第2話

「……もしかしてあなたって、高木楓たかぎかえでさん? 転校生の」


 洗濯物が散らかるベッドに座った先輩が、私に話しかけてくる。散らかっていた本達は、あらかた片付け終えた。


「はい、そうです」


 今日からお世話になります、と、私がお世話する事になりそうな先輩にお辞儀をした。


「……ところで先輩、何で半裸なんですか?」


 すっかり緊張感が抜けきっている彼女に、ずっと気になっていた事を訊いてみる。


「いやー、制服吊るしたら力尽きちゃって」


 あははははー、と脱力感満載の笑いを浮かべて、先輩はそう答えた。


 段ボールと本の間を縫って進み、窓の右サイドのタンスの前にたどり着いたけど、中身は冬物の服だった。


「とりあえずこれ着てください」


 仕方がないのでそう言った私は、持ってきた荷物に入っているワイシャツを先輩に渡した。


「どうも」


 それを羽織った先輩は、ゆるゆるとした動きでボタンを留める。


「それにしても、よく今までバレずに来られましたね」


 次に私は、床に散らばる洗濯物を一カ所にかき集める。ほんのちょっとの時間で、すでに二十センチぐらいの山が出来上がっていた。


 本棚に入りきらなかった大量の本を、五十音順に整理して詰めた段ボールが、部屋の隅に固めておいてある。


「部屋に呼ぶほど仲のいい子いないからさー」

「……そんなでも生徒会長になれるんですね」

「本当にねー」


 ベッドの上で寝転がる先輩は、外面だけはよくしてるからかな? と言って苦笑いした。

 鰹節みたいな色と形の抱き枕を抱きしめる彼女は、どことなくだらけている猫っぽい。


 ……まあ、これはこれでごく一部に人気は出そうだけど。


「どうなんですかねー」


 そんな感じでなんだかんだ話してる内に、散乱していた洗濯物もほぼ片付いて、残りは先輩のベッドの上のものだけになった。


「先輩、ちょっとそこどいてください」

「んんー」


 間延びした返事をする先輩は、本当にちょっとだけ下側に動いた。


「そうじゃなくて、ベッドから降りてください」

「おろして?」


 男子には大受けしそうな笑顔で、そんなことを言う先輩を、


「あー」


 私は薄汚れているシーツを引っぺがして、洗濯物の山に転げ落とす。


「下ろしましたよ?」

「ううー、もっと優しくして……」


 シュンとした様子の先輩は、部屋の真ん中に敷いてあるカーペットまで、床を這って移動した。


「まだ洗濯物ありますか?」


 とりあえず、見えている範囲の物はすべて集め尽くしたはず。


「あるあるー」


 そう答えた先輩は何を思ったか、自分の穿いている下着を脱ごうとし始める。


「……それは後でもいいです」

「あ、そう?」


 いくら何でも、警戒心なさ過ぎじゃないですか、先輩……。


「半脱ぎはやめてください」

「穿かせて?」

「……」


 もうツッコむのを放棄した私は、先輩に洗濯カゴの所在を訊ね、それを脱衣所へ取りに向かった。


 こんな具合で私の転校初日の夜は、掃除と片付けに費やされてしまった。



                   *



「先輩、いい加減どいてください」


 いくら体重が軽いとはいえ、流石に限界が来た私は、先輩を少し乱暴に揺さぶった。


「ぬーん」 


 少しして目を覚ました彼女は、ナマケモノレベルの遅さで私の上からどく。


「……先輩、手を離してください」


 やっと起き上がれると思った矢先、今度は腰の辺りにしがみつかれた。


「やー」


 力任せに腕を剥がそうとしたが、先輩はだだっ子のように全力で拒否する。


「晩ご飯食べなくていいんですかー?」

「……やー」


 直後、先輩のお腹が高らかに鳴って、彼女は私を渋々解放した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます