第31話

                    *



 それから少しして、1時間目を使った立ち会い演説会の日になった。


「またですか先輩」

「うう……」


 また直前になって、ちゃんと出来るか不安になったらしく、体育館1階のトイレの個室で、私はビビってガクブルする先輩に抱きしめられていた。


「大丈夫ですよ。先輩なら」


 大体多少噛んだところで、影響なんか全然無いと思いますよ、と言いつつ、私は先輩の背中に片手を回してそっと撫でる。


「言っちゃえばそうかも知れないけど、それじゃ示しが付かないというか……」


 それでも、今回は一段と不安らしくて、励ましの効果が薄い様に感じた。


「……じゃあ分かりました。その……、今日帰ったら、き、キスしても良いですよ」

「……ヘっ!?」


 私が少し抑えめにそう言ったのを聞いて、先輩は一瞬遅れてビクッとした。


 先輩と同じぐらい、そんな事を言ったのを自分でも驚いている。


「な、なんで急に……?」

「ほら、ご褒美が貰えるなら、やっぱり気合いが入るものじゃないですか」

「た、確かに」


 半分こじつけみたいな理由だったけど、とりあえず納得して貰えたらしい。


「うん。なんか行けそうな気がする……!」

「その意気です先輩」


 いかにも気合いが入った感じで、キリッとした顔になった先輩だったけど、


「それで、ええっと……。どこまでしてもいいの……?」


 私の顔を赤らめながら上目遣いで見て、そうおずおずと訊いてきた。


 これは、答えに困る質問を貰ってしまった……。


「ええっと、その、舌とかは無しで……」

「わ、わかった……」


 そんな話をしたせいで、今更ながらお互い距離の近さを意識したみたいで、同時に両サイドの壁際まで下がった。


「……」

「……」


 なんか目が合わせにくくて、私は先輩の手元とかの辺りを目線を彷徨さまよわせる。


「響ー。具合悪い?」


 そんな、なんとも言えない微妙な空気が、心配して見に来たらしい福嶋ふくしま先輩が、うやむやにしてくれたおかげで助かった。


「ううん。大丈夫!」

「それなら良いんだけど。バシッと決めて、高木ちゃんに良いとこ見せてやりなよ」

「分かった!」


 唐突に私の名前が出てきたとき、いるのがバレたかと思って、2人してビクッとしたけど、ただの激励で胸をなで下ろした。


「そろそろ行きましょう先輩」

「だね」


 福嶋先輩がいなくなってから、怪しまれない様に先輩が先に出て、私は少し時間を空けて、トイレから体育館に戻った。


 正面の入り口から入って、舞台下の左側にある候補者席にいる先輩と、アイコンタクトをとってから自分の席に戻った。


「高木さん具合悪いの?」

「ちょっとだけね。でももう平気」

「なら良かった」


 帰ってくるのが遅かったから、隣の女子の武中たけなかさんを含めて、周りの女子数人からちょっと心配された。


 それが晴れたところで、ちょうど司会進行の選管委員長の男子が、立ち会い演説会開始を告げた。

 委員長は二、三説明した後、先輩と福嶋先輩へ登壇する様に指示を出した。


 先輩はいつも通りの外向けの雰囲気を出しつつ、無駄のない所作で舞台へと上がって、舞台奥の方にあるパイプ椅子に座った。


 先に演説台に立った福嶋先輩の応援演説があって、彼女はそれなりの拍手を受けた。


 それが止んでから場所を交代して、いよいよ先輩の演説が始まった。


 一応手元に原稿があるはずだけど、先輩は一切それを見ずにすらすらと話す。


 あんなに不安がってはいたけど、この辺は流石だなぁ……。


 内容としては、前期の実績のアピールと、後期最大のイベントである卒業生送別会のプランを発表した。


 その中でも、出し物の話のときに、先生達の枠がある事を言ったところで、先生達も含めて会場に笑いが起こった。


 最後は、先輩達への感謝と一緒に投票を呼びかけて、先輩は一礼した。


 先輩の顔が上がると同時に、特に3年生の席の方から、割れんばかりの拍手が起きた。


 拍手が鳴り止まない中、先輩は私の方を見て口元に笑みを浮かべてから、委員長の指示に従って降壇していった。





 その後は、放課後にポスター類を校内のあちこちに貼って、あとは投票日を待つばかり、のはずだったんだけど、


「小さいポスターが1枚足りないんだけど、なんか知ってたりする?」


 『選挙事務所』で、その数をチェックしていた福嶋先輩が気がついて、紛失事件が発覚した。


「ううん。高木さんは?」

「持ってきた後はさわってません……」

「刷ったときは数あったんだよね?」

「ええ、まあ。3回ぐらい確認しました……」

「うーん、じゃあ盗られた、なんてことは無いよね」

「盗るメリット無いもんね」


 動揺している私を責める様な事はせず、先輩達は冷静に頭を捻っていた。


「まあ最悪、刷り直せばいいよ」

「だね」


 先輩の提案を聞いて、福嶋先輩は早速、職員室へ行ってくる、と言って出かけていった。


 だけど、


「響。原田くんが、全部刷り直ししちゃって無いって」

「あちゃー」


 他の候補の人が印刷ミスをして、それ用の用紙が全部無くなっている事が分かった。


「まあこの際、1枚ぐらい普通紙で良いと思うよ。由希」

「それしかないね」

「すいません……」


 先輩を助けるどころか、これじゃ足を引っ張っちゃってるじゃん……。


 この有様だと、先輩の父親に反論が出来ない。


「まーまー、高木ちゃん。そんな事もあるって」

「そうそう。1回ミスしたって、もう1回しなきゃいいんだよ」


 私が相当酷ひどい顔をしていたのか、2人とも大慌てでそうフォローしてくれた。


「もしかしたら、どっかから出てくるかもしれないし、もう1回探してみない?」

「そうだね」


 先輩の提案に福嶋先輩が真っ先に、私も少し遅れてそれに賛同して、一から探し直すことになった。


 3人で部屋の中をひっくり返す様に探している最中、


 ……あ。そういえば、印刷終わったときに転んで、ばらまいたよな……。


 印刷したときの事を思い返していた私は、もの凄く心当たりのある出来事を思い出した。


 焦ってたせいか、記憶からうっかり抜け落ちていたらしい。


「吉野先輩」

「何か思い出した?」

「はい。あくまで可能性なんですけど――」


 私は先輩に、転んでポスターをばらまいたときの事を説明した。


「じゃあきっと、その辺りに落ちてるんじゃないかな」


 それを聞いた先輩は、ぽん、と手を打ってそう言った。


「よっし、じゃあ早速探しに行こう!」

「はい!」


 それからすぐ、管理棟1階の印刷室近くへ駆け足気味に向かって、3人でポスターを探し始めた。


「高木さん、花瓶持ってて」

「はいはい」


 廊下にある花瓶置き台の下を探すために、私が花瓶を持って先輩が台をずらす。


「よっ」

「ここには無いですね……」


 だけど、ほこりまっているだけで、そこにポスターはなかった。


「あ! あったよ2人とも!」


 花瓶とかを元の位置に戻したタイミングで、印刷室の中を探していた福嶋先輩が、そう声を上げながらポスターを手に駆け寄ってきた。


 福嶋先輩いわく、印刷機の下に潜り込んでいたそれは、少しシワが付いていたけど、汚れてはいなかった。

 

「いやあ、良かった良かった」

「ご迷惑おかけしました」


 ポスターが無事に見つかって、胸をなで下ろした私達は、手分けして大急ぎでポスターを貼りに回った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます