第34話

                    *



 で、問題の選挙結果はと言うと。


「はい、響も高木ちゃんもお疲れさまー」

「お疲れさま」

「お疲れさまでした」


 95%と恐ろしいほどの得票率で先輩が無事に当選した。

 ちなみに、この数字は歴代最高の得票率だったらしい。


 私達はそれを祝して、家庭科準備室で祝勝会をやっていた。

 と言っても、ポテトチップスと2リットルのジュースっていう、学生のパーティーそのものなんだけど。


「じゃあ後は、役員の人選するだけだね」


 先輩のコップにジュースを注ぎながら、福嶋先輩は楽しそうにそう訊ねる。


「ふっふっふ。実はもう考えてあるんだよね。これが」


 先輩は足元に置いてあるかばんから、二つ折りの小さめの紙を取り出した。


「お、さっすがー。どれどれ?」


 私と福嶋ふくしま先輩は立ち上がって、先輩が机に広げたそれを後ろからのぞき込む。


 もちろん会長は先輩、副会長は前期の会計の2年女子、会計が私、書記が坂田さかたさん、庶務2人は前期と同じ人という布陣になっていた。


「なかなか手堅い感じだね」


 感心している福嶋先輩は、うんうん、と首を縦に振ってそう言う。


 ちなみに、坂田さんは部活動委員会役員で書記をやっているから、という基準で選んだらしい。


 ……まあ、先輩の事だし、私と仲の良い人だから、っていうのがメインだろうけど。


 それはそれとして、


「あの、先輩。嫌って訳じゃ無いんですが、私が会計で良いんですか?」


 前期に何回も先輩に尻拭いさせてしまいましたし、と、また迷惑をかけたくないからそう訊いた。


「大丈夫。高木さんは、数字の方が得意そうだから会計に選んだんだよ。ほら、普段食費の管理やって貰ってるし」

「自信持って高木ちゃん。響の人を見る目は間違いないから」

「ありがとうございます」


 先輩が私を選んだ理由に、福嶋先輩がそう援護射撃してくれて、不安な気持ちが大分薄れた。


 期待されるのって、やっぱり重たいなあ……。


 先輩の比じゃ無いんだろうけど、プレッシャー、というものの重たさを私は感じていた。





 体育祭とかの思い出話に花が咲いて、気がついたら5時になっていて、祝勝会はお開きになった。


「じゃ、2人ともお願いね」

「りょーかい」

「はい」


 その後は、私と福嶋先輩は長机の返却、先輩は部屋の掃除に役割分担して、事務所の片づけに入った。


 私が机の前を、福嶋先輩が後ろを持って、えっちらおっちら、と階段を下りて管理棟へ繋がる廊下を進む。


「ねえ高木ちゃん。私が卒業した後も、あの子の事頼んで良い?」

「はい? ……頼む、とは?」


 福嶋先輩は、先輩の事をやっぱり何か知ってるのかな、と思ったけど、それを態度に出さずに私はそう聞き返す。


「いや、単純によく見てて欲しい、ってだけだよ」

「まあ、良いですよ。そのくらいなら」


 私の返答に、ありがとう、と言った福嶋先輩は、


「そうか、君にも何も話して無い、か……」


 少し憂いというか、そういうものが混じった声でそう続けた。


「はい?」

「ああいや、こっちの話」


 聞こえなかったフリをして振り返ると、彼女は声通りの表情から無理やり笑みを作った。


「ま、よろしく頼むね」

「はい」


 そんな福嶋先輩はそう言うと、それ以上は自分から何も話さなくなった。


 多分この感じだと、先輩の家の都合は何か知っているけど、私と一緒で実態までは知らない、って感じだと思う。


 そう都合良くは行かない、か……。


 先輩に訊かずに、先輩の事を知ることが出来る、と思ったけど、先輩に深く関わるなら直接向き合わないといけないらしい。


「ところで、なんで私なんです?」

「ん。まあ単純に、かなり警戒心強い響が、大層きみを気に入ってるから、だね」


 そう言った福嶋先輩の顔を横目で見ると、妙に大人びた様子で目を細めていた。男子なら、これを見たらときめいてしまうかも知れない、と私は感じた。





 後片付けが終わって、寮の階段で福嶋先輩と別れ、先輩と私は自分の部屋に帰った。


「あー……。当選して良かったー……」


 帰るなり先輩は私に抱きついて、ぐでっと情けない声を上げた。


「お疲れさまです」

「お疲れたー……」

「本当、あんなに心配する必要無かったですね」

「だね……」


 ふぇえ……、みたいな、気の抜けた声を出している先輩を、私はその背中を撫でながら存分に甘えさせてあげる。


「前期はごめんねー……。空いた枠に無理やりねじ込んで……」

「……今、それ言います?」

「本当申し訳ない……」


 いかにもしょぼん、とした声色で、先輩は私の肩に額を押しつけながら唐突に謝った。


 いわく、言おう言おう、とはしてたらしいけど、先延ばしにしてしまっていたらしい。


「……別に謝らなくていいですよ。本当に嫌なら断りますし」


 まあ、引き受けたときは新しい事に挑戦したい、と思っていたからちょうど良かった、っていうのはあったし。


 それを先輩に伝えると、


「わーお……、向上心の塊だ……」


 ペタンと座り込んで、なんかよく分からないけど、もの凄い尊敬のまな差しで見上げられた。


「あ、ありがとうございます……」


 実際のところはそんなにでもないから、私はなんか騙してるみたいで、もの凄くいたたまれなくなった。


「あっ」


 そう思ったと同時に、先輩のお腹が思い切り鳴った。即座に、恥ずかしそうな様子でその顔を赤くする。


「ご飯、作りますね」

「う、うん……」

「で、予定としては鶏つみれ鍋なんですけど、どうですか?」

「文句なーし」


 運良く話題がれた事にホッとしつつ、私は服を部屋着に着替えてキッチンへと向かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます