第17話

 2日目の朝。


 昨日の一件を反省したらしく、校長先生の挨拶はかなり短めだった。

 その後、ステージでは吹奏楽部や軽音楽部、ジャズ研、合唱部、三味線同好会とかの音楽系の出し物が披露された。


 それが全部終わって、大トリの演劇部の前座になる生徒会劇の時間になった。


 舞台そでつながる用具室で、私は他の生徒会メンバーと一緒に開演を待つ。


 あー、端役でも結構緊張するんだな……。


 まだ幕すら上がってないのに、私の心拍数はかなり早くなっていた。


 こういうときは、手に人って書いて飲むと良いんだっけ、なんて事を考えていると、


「大丈夫大丈夫。みんな練習してきたんだから、絶対成功するよ!」


 私の隣にいた先輩が、私だけじゃ無く、みんなに向けてそう鼓舞した。


 そのおかげで、私と同じ様に緊張がほぐれたのか、他の人の表情に自信みたいなものを感じた。


 こういうときは、やっぱり頼りになるなあ。

 

 と、思いながらふと先輩を見ると、その手が小刻みにふるえているのに気がついた。


 さっきのは、自分に言い聞かせる言葉でもあったんだ……。


 私がそんな先輩の手をそっと握ると、先輩はちょっとびっくりした様にこっちを見てくる。


 先輩に目を合わせて、私が小さく笑ってみせると、先輩は少し赤い顔で同じ様に笑ってうなずいた。


 先輩と親役の生徒会顧問の先生2人が位置に着くと、まもなく放送部のアナウンスが入って、幕がゆっくりと上がっていく。


 のっけから抜群の演技力を披露する先輩に、観客がぐんと引き込まれている空気を私は感じた。


 これを台無しにしてしまわないだろうか、と不安になりながら袖から舞台に出た私は、ごく自然体な演技をする先輩達の後ろを歩いていく。

 先輩の言葉のおかげか、不思議と不安さを感じなかった私は、きっちり一言だけ台詞せりふを言って、無事に反対側の袖へと引っ込んだ。


 少しして。


 主人公が乗り移ったみたいな迫真の演技を貫いて、観客を最後まで魅了した先輩のおかげで、贔屓ひいき目に見ても劇は大成功に終わった。


 カーテンコールが終わって、私達生徒会は幕が下りきるまで大喝采を浴びた。


「お疲れさまー」

「お疲れー」

「いやー、台詞間違えかけっちゃたよ」

「危なかったね」

「まあ、ミスってないからノーカンノーカン」


 高揚感に包まれてる役員のみんなは、袖に引き上げながら、そんな風にお互いをねぎらっている。


「会長完璧でしたよ!」

流石さすが吉野さんだね」

「会長のおかげで大成功ですよ!」

「ありがとうねひびきさん!」

「私だけじゃなくて、皆のおかげだよ」


 輪の中心で口々に称賛される先輩は、外向けの顔で照れ笑いをしてそう謙遜した。


「生徒会の人は早くはけてくださーい」

「あっ、すいません」


 そんな感じでもたもたしていたら、次の演劇部員にそうかされてしまって、私達は小走りで用具室へと引き上げた。


 片付けをした後、生徒会役員席に戻ったところで、先輩が近くの先生に何かを言って、席のすぐ後ろにある引き戸から出ていった。


 どうしたんだろう? 


 そんな先輩の表情が、どこかぼうっとしている様に見えて気になった私は、外の空気を吸いたいから、と先生に言って同じ引き戸から出た。


 えっと、どっちに……。あ、いた。


 戸を閉めて先輩の姿を探すと、私の居る位置から、5メートルぐらい出入り口側に進んだところで、心ここにあらず、みたいな感じで薄曇りの空を見ていた。


「先輩?」

「……」

「先輩ー?」

「……」


 2回呼んでもなんの反応もないので、私はすぐとなりまで行ってから、


「先輩」


 目の前で手を振ってそう言った。


「えっ、何?」


 それでやっと先輩はビクッと驚いて、素早くこっちを見てそう訊いてくる。


「お疲れさまでした。演技すごかったですよ、先輩」

「えへへ。ありがとう」


 さっきまで魂が半分抜けたような感じだった先輩は、いつも私へ見せる無邪気な笑顔でそう言った。

 その後、先輩はおもむろに私を抱きしめてきて、


「あの、先輩……?」

「ちょっとこうしてて、良い?」


 私の耳元で、甘える様にそうささやいて訊ねてきた。多分、演技で相当気疲れしたんだろう。


「ああ、はい。どうぞ」


 ちょっと戸惑ったけど、先輩へのご褒美ほうびの意味も込めて、私は先輩の好きにさせることにした。


 相変わらず、先輩は良い匂いがするなぁ。同じシャンプー使ってるのに、なんでこうも違うんだろうか……?


 そんな事を考えながら、しばらくそうしていると、


「ねえかえでさん……」

「はい」

「私って……、何『色』だと思う……?」


 やけに弱々しい声色で、先輩は私にそう訊いてきた。


「えっと……、劇の話、ですか?」

「そう……」


 先輩は少し腕に力を込めて、消え入りそうな声をしてそう言う。


 

「そう、ですね……」


 この場合、どうすれば先輩を傷つけないで済むんだろう……。


 私の言葉1つで、先輩を追い詰める事になるので、私は自分の語彙ごい力を総動員させて一番良い答えを考える。


 しばらく必死で考えたけど、どうしても見付からなかった。


「分かりません。だって私も、自分の『色』が何なのか知りませんから」


 だから私は、一番楽で毒にも薬にもならない、そんな曖昧あいまいな答えを返した。


「そっか……。変なこと訊いてごめんね」

「いえ」


 はっきり言って、それは単なる保留でしかなかったけど、今はもうそれしか選択肢は無かった。


 これで良かったのか不安に思っていると、開演を知らせるアナウンスが聞こえて来た。


「あっ、もう始まるみたいだよ。楓さん」


 私を解放した先輩は、特に異常のない、いつも通りの顔でそう言う。どうやら、先輩を傷つける事は回避出来たらしい。


「急ぎましょう。先輩」

「うん」


 ああ……。いつまでってもダメだな……、私……。


 少し駆け足で、慌てて中へと戻る先輩に続きながら、私は最良の答えにたどり着けない自分を嘆いていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます