第10話

「美味しかったー」


 全部食べ終わった先輩は、ご満悦の表情でそう言って、まだ座布団に座っている私の膝を枕にしてゴロゴロしだした。


「先輩、重いです」

「ほふー」

「すぐ寝ると太りますよ?」

「……せめて牛になるって言ってー」


 早くお盆を下げたいのに、先輩が全然どいてくれないので、


「そういえば先輩」

「んー?」

「私、仲居さんにお盆下げるのを頼んだ、って言いましたっけ?」

「ほにゃーっ!?」


 私はそううそいて、先輩に膝の上から頭をどかさせた。


「すいません、嘘です」


 隙を見て立ち上がった私は、慌てて髪を直す先輩にすぐ謝ると、お盆を持って部屋から出た。


 下げてから部屋に帰ってくると、今度はすごく不機嫌そうな顔でベッドに座って待っていた。


 あっ、これはやり過ぎたかな……。


「あの、先ぱ――ッ!?」


 私もベッドに座って、先輩に謝ろうとしたとき、突然、先輩がまた私を押し倒してきた。


「先輩……?」


 先輩に太股ふとももの上に座られて、両手首を押さえられているせいで、私はほとんど身動きが取れない。


「さすがの私でも、嘘吐かれたら怒るよ?」


 ものすごくねた表情の先輩は、私を見下ろしてそう言ってくる。


「……すいませんでした」


 自分でも悪いことをした自覚はあるので、私は何も反論せずに素直に謝った。


「……だめ。許してあげない」


 だけど先輩はそう言って、私の手首を押さえたまま覆い被さってきた。


「いや、あの……。本当に反省してますから……っ」

「だめ」


 首筋に先輩の少し荒い息が当って、なんだか背中がぞわぞわする。


「じゃあ……、どうすれば……?」


 先輩からする良い匂いのせいか、私の鼓動はどんどん早くなっていく。


「しばらく、このままでいてくれたら良いよ」


 先輩はそう言って、やっと手を放してくれた。


「1人は……、嫌なの……」


 私の耳元に口を近づけて、そうささやいた先輩の声は、とても弱々しいか細いものだった。


「……本当に、すいませんでした」


 私は先輩の優しさに甘えて、図に乗っていたのかもしれない。あのときから、何も変わってないんだな、私は……。


 自由になった腕を先輩の背中に回して、私は先輩の身体をそっと抱き寄せた。


 突然のことにちょっと驚いたらしく、先輩の身体がピクッと震えたけど、すぐに、クスリ、とうれしそうに笑う声がした。




 少しの間そうしていると、先輩は頭の高さを上げて、また私を見下ろす格好になった。


 先輩の顔は真っ赤になっていて、なんだか緊張している様に見える。


「せん……、ぱい……?」


 先輩は吐息を漏らして、ゆっくりと顔を近づけて来る。


 このまま、私の顔まで下がり切ってしまえば――。


「楓ー、家族風呂、空いたわよー」


 1階から母が私にそう言って、また階段を上がって来た。


 我に返った先輩は慌てて横にずれて、転げ落ちるように床へ降りる。


「あ、はーい!」


 上半身を起こした私は、普通の調子のふりをしてそう返事する。


 ……今のは、何だったんだろう……?


 まだ私の心臓はバクバクしていて、熱も無いのに全身がとにかく熱い。


 先輩の方は、なんでか頭を抱えてうんうんうなっていた。


「だそうなんで、一緒に入りましょう。先輩」


 さっき心の奥から沸き上がってきた、何かよく分からない感覚を記憶の隅に追いやって、私は先輩にそう提案する。


「ふぇっ!? いいいい、いいの!?」


 驚き半分、嬉しさ半分みたいな、変な顔をして先輩はそう言う。


 ちょっと前に、お風呂をどうするか話をしたとき、私の家にあるお風呂に入る、と先輩は言っていた。だけど、流石(さすが)にそれはどうかと思って、家族風呂を予約しておいた。


「わざわざありがとう。楓さん」


 それを説明すると先輩は、ふにゃり、と笑って喜んでくれた。


「牛乳ってあるの?」

「はい。たしか、コーヒー牛乳も置いて――」


 タオルを手に持って、二人でお風呂がある棟へ行くために、ロビーを横切ろうとしたとき、


「あっ、高木さん……?」


 お風呂に入りに来たらしい、前の学校のときの友達とばったり会った。


「あ、あ……」


 私は最後に見たあの子の顔と、いなくなった日の教室に流れていた、重苦しい空気を思い出してしまった。


 そのせいで私は過呼吸になって、その場にへたり込んだ。


「楓さん!?」


 動揺している様子の先輩は私の顔をのぞき込みながら、背中を撫でて落ち着かせようとしてくれていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます