第16話

 結局、先輩は私のシフト時間には間に合わず、戻ってきたのは私がトイレで制服に着替えた後だった。


「そんなぁ……」


 トイレから出てきたところで、ちょうど走ってきた先輩と鉢合わせになった。


「どんだけ楽しみにしてたんですか……」


 めちゃくちゃ落ち込んでいる先輩に、また明日やりますから、と言って励ました。


「あっ、そっか」


 それでまた元気になった先輩だったけど、


「明日は何時ぐらい?」

「11時半から30分ですね」

「うそーん……、丸かぶりじゃん……」


 今度は先輩のシフトが私と同じ時間で、またぐんにゃりとしてしまった。




 1日目が終わった後、照明とセットを使った練習があって、先輩はいかにも主役といった感じの、もの凄く気合いが入った演技をしていた。


 がわから見たら、成功させようと張り切ってるように見えるだろうけど、多分、楽しみが全部パーになってヤケクソになっているんだと思う。


「さっすが吉野会長……」

「何か乗り移ってるみたいだね」


 それを知るよしも無い、私と同じ端役担当の庶務の2人は、そんな先輩の演技に夢中になっていた。




 練習が終わって部屋に帰ると、先輩は燃え尽きたみたいにぐでぐでし始めた。


「先輩。どいてください。重いです」

「あー……」


 ……ベッドの上に寝転がってテレビを見ている、私のおなかの上で。


「痛い……」


 のしかかってくる先輩を横にどかすと、そこまで勢いを付けてないのに、そのまま転がっていって床にべちゃっ、と落っこちた。


「何やってるんですか……」

「うわあぁぁぁぁん! 楓さんの男装みーたーいー!」


 落っこちた体勢のまま、先輩はじたばたしてだだをこねる。


「そのくらいでさわがないでくださいよ……」

「だってー……」


 写真あげますから、と言って、私は先輩の携帯に写真を送ると、立ち上がって大喜びした。

 だけど、すぐに崩れ落ちて、やっぱり実際に見たい……、とうだうだ返してくる。


 しょうが無いなあ……。


 そのまま放置した方が面倒くさそうなので、私は衣装の入った袋を持って、脱衣所に向かった。


「どこ行ったのぉー……、楓さーん……」

「これで満足ですか。先輩」


 スーツ姿に着替えた私が、そう言いながら居間に戻ると、


「ふぉあーーーーっ! 良い……」


 亀みたいにひっくり返っていた先輩は、高速で左右に転がってからうつ伏せになって、ありがたや……、とか、神様……、とかなんとか言う。

 手足をぴんと伸ばしているので、見た感じ五体投地みたいになっていた。


「あの、先輩……?」

「ありがとうね楓さん……。うれしすぎて爆発しそう……」


 腕立ての要領で起き上がった先輩は、ぺたんと座って、困惑している私へこれ以上に無い程嬉しそうにそう言った。


「……それは良かったです」


 しばらくその格好のまま、先輩に何枚か写真をらせてから、私は部屋着に着替えて居間に戻った。


「いやー、これで明日頑張れるよー」

「そうですか」


 ベッドに背中を預ける先輩の隣に座ると、先輩は私の肩に寄りかかってきた。


「じゃあ、ご飯の前にもう1回併せて練習しよう。楓さん」

「いいですよ」

「ほんじゃ、私の台詞せりふ以外読んでもらって良い?」

「はい」


 その体勢のまま、私と先輩は通しで練習を始めた。


 声は抑えめで読む先輩だけど、役に入り込んでやっているからか、私には先輩がまるで別人になったみたいに思えた。


 文芸部の人に直して貰って完成した、劇の脚本の内容は、置かれた環境次第で、どんな人にでもなれる主人公が、親から「誰からも好かれるような人になりなさい」、という教えを守ろうとする話だ。


 そのために、その主人公は登場人物に合わせて、情熱的な赤、朗らかな黄色、クールな青、同情の緑‥、といった具合に、いろんな性格という『色』を変化させていく。


 そしてそのうち、全部の色ががごちゃ混ぜになって行き、最後の方には、誰にでもいい顔をするせいで、結果的に誰からも嫌われる様になってしまう。


 けれど、そんな彼女の事情を理解していた、1番最初に登場した女の子が最後に出てくる。

 その子は主人公に、誰からも好かれようとまでしなくても、別にいいんじゃないか、ということを気付かせる、という所で終わる。


 それを最初に読んで、私はこの主人公が先輩みたい、と思ったけど、すぐに先輩はこの子ほど器用貧乏な性格でもないよなあ、と思い直した。


 先輩は精々2色だし、この主人公みたいにおぼれる所までは行かないだろう。


 なんて考えていたら、うっかり自分の台詞を言い忘れそうになって慌てたせいで、思い切り舌をんでしまった。

 

「大丈夫? 楓さん」

「はい……。すいません……」


 血が出てしまっているらしく、口の中にちょっとだけ鉄の味が広がった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます