花園の学園

赤魂緋鯉

第1話

 私が通う学校は小中高一貫の、今時珍しい全寮制の高校で、平野と山間部の間ぐらいの所に校舎が建っている。


 校舎と寮は各三つずつ、体育館とプールは二つずつあって、その上、ガラス張りの室内庭園まである。


 総生徒数が千人を余裕で超え、敷地面積がべらぼうに広いこの学校の生徒会長は、二年のよしひびきという女子生徒だ。


 彼女はスタイルも抜群で成績優秀、一年でありながら八割以上の大差で上級生を破って、会長に就任してしまうほどの人望も兼ね備えている。


 そんな完璧超人な先輩と、一年の二学期で転校してきた私は、寮の定員の関係で同室になってしまった。


 それを聞いたとき私は、なんとなく気疲れしそうだな、と思っていた。


「ふにゃぁぁぁぁん! 疲れたよおおおお!」


 ……こんな感じで、残念美人な素の吉野響に遭遇するまでは。


「先輩、重いです」


 ビーズクッションを背もたれにして、ベッドでくつろいでいた私のお腹に、服を脱ぎ捨てた先輩がのしかかってきて頭を乗せた。


「服を着てください」


 なんとかどかそうとしたけれど、彼女は全力で脱力してるせいで全く動かせない。


かえでさんに着せて欲しいなあー」


 先輩は私のお腹の上で、気持ちよさそうに深呼吸をしている。


「しょうがないですね……」

「やったー」


 私が渋々了承すると、先輩は満面の笑みを浮かべて喜び、私の足下にぺたんと座った。


「薄着だと風邪引きますよ? 最近夜は冷えるようになってきましたし」


 スエット一式を彼女のタンスから引っ張り出してきて、まるで子供にするように着せる。


「楓さんにくっついてれば大丈夫だよぅー」

「私は暖房器具ですか」


 元の位置に戻った私の上に、先輩がうつぶせで寝そべってきた。先輩は私より頭一つ分背が低いせいで、その顔がちょうど私の胸のあたりに来ている。


「違うよー」


 彼女は、頭を撫でてほしい、と催促してくるので要求通りにすると、


「あぁー……」


 めちゃくちゃうれしそうな顔で、私の胸元に頬ずりをしてきた。


「楓さんの上は寝心地がいいにゃー……」


 私の平らな胸に押しつけられる、先輩の形のいい胸の膨らみが、手で触らなくても十二分に伝わる。


「嫌みですか?」


 ちょっと意地悪して頭を撫でるのをやめると、捨て猫みたいな目でこっちを見てきた。


「違うよぅ……、悪意はないから撫でてー……」


 しばらく放置してみたけれど、彼女は私をじっと見つめたまま動かない。


「しょうがないですね」


 根負けした私は、そう言って撫でるのを再開した。


「えへへー、楓さんの優しい所大好きー」

「そうですか」

「料理が得意なところも好きー」

「ありがとうございます」

「お嫁さんに欲しくなるなぁー……」

「そうですか」

「……」


 甘えてくる先輩の言葉を適当に流していたところ、彼女は急に電池が切れたみたいな感じで静かになった。


「……自分のベッドで寝てください」


 どうしたのかと思ったら、彼女はうつぶせ状態ですやすやと眠っていた。


「んー……、ましゅまろ……」


 よく分からない寝言を言う彼女は、揺らしてみても全く起きる気配がない。


 お腹が減ったら起きるだろうと考えて、仕方なく先輩の目が覚めるまで放置することにした。



                    *



 今時、寮が相部屋なんて珍しいなあ……。


 寮長さんに言われた部屋番号を探して、私はフローリング張りの廊下を、キャリーバッグを手に歩いていた。


 ここは本来、先輩の女子生徒たちが生活する階なので、彼女らと時々すれ違う度にジロジロ見られている気がして、ちょっと気持ちが落ち着かない。


 ちなみに、前の三年生がすんでいた部屋に新一年生が入るので、今年は上から一年、三年、二年の順になっている。


 吉野先輩、怖い人じゃないといいけど……。


「あ、ここだ」


 とか思っている内に、私は部屋の前にたどり着いていた。


「まだ帰ってないのかな?」


 のぞき窓を覗いてみると、部屋に明かりはついていない。一応、ノックはしてみたが何の反応もない。


 手に持っていたカードキーをかざすと、小さな音がして鍵が開いた。


「失礼しまーす」

「あっ、ちょっ、待っ、うわああああ! ……ぐえっ」


 暗い室内から女の子の悲鳴が聞こえて、バサバサという何かが崩れ落ちる音がした。


 なんかよく分からないけど、大変だ……!


「大丈夫ですか!?」


 私が急いで部屋の照明をつけると、


「助けて欲しくないけど助けてー……」


 誰かが部屋の右隅で、雪崩を起こしたっぽい大量のいろいろな本に埋もれていた。

 その下から生えている脚と、内容が矛盾した情けない声から、どうやらその誰かは女性らしい。


「どっちなんですか……」


 左右にベッドがおいてある部屋の中は、高く積み上げられた本以外にも、とんでもない量の段ボールやお菓子の空き袋、脱ぎ散らかされた衣類で溢れかえっていた。


 寮長さんが部屋を間違えたのかな……?


「うう……」


 あの会長が、こんなにズボラなはずがないしなあ……。


「お、重い……」


 正体はともかくとして、ひとまず私は本の山を掘り返し始めた。


「あー、やめてー……」


 脚をじたばた動かして、謎の女性は抵抗になっていない抵抗をしてくる。


「じゃあ自力で出られるんですか?」


 私がそう言って救出作業を止めると、女性は、出られます出られます! と言って、いかにも必死そうな声を出しつつ脱出を試みる。


 山がプルプルと震えるだけで、明らかに出られそうになかった。


「無理です……。助けてください……」


 しばらく頑張っていた彼女はついに諦めて、悲しげな声で素直に助けを求めてきた。


 掘り出された彼女はものすごく美人だった。だけど、下着一枚しか着ていなかったせいで、いろいろと台無しになっている。


「助かったけど助かってなーい……」


 明らかに見覚えのある彼女は、死んだ魚の目で体育座りしていた。


「……あの、もしかして生徒会長さんですか?」


 私も正直な所、信じたくないけど、こんな綺麗な顔もそうそう見られないしなあ……。


「ち、違うよよよよ!」


 顔の前で罰マークを作る彼女は、汗だくで目を縦横無尽に泳がせている。


 ……うん、間違いない。


「ちゃんと掃除しないとだめですよ、吉野先輩」


 どかした本を拾って、ひとまずその辺り積んでいると、


「あぁ……、終わった……」


 彼女は真っ青な顔でそんなことをつぶやき、頭を抱えて嘆きの声をあげた。


「お願い! 誰にも言わないで!」


 何でもするから! といって土下座して懇願する先輩の様子は、威厳のいの字も持ち合わせていなかった。


「言いませんよ」


 実は生徒会長がズボラ、なんて言っても、誰も信じませんよ、と付け加えると、


「そうかなあ……」


 ガバッ、と顔を上げた先輩の顔は、猛烈に不安そうだった。


「はい。一度着いたイメージって、そう簡単には変わらないらしいですし」


「そっか……、そうだよね……」


 私の言葉を聞いて、目に明るい光が戻ってきていた先輩へ、


「私は変わりましたけど」


 私がしれっとそう言うと、やっぱりだめだー、と、彼女はまた崩れ落ちた。


「うぅ……、意地悪……」

「何にせよ、私は漏らしませんから安心してください」

「本当に……?」

「はい」


 半泣きの先輩は、良かった……、と安堵のため息をついた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます