第3話


 ここの寮生は夜間外出が禁止で、食事は一階の食堂で食べるか、部屋にあるキッチンで自炊かの二択しかない。


 ろくに自炊ができない先輩は、私が来るまでは食堂で食べていたらしい。

 でも、素が出ないように気を張っていたせいで、味がろくに分からなかった、と本人から聞いた。


「ねえ楓さん、今日は何を作ってくれるのー?」


 エプロンを着けてキッチンに立つ私を、床を転がってやって来た先輩が見に来る。


「だから服を着てください」


 彼女がまだ下着姿だったのを見かねて、その体操服を持ってきて着せ、すごくきれいな長い黒髪をゴムで一つに結わえた。


 茶色っぽくて癖の強い私の髪は、先輩みたいに伸ばすとモジャモジャになってしまう。

 だから、髪型をセミロングにしか出来ないのが、昔からのちょっとした悩みだったりする。


「どうもどうもー」


 それで、今日のメニューはなあに? と、ぺたんと座る先輩は、目を輝かせて見上げてくる。


「カレーですよ」

「うわーい! カレー!」


 17にもなってカレーに喜ぶ無邪気な先輩は、いそいそと部屋の真ん中にある、ちゃぶ台の所の座布団に座った。


 本当にこの人は、私の前では小さい子みたいだなあ……。


 入れ替わりで転校した生徒の代わりに、私は先輩の指名で生徒会書記に就任した。


 活動している時の様子は、双子の姉がやっているんじゃないか、と思うほど大人びているように見えた。


 だけどプライベートになった途端、その面影は完全に消し飛ぶ。


「ねえねえねえ、後どのくらいで出来る?」


 キッチンに戻った私に向かって、先輩が騒がしく訊ねてきた。


「ねえねえー、楓さーん」


 彼女は大好物のカレーだと聞くと、いつもこんな具合になる。


「材料のままでいいなら、今すぐ出せますけど」

「うるさくしてごめんなさい」


 そのままのタマネギをもって来ると、先輩は何度も頭を下げた。


「謝らなくていいので、待っててください」  

「はーい」


 素直に返事をした先輩は、それ以降は静かになった。

 再びキッチンに戻った私が、タマネギを繊維に沿ってカットしていると、


「……なにか?」


 先輩がこっちを見ている気配を感じたので、手元から目を離さずにそう訊いた。


「んー、やっぱり楓さんは、いいお嫁さんになれそうだなって」


 にこりと笑っている先輩の、私を褒める甘ったるい声を聴くと、何故かむずがゆいような感じがした。


「先輩はお世辞が上手いですね」


 みじん切りをしたタマネギをボウルに移して、皮を剥いておいたジャガイモを適当な大きさにカットする。


「ううん、本心だよー?」


 だって私が欲しいもん、と、先輩は恥ずかしげもなくそんなことを言う。


「……冗談はその辺にして、テーブル拭いてください」


 すぐ隣でそんなことを言われて、私は何故かちょっとドキッとした。

 やや深い皿に切ったそれとニンジンを入れ、ラップをかけてシンクの向かいにある電子レンジに入れた。


「本気なのにー」


 若干すねたような声でそう言った先輩は、レンジの横の棚から台ふきと除菌スプレーを持って行った。


 加熱し終わるまでの間で、IHヒーター上の鍋に豚こまを入れ、ヒーターの電源をつけた。しばらくして肉がジュワジュワ言い出した頃に、レンジのブザーが鳴った。


 ある程度炒めたら肉を取り出し、次にタマネギを少し色がつくまで炒める。次に肉とほかの野菜も投入した後、水とカレールーを入れて煮込む段階に入った。


「うーん、いい匂い……」


 スパイスのなんともいえない良い香りにつられて、先輩がまたふらふらとやってきた。


「もうちょっと待っててくださいね」

「はいはーい」


 お玉で鍋の中をかき混ぜる私に、彼女が後ろから抱きついてくる。


「先輩、危ないのでやめてもらえませんか?」


 彼女の吐息が、首筋に当たる感覚がこそばゆい。


「ごめんね、つい」


 先輩は後頭部を一掻きしてそう言い、部屋の方へ戻っていった。

 

 ニンジンに十分火が通ったのを確認して、ヒーターの電源を切る。


「出来ましたよ」


 カレーを福神漬けと一緒に盛り付け、ちゃぶ台の上へと持って行った。


「やったー」


 諸手を挙げて喜ぶ先輩にスプーンを渡して、私はそのはす向かいに座った。


「いただきます」


 先輩も合掌したけれど、一口食べた私を見ているだけで、カレーに手をつける様子がない。


「どうしたんですか先輩」


 一応、甘口と中辛を混ぜたから、そこまで辛くないはずなんだけど。


「んー、楓さんに――」

「自分で食べてください」

「ぬあー」


 言い切る前にバッサリ切り捨てると、先輩の表情が「ショボーン」の顔文字みたいになった。


「そんな顔してもだめです」

「やぁー、食べさせてー」


 彼女はブーブー文句を言って、あーんしてよー、と駄々をこね始めた。


 しばらく無視してもやめないので、


「分かりました、一口だけですよ?」


 面倒くさくなったので要求通りにしてあげると、先輩の機嫌が一気に回復した。


「おいしー」


 市販のカレーなのに、彼女はものすごく幸せそうに咀嚼そしゃくする。


 なんか今日は、先輩がやけにわがままな気が……。


 二口目からは彼女は自分で食べ始めたけれど、夢中で気がつかないのか口の周りがルーで茶色くなっていた。


「付いてますよ」


 ティッシュを二枚とって、それをぬぐってあげると、


「んー、ありがとう」


 ホクホク顔の彼女の目から、何故か涙がこぼれ落ちた。


「そんなに嬉しかったんですか?」


 今まで見せた事のないリアクションに、私は少しだけ面食った。


「あんまりやって貰った事なかったからね」


 それはすぐに止まって、いつものように朗らかな笑みを浮かべる。


「先輩」


 自分のスプーンで先輩のカレーを掬って、その口元まで持って行く。


「あれ、一口だけじゃなかったの?」


 彼女がからかうような口ぶりで言ってきたので、


「嫌なら無理強いしませんよ」


 意趣返しにそう言って、私は自分の口に運ぼうとした。


「わー! 嫌じゃないです! お願いします!」


 その前に、先輩はわたわたしながらそう言って懇願する。


「なら素直にそう言ってください」


 いわゆる「はい、あーん」をしてあげると、先輩はこれ以上になく幸せそうにしていた。


「私、楓さんのそういう所すきよー」


 先輩の甘い声を聞き続けると、脳みそが溶けるんじゃないか、と、ちょっと真剣に考えそうになった。


「そうですか」


 いつものように発言をさらっと流し、またカレーをその口に運んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます