第35話

「んん……」


 顔に光が当たるまぶしさで、私は目を覚ました。


 今何時だろ……?


 座椅子を枕にしてこたつで寝ていた私は、ゆるゆると起き上がって、天板の上に乗っているテレビのリモコンをとった。


 テレビをつけると、そこに映ったのは首都圏の方の神社で、初詣客でごった返す参道をリポーターが中継していた。


 画面右上の時計を見ると、時刻は朝の9時を回っていた。


 あっちゃー……。完全に寝過ごした……。


 ベタも良いところなミスに、私は苦笑いするしかない。


 昨日の夜、私は先輩と2人で初日の出まで起きてよう、と意気込んで、モンエナまで飲んで張り切っていたけど、先輩も私も、多分2時ぐらいでものの見事に撃沈していた。


 うーんこれ、起こした方が良いのかな……。


 先輩は右はす向かいで、私のビーズクッションを上半身の下に敷いて、尋常じゃなく気持ち良さそうにすやすやしている。


 早く知らせた方が良いのか、それとも、もう終わったことだから、そのまま寝かせるべきか、と悩んだけど、


 ……よし、10時になったら起こそう。


 結局、幸せな時間が長い方が良いよね、という結論になって、先輩をそっとしておくことにした。


 冬休み期間中、寮に残っている生徒は、一昨日買い物に行ったとき、中等部を含めて5人ぐらいしか見てないし、多分ほとんどいないらしい。


 先輩はどうやらというか、やっぱり帰りたくないらしく、休み前に私の予定をそれとなく訊いてきていた。まあバレバレだったけど。


 最初は私も旅館の手伝いとかしたかったし、帰ろうかとしていたけど、先輩を1人残すのは良心が痛むから、やっぱり残る事にした。


 その事を母に連絡すると、いると手伝わせちゃって悪いから、という理由であっさり許可が出た。


 ……まあ、この前の合宿みたいな事が起きなてもなんだし、それで良かったのかもしれないけど。


 そんな事を思い出しながら、番組表を出して何か面白いものがやってないか、と見ている内に、


「わーっ!?」


 こたつの温もりに負けて寝落ちしてしまったらしく、先輩の嘆きの叫びで私はまた目を覚ました。


「か、楓さん……」

「はい……。あけましておめでとうございます……」

「あっうん。あけおめ……。じゃなくてぇ……」


 先輩は私につられてそう返事したあと、絶望感溢あふれる表情で10時22分を指す画面の時計を指さした。


「ぬわーん……。頑張ったんだけどな……」

「仕方ないですよ。先輩はいつも早寝早起きなんですから」

「楓さんもだもんね……」


 意気消沈って感じでうなだれる先輩に、私は欠伸あくびをしながらそうフォローした。


「ま、初日の出は仕方ないとして、初詣行きましょうか」

「うん、気を取り直してね……」


 善は急げ、と行きたいところだけど、先輩の腹の虫が盛大に鳴いたから、先にご飯を食べる事になった。


 まあ、私もお腹空いてたんだけど。


 エアコンを付けてから、私はブランケットを肩にかけて、冷蔵庫へおせちを取りに行こうと立ち上がる。


「そういえばちゃんと見てなかったけど、中身ってどんな感じなの?」


 先輩がこたつに肩まで刺さったまま、ゆるゆるした感じで訊いてきた。


「私も中身見てないんですよね。祖父が送ってくれたんですけど」


 水玉のビニール風呂敷に包まれた、3段のお重をこたつの上に持って行って、私は先輩にそう答えた。


「良いお爺ちゃんだね。楓さん愛されてるー」

「時々度が過ぎて、母に怒られてますけどね」

「そんなもんだよ、お爺ちゃんってのは」


 ですよね、と答えながら、私は先輩の表情を見たけど、


「何が入ってるかな?」


 ……少なくとも、先輩のお爺さんは普通だったらしい。


 わくわくした様子で、お重を凝視している先輩に、無理してる感じとか陰みたいなのは特にないように見えた。


「じゃあ一番上から行きますよ」

「ばっちこい」


 それに安心しながら、私はちょっともったいぶる感じで、お重を並べていく。


 おせちの中身は海老が目立つぐらいで普通めだけど、ハムとかが入っていて、ちょっと若者向けに軸を寄せた感じだった。


「おー、美味しそうじゃーん」

「ハムばっかり食べないでくださいねー」


 つまみ食いしようとする先輩の手をそっとはね除けて、ついてきたおしぼりと割り箸を渡した。


「じゃあいただき――まああああ!?」


 箸を袋から出したところで、テレビの方をちらっと見た先輩が突然大声を出した。


「なんなんですか、いきなり」

「いやいやいや楓さん。だってこれ、すっごい良いやつだって……!」


 ちょっと顔をしかめた私に、先輩はまた画面を指さしながら、プルプルと震えていた。


 画面を見ると、芸能人がセレブの人と一緒に正月を楽しむ、みたいなコーナーで、目の前にあるそれと同じものが、老舗料亭の高級おせちと紹介されていた。


 ナレーションが言うには、どうやら板長が自分の足で探してきた、全国各地の名品で作ったものだそうだ。


 ちなみに、値段は10万円弱らしい。


「お爺ちゃん……」


 いくら私のためだっていっても、張り切りすぎだよ……。


「愛され方がすごいね……」

「本当、こういう事だけはやることが極端なんですよね……」


 ウキウキで注文したのが目に浮かんで、私はなんとも言えない苦笑いをするしかない。


 私の10歳の誕生日に、どう考えても食べきれないサイズのケーキを買ってきて、もったいない、と祖父が母にクドクド説教されていたのを思い出した。


「まあ、それはともかくとして、早く食べて出かけましょうよ」

「あっ、うん。いただきます」


 値段を聞いてぼけーっとしていた先輩は、私に促されて、真ん中の段に入っている数の子に手を付けた。


「どうです?」

「……楓さん」

「はい」

「私、数の子の認識が変わったかもしれない……」

「そんなにですか」

「そんなに」

「数の子ですよね?」


 ちょっとオーバーなんじゃないかな、と思って食べてみたら、


「あっ、ほんとだ」


 なんというかこう、プチプチ感とうまみの格が全然違うように感じた。


 他にも色々食べてみたけど、値段が値段だけに、でっかい海老はもちろん、昆布締めのかんぴょうすら段違いに美味しかった。


「もう普通のおせちに戻れないかもしれない……」

「そこまで満足して貰えると、祖父も喜びますよ」


 全種類食べた先輩は、ほわほわと幸せそうな顔でこたつに突っ伏していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます