第24話

 先輩はその後も6時過ぎに帰ってくる事が、テストの2日前の今日まで連続した。


 相当力を入れてやってるのか、私にはどんどん顔が疲れていってる様に見えた。


 体力が、っていうのはよく見かけるけど、今回はどうも、メンタル面で消耗しようもうしてる様な気がする。


 やっぱり、先輩の父親からのあの言葉が、プレッシャーになってるんだろうか……。


 解決できないまでも、少しは先輩の助けになる事をしよう。


「あの先輩。ちょっとどうしても分からない所があって、放課後に教えて欲しいんですけど」


 それで私は、少しでも気を休めて貰おう、と思って、朝ご飯を食べてるときにそう訊ねた。

 ちなみにメニューは、コンソメスープとトーストだ。


「おー、良いよー。楓さんのためだし」

「ありがとうございます」


 思った通り、先輩は二つ返事でOKを出した。私に頼まれたのがうれしいらしく、先輩の顔は妙に上機嫌だった。


「ちなみにどこで?」

「あ、部屋で良いですよ」

「りょーかい」


 朝の準備を終わらせて制服に着替えると、先輩と私は廊下へと出た。


 いつもの外向けの顔を作って、時々2年生と挨拶しながら私の隣を歩く先輩だけど、その足取りはここ最近で1番軽やかだった。


 良かった。少しは先輩の助けになってるみたいだ。


 階段の2階の所で先輩と別れて、ちょっと安心した私は3階の自分の教室へ向かった。




 この日の授業は、体育以外は全部テスト前だから自習だった。


 ちょうど良い感じに晴れているおかげで、若干寒々しい外と違って、4時限目の教室内は眠気を誘う温度になっていた。


 それにやられて、1番後ろの窓際に座る私の近くにいる、クラスメイトが何人か眠っていた。

 ついでに、監督役の先生も寝ているので、読書したり手紙交換みたいな事をしてる人もいた。


 私も集中力は切れていたけど、眠くもないしそこまで大胆な事も出来ないから、教室棟の隣にある野球場の方を見下ろす。


 そこでは、女子がソフトボールをやっていて、テスト勉強のストレスを発散しているのか、動き的にキャーキャー大はしゃぎしている様だった。

 フェンスの少し前に、緑ネットの衝立ついたてがそれに沿って並んでいる。


 あっ、先輩。


 楽しそうだなあ、と思って見ていたら、その中に先輩の姿を見つけた。どうやら、今授業してるのは2年生だったらしい。


 白いヘルメットを被る先輩は、ホームベースからちょっと離れた所にある丸の中にいて、今打席に立ってる打者と同じタイミングで素振りしていた。


 走者は1塁と2塁の少し先に立っていて、膝に軽く手を突いた状態で打席の様子をじっと見ている。


 打者の人は2球振らずに見た後、バットをベースの上にすっと置いて、走者が1個前の塁に進んで空いた1塁に小走りで行った。これで塁が全部埋まった。


 えっと、何ボールだっけ? ……まあいいや。


 他の人がそのバットを回収したところで、先輩の出番がやって来た。


 先輩は1つ肩を上下させてから、さっきの人のとは逆の方向に立つ。盛り上がりが最高潮になっているのか、ここに居てもうっすら声が聞こえる。


 バットを胸の高さで立てて構える先輩が、じっとピッチャーの方を見て、球が投げられるのを待っていた。


 続けて3球見送った先輩は、一旦、ベースの横から離れて深呼吸をしたらしく、また肩が1回上下すると、また元の位置に戻って投球を待つ。


 それを見ている内に、いつの間にか私は両手を握りしめていて、にじみ出す汗で掌が湿っていた。


 もう1球見送って、キャッチャーが球を投げ返した所で、先輩はヘルメットのつばを右手で触った。


 次の1球は、相手が歯を食いしばって、全力で投げたらしいものだったけど、先輩は思いきりそれを振り抜いて、先輩から見て左に引いた線の内側にはじき返した。


 ベースに当たったせいで軌道が変わった球は、外野にいた人の脇を通って、衝立ついたてにぶつかって止まった。


 それをその外野の子が拾って投げ返す間に、塁にいた3人全員がホームにかえっていた。


 ピョンピョンと跳ねる、同じチームの人を見ながら、2塁で止まっている先輩は耳ぐらいの高さで小さく拳を上げていた。


 次の人が打つのかと思っていたら、先輩も含めた全員が、審判をやっていた女性の体育の先生の所に小走りで集まり始めた。


 あー、ええっと……、サヨナラ、ってやつかな?


 なるほど。あれだけ先輩のチームの人が喜んでた訳だ。


 ヘルメットを脱いだ先輩は、その生徒達とハイタッチしながら、一言ずつ何か話していた。多分、お疲れ、とかその辺りだろう。


 それが途切れた所で、先輩は何故なぜか私の方を見あげてきて、目線がバッチリ合った。


 いかにも舞い上がりかかった様に見えた先輩は、それを押さえ込んで軽く手を振る程度に留めた。


 近くにいた人がそれに気がついて、興味津々、って感じで先輩に何か言う。

 先輩は手を、違う違う、という風に左右に振って、あくまでクールにちょっと困った様子で笑った。


 多分、気になる人でもいるのか、とでも訊かれたんだろう。


 その反応の違いで、私は先輩に本当の意味で信頼されてるんだ、というちょっとした優越感みたいなのを覚えた。


 でももし、あのとき部屋に入ったのが私じゃなくても、私みたいに振る舞ったら、先輩はその誰かになついてたんだろうな……。


 まあ、私なんてその程度だし、その人ならもっと上手く先輩を助けてあげられるはず。


 出来ないことを嘆いても仕方が無いし、出来る限りの事ぐらいはやろう。


 とかなんとか考えていたら、先輩はいつの間にかグラウンドから引き上げていて、それに気がついた途端にチャイムが鳴った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます