第28話

 二学期の中間テストが終わった11月の頭、この学校の大イベントの1つである、後期生徒会長選挙の準備期間が始まる。


 スケジュールとしては、立候補と準備期間が4日間で、終わった次の日に立ち会い演説会があって、その1週間後に各クラスでの投票が行なわれる事になっている。

 その結果は3日後、職員室横の掲示板に張り出されて発表される。


 もちろん、先輩は真っ先に立候補の届け出を出した。


 そのときは、実質先輩の信任投票、とうわさされていたし、他に立候補が無いかと思っていたら、その次の日に、もう2人男子生徒が立候補を届け出た。


 クラスの選管委員の武田たけださんから聞いたけど、その理由としては、選挙戦で無いのは民主主義的にはあんまり好ましくないから、らしい。


 というわけで、前期副会長だった3年の福嶋ふくしま先輩と、当然の様に私が、先輩の推薦人としていろいろと手伝うことになった。


 ……別にそれ自体は嫌では無いし、その上、応援演説は福嶋先輩がやるから、まあ良いんだけど。


 で、そんな私が何をしているのかというと、


 上着、着てくれば良かったかな。


 暖房が無くてそこそこ寒い、職員室向かいの階段下にある印刷室で、先輩の選挙ポスターを刷っていた。

 若干古めのインクジェットプリンターな事もあって、A3のそれを7枚刷るのには結構時間がかかる。


 一方で、先輩と福嶋先輩の方は、家庭科準備室を間借りした「選挙事務所」で、演説の原稿を練っている。

 事務所、と言っても、折りたたみの長机とパイプ椅子、貸し出しのノートパソコン2台、書類とかを入れておく箱が、窓際に置いてあるだけだけど。


 ちなみに、やけに選挙戦が本格的なのは、社会に放り出されたときに、子供たちが困らない様にする、という理事長先生の方針らしい。


 印刷室の窓から見える紅葉は、葉っぱが結構落ちていて、多分、もう一月もしたら雪が降ってくるはず。


 ……それにしても、やっぱり先輩って凄いよな。


 この前、先輩が先輩の父親になんか不穏な事を言われていて、相当なプレッシャーがあったはずだけど、それをはねのけて9教科全部100点満点という、伝説を打ち立てていた。


 各学年上位得点者3名が書かれている表が、掲示板に張り出されているんだけど、先輩の名前の横には赤字で「満点」と書いてあった。


 これなら、あの先輩の父親も文句は無いはず。……多分めはしなさそうだけど。


 なんて余計な事を考えていたからか、プリンターが紙を詰まらせてしまった。


 あちゃー……。紙が折れてたかな?


 蓋を開けると、厚紙がクシャクシャの状態で中に引っかかっていた。


 壊さないように慎重に紙を引っ張り出してから、私はプリンター横に置かれた、ノートパソコンを操作して印刷を再開した。


 今度は最後まで紙詰まりが起こらずに、最後まで全部印刷し終わった。


 その最終チェックをしてから、さっきダメになった紙をシュレッダーにかける。


 さてと、次は掲示許可をもらいに行かなきゃ。


 トントンと整えてから、スタンプを押してもらいに職員室へ向かおう、と印刷室を出たところで、


「わっ!?」

「あぶない!」

「あいたっ」


 私から見て左側の、特別教室棟への廊下からやって来た、長机を運んでいる女子生徒2人と出会い頭にぶつかった。

 ちなみに2人とも、上履きの色が私と同じ緑の1年生だった。


 そのせいで、私はポスターをばらまきながら、後ろに転んで尻餅をついた。


 すぐ近くに、花が生けてある花瓶とそれが乗った台があったけど、なんとかそれにはぶつからずに済んだ。


「高木さん大丈夫?」

「ごっ、ごめんなさい!」

「ああうん、大丈夫。私も見てなかったから、こっちこそごめん」


 すかさず、2人は机を壁に立て掛けて、片方は私に手を貸してきて、ぶつかったもう片方は散らばったポスターを集め始めた。


 私を含めて3人もいたおかげで、ポスターは素早く集まった。


「集めてくれてありがとね」

「どういたしましてー」

 

 長机を持って、えっちらおっちら階段を昇っていく2人の返事を聞くと、私は気を取り直して職員室へ向かった。


 掲示許可のスタンプを貰って、先輩達のいる特別教室棟の家庭科準備室へ行くと、先輩と福嶋先輩は小型のパソコンの画面を見ながら、何やら話し合っているところだった。


「お疲れさまです」

「高木さんもね」

「おつー」


 頭をペコリと下げて私が言うと、2人共こっち向いてにこやかにそう言ってきた。

 

 机の右奥に置いてある文書箱に、持ってきたポスターを入れようとすると、


「あ、ポスターちょっと見せてもらえない?」

「はい。どうぞ」


 福嶋先輩がそう私へ言ってきたから、一番上の1枚を取って手渡して、後は蓋を閉めてない箱の中に入れた。


「おお、良い感じに刷り上がってるね。本物より綺麗きれいじゃない?」

「えー? そう?」


 2人でポスターをのぞき込みながら、冗談交じりの口調で談笑し始めた。私はそれを横目に、もう1台のノートパソコンの電源を入れる。


「これだけでもう当選確実かもよ?」

流石さすがにそれは無いって。由希ゆき

「いーや、ひびきなら間違いないでしょ」

「おっ、吹かしてくれるねえ」

「もう実質信任投票って言われてるのに相変わらず謙虚けんきよだね」


 なんかこう、前から思ってたけど、2人共、学年が違うのに仲いいなあ。


 立ち上がったパソコンに、USBメモリを挿しつつ、そんな2人の様子を目だけ動かして見る。


 先輩は一応、外向けの表情ではあるんだけど、私以外に向ける様な、作った感じのものではなく、ある程度は素を出している様に見えた。


 私と2人きりじゃなくても、ああやって少しは気を緩められるのは、別に悪い事ではないんだけど。でも、


 ……なんかこう、ちょっとモヤッとするというか……。


 そうとしか表現出来ない様な、なんかよく分からない気持ちが、私の心の中で雨雲みたいに広がってくる。


 別に、先輩はコミュニケーション能力自体は結構高いだろうし、仲のいい人が私以外にも居ても当然なんだけど……。


 なんて、無意味な事で悩んでいると、福嶋先輩がこっちに気がついて目線が合った。


「あ、ごめん。ポスター返すね」


 返してくれるの待ちかと思ったらしくて、サッとポスターを渡してきた。


 2人はそれから、雑談を切り上げて演説の原稿作業に戻った。


 そうだった。今さっきみたいな事に、時間を割いている暇なんか無いんだ。


 ポスター優先で後回しにしていたけど、今度は各クラスとかに貼る、小さいポスターのデザイン案を私は任せられている。

 そのまま小さくすれば良いんじゃ無いか、とは思ったけど、そこの辺りもこだわりたい、と先輩に相談された。


 先輩がそう言うなら、その通りにしてあげたいから、5つ試作案を考えたところで、ポスター印刷のせいで止まっていた。


「あ、そうだ。高木さん、小さい方のポスター案見せて貰って良い?」

「ああ、はい。どうぞ」


 ファイルを開いたところで、ちょうど先輩がそう訊いてきたので、私はパソコンを持ち上げて先輩と福嶋先輩の間に置いた。


「ん。どれどれ」


 2人の間にしゃがんでいる私の肩に、先輩の長い髪がかかって、そのシャンプーの匂いがふわりと鼻をくすぐる。


「……どれが良いですか?」

「ん。これだね」

「私も賛成」


 それにちょっとドギマギしながらそう訊くと、先輩は4つ目の爽やか系の青に白い文字で、先輩の名前と写真、公約が書いてある案をカーソルで指した。


「じゃ、試し刷りしてみよっか」

「ちゃんと色出るかな?」


 これも学校から借りた、大きめの弁当箱みたいなサイズのプリンターでそれを刷ると、


「おー、良い感じ。流石高木さん」

「高木ちゃんセンスあるねえ」


 特に変な色味になることも無く、我ながら完璧な仕上がりだった。


「ありがとうございます」


 先輩達の向かいに、パソコンごと移動してそれを見ていた私は、そう言いながら先輩の方をふと見た。

 すると、先輩はこっちを見ていて、得意そうな微笑ほほえみを浮かべていた。


 先輩の表情には、私への好意みたいなものが強く感じられて、それは福嶋先輩に向けているものより強く思えた。


 ……安心、してるのかな……?


 やっぱり私は先輩にとって「特別」なんだ、と分かったおかげで、さっきのモヤモヤは晴れたけど、


 ……あれ、そもそもなんで不安になってたんだろ? 福嶋先輩と話してるところなんて、何回も見てたのに……。


 今度は別の、よく分からない感覚がする様になった。


 というか、先輩が私のことを「特別」に思ってるなんて、調子に乗り過ぎだよな……。


 私は先輩に関する事で、自分でもよく分からない気持ちになる事が、なんか本当に近頃多すぎる気がする。


 今日のはなんだろう、独占欲、ってやつなのかな?


 その感情の名前は分かったけど、何でそうなるかの理由は、少し考えてみたけど分からなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます