第42話

「疑う訳では無いんですけど、そんな風に見てないと、そこまでめちゃくちゃな事をする人なんですか?」


 私にあんな事を言ってきた時点で、まあちょっとおかしいんだけど、流石にあれ以上の事をするとは思えない。


「まあ、そう思うよね。でもあの人、中学校の時に響と仲が良かった子の成績が下位だから、って理由でトラブルになりかけたんだよね」

「ええ……」

「あり得ないって事はないでしょ?」

「まあ、そうです、ね……」


 福嶋先輩の話だと、その子の親が穏便に済ませてくれたから、大したトラブルには発展しなかったらしい。


「あの人は多分、響の事を根っこで信用してないんだと思う」


 響がやりたいって言った事は、何1つやらせなかったみたいだし、と続けた福嶋先輩は、心が痛そうに俯いていた。


 私の育った環境とは全然違うけど、それがどこまでも窮屈だ、って事はよく分かる。


「先輩、そんなので大丈夫なんでしょうか……」

「んー、限界ギリギリだろうね。今の環境が精一杯の反抗なんだろうけど、響はそんなに強い子じゃないし」

「反抗……」


 ギリギリ、っていう言葉に先輩が時々見せる、様子のおかしい顔が脳裏に浮かんだ。


 先輩の完璧とからしさへのこだわりは、実の父親に認めさせるためなんだろう。


 そんなんじゃ、部屋を片づける気力が出ないのも無理はないよね……。


 初めて出会ったときの世界の終わりみたいな顔とか、私の言葉を聞いて大げさに安心してたのは、そういうことだったらしい。


「あっ、もうそろそろ20分だね」


 私がそう思い至ったところで、福嶋先輩は腕時計をちらっと見て私にそう告げた。


「重ね重ね押しつけるようで悪いんだけど、響の事、出来ればお願いね」


 福嶋先輩は私の目を真っ直ぐ見据えて、少しゆっくりとはっきりした声で言って、それじゃ、と外に出ようとする。


「あの、1ついいですか」

「どうぞ」

「なんでそこまで、吉野先輩の事を気にかけるんですか?」


 幼なじみとはいえ、そこまでして守ろうとするのは、少し私には理解出来なかった。


「んー、そうだね」


 福嶋先輩は立ち止まったけど、私の方を向かないまま、


「好きな人だから、だよ」


 両手を後ろに回して重ねながら、少し気恥ずかしそうに言う。


「初めて会った瞬間にね、私は気がついたんだよ。この子と一緒にいるのが何より幸せなんだって」


 その顔は見えないけど、話し方的には多分、うっとりした様子で話しているんだろう。


「でも響は、私じゃなくてあなたの方にかれたんだよね」


 正直嫉しつしちゃったよ、と言って、少し下を向く福嶋先輩だけど、それにしては妙にスッキリした感じだった。


「そのくらいで、諦めても良いんですか?」

「うん。だって、響が幸せになってくれるのが私には大事な事だから。それに――」

「それに?」

「ああいや。なんでもないよ」


 何か言おうとして、ハッとした様子で留まって振り返った福嶋先輩は、弟子を見守る師匠みたいな目をしていた。


「ま、いろいろあるだろうけど、頑張って」


 じゃあねー、と言って、手をヒラヒラさせつつ、福嶋先輩はそう言って先に出ていった。


 ……何だったんだろ、あの意味深な感じのリアクション……。


 私はその真意を考えて少しぼうっとしていたけど、先輩が待ってることを思い出して、部屋へ駆け足で向かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます