第29話

「――おーい、高木さん?」

「はいっ! 何ですか?」


 少しボケッとしていたらしく、先輩が机に片手をついて私の目の前へ伸ばした手を振るまで、話しかけられていたのに気がつかなかった。


福嶋ふくしまさんのOK出たから、バリバリ刷ってきちゃって」


 ちょっと心配そうな目をしつつ、先輩はポスターを差し出しながらそう指示を出した。


「わかりました」


 それを受け取ってそう返事した私は、もう一度印刷室へと向かう。


「ちょっとお花摘みー」

「はいはい」


 私が部屋から出る間際に、福嶋先輩がそう言って私の後に続いた。


 ガラリ、と部屋のドアを閉めた彼女は、トイレとは逆方向に向かう私に、横並びに付いてくる。


 階段を1階分下りて、管理棟へつながる廊下に出たところで、福嶋先輩が口を開いた。


「高木ちゃん、私と響の関係性知りたいでしょ?」

「はい?」


 ついとぼけてしまったけど、なんかイタズラじみた顔をする福嶋先輩の言葉は、図星も良い所だった。


「あ、いや。高木ちゃんがやきもち焼いてる顔だったからさ」

「や、やきもち……?」

「あくまで所感しよかんなんだけど、違ったかな?」


 言われてみれば、確かにあれはそう表現するとしっくり来る。


 でも、やきもち焼くなんて、親子とか、そういう関係性の間柄でする事だよね……。


「ど、どうなんでしょうかね……」


 結局、理由がよく分からないのはそのままだから、私はそうあやふやな事を言った。


「まあ、結論から言うと、私と響は、家が近所同士で幼稚園の頃から幼なじみ、ってだけだから、特別な関係とかじゃないし、安心してって話」


 管理棟に差し掛かったところで、そんじゃね、と言って、ウィンクした福嶋先輩は廊下を引き返していった。


 そこまで気心の知れた関係なら、あれだけ先輩が心を許してる、ってのは納得だ。


 ――そういうことなら、福嶋先輩は、先輩の家の事情についてなんか知ってて、訊いたら教えてくれるかもしれない。


 つい、そんな事を考えてしまったけど、それはどう考えても私のポシリーに反する事だ。


 これ以上考えると、実際にやってしまいそうな気がするから、さっさと忘れることにした。




「これでよし、と」


 全部の教室と、男女学生寮の各階に1枚ずつ貼るため、A4のポスターを全部で32枚刷ってその端を机にトントン、として整えた。


 今度はぶつかるまい、と頭を出して、誰も来ていない事を確認してから廊下に出たんだけど、


「――えっ」


 なぜか足が急にずるりと前に滑って、1人バックドロップ状態で転んだ。


「いてて……。なんなのもう……」


 なんとか頭は守ったけど、その代わりに、また派手にポスターをまき散らしてしまった。


 今度は1人しか居ないし量も多かったから、散らばったそれを集めるのに手間取った。


 それにしても、なんであんな、凍った水たまりを踏んだときみたいに……?


 やっとこさ全部集め終えた私は、謎の現象の理由が気になったけど、


 ……あ、このビニールか。


 その答えは、印刷室のドアの脇に落ちていた、はがき用っぽいビニール袋のゴミだった。


 印刷室のプリンターは、生徒が自由に使って良い事になってるから、誰かがはがきを印刷して、それを包んでいたこれを落としたんだろう。


 やれやれ、今日はツイてないなあ……。


 ため息交じりに印刷室のゴミ箱に捨てて、私は先輩達の元へ向かった。


「お帰りかえでさん」


 部屋の中には窓際にたたずむ先輩だけが居て、入ってきたのが私だと分かると、ふにゃ、みたいな感じで嬉しそうな顔になった。


 ちなみに、パソコンとかも無くなっていたけど、先輩に訊いたら、全部福嶋先輩が持って行ってくれたそうだ。


「原稿、もう良いんですか?」

「もっちろーん。完璧に出来上がってるよー」


 ドアを閉めて、長机上にある自分の筆箱をかばんにしまっていると、


「楓さーん……。うへへ……」


 先輩が後ろからくっついてきて、いかにもご満悦、といった様子で腕をお腹の辺りに回してきた。


「何度も言ってますけど、今誰か入ってきたらどうするんですかー」

「あぁー……」


 その腕を引っぺがして、鞄のヒモを肩にかけると、もの凄く哀しげな声を出された。


「帰ってから、いくらでも抱きついたら良いじゃないですか」

「じゃあそうする……。5時間ぐらいでいい?」

「それは邪魔なので勘弁して下さい」

「じゃあ4時間50分で!」

「刻んでくるの早すぎません?」


 そんな力の抜けた会話をしながら、2人とも部屋から出てドアに鍵をかけた。


「ショウガって、食べても結局なんか寒くなる気がしない?」

「ああ。あれ乾燥させないとダメらしいですよ」

「そうなんだ……」


 ダラダラと雑談しながら、寮へ繋がる渡り廊下に出たタイミングで、


「ひゃっ」

「寒いっ」


 ちょうど、もの凄く強い風が吹いて、前を閉めてなかったコートの中に、容赦なく冷気が入ってきた。


「高木さん、なんか暖まるもの作って欲しいんだけど……」

「はい。ちょうど実家から酒かす貰いましたし、豚汁とんじるでも作りますね」

「とんじる? ……もしかして豚汁ぶたじるのこと?」

「ぶたじる?」


 数秒間顔を見合わせたところで、何か気付いた様な反応をした先輩が、


「……あのほら、大根とかニンジンとか、いっぱい入れるみそ汁」

「それです」

「ああ、やっぱり。私のお母さん、北海道の人なんだよね」


 そう説明して、微妙なすれ違いを解消してくれた。


「なるほど。まあ、呼び方はともかく、それ作りますね」

「いいねえー。あれ、ついいっぱい食べちゃわない?」

「あー、分かります」


 そう言った先輩の表情が、一瞬だけ「あの子」の空っぽのそれと被って見えて、1歩たりとも踏み込まない様に、なるべく自然な感じで顔を反らしながらそう言った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます