


 先輩もいたく感心している様子だった。


 後で聞いた話だと、このクラスのある女子生徒の伯父さんがカフェをやっていて、その人からレシピを聞いてきたらしい。


 ウチのクラスも、ここからちょっと離れた街でレストランをやっている、図書委員の女子生徒のいとこのお兄さんから聞いたやつで、簡単だけど味の良いナポリタンを作っている。


 そんな人脈の広さに、改めてここが元々お嬢様学校なことを実感させられる。


 せっかくだし、しばらく演奏を聴いてから、私と先輩は模擬店回りを始めた。


 なんだかんだ食べたり展示を見たりしている内に、私のシフトの時間が近づいて来た。


「じゃあ、教室で待ってて下さい」


 私は廊下にある自分のロッカーから、自分の衣装を出しながら、ウキウキしている様子の先輩にそう言った。


「わかった」


 先輩がそう答えて、鼻歌交じりに私のクラスへと入ろうとしたとき、


「おーい吉野よしのちゃーん。ちょっと明日のことで相談あるから、体育館まで来てー」


 体育館に向かう渡り廊下方向から走ってやって来た、演劇部の副部長さんが先輩にそう言った。


「あっ、うん。今行く」


 ニコニコ笑って演劇部副部長へそう言った後、私の方を振り返った先輩は、一瞬だけ泣きそうな顔をしていた。


「早く終わると良いですね」

「うう……」


 思いきり後ろ髪を引かれながら、先輩は体育館へと向かっていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます