第23話

 先輩が、この頃部屋へ帰ってくるのがやけに遅い。


「遅いなあ……」


 とっくに帰ってきてもいい6時前になっても、先輩は帰ってくる様子がないし、


 今までこんなこと無かったのに……。


 机の上のノートの右脇にあるスマホには、通知が来る気配すらもいまだにない。


 いやまあ、普通に考えれば中間テスト前だし、先生に聞きに行ってるか、テスト勉強してるんだろうけども。


『今回の休み開けテストは大目に見てやるが、もう一度10位を割ったら……、分かるよな? ひびき

『はい、お父様』


 ……あんな事もあったし、そもそも、先輩は授業で聞けば分かるって言ってたから、素直にそうとは思えない。


 でも本当に勉強かも知れないし……。ああもう、どっちなんだろ……。


「何にも知らないな、先輩のこと……」


 私は独り言と一緒に、シャーペンをスマホとは逆の位置にある、数学の教科書の上に放った。


 こんなはっきりこうと言えないんじゃ、先輩にもし助けを求められたとき、何もしてあげられないよ……。


 とにかく私は、人の心情とかへの勘が悪いから、何となくじゃ、あのときみたいに助けるどころか、もっと悪い方へ追い詰めてしまうはず。


 だからもっと、よく知らないといけないんだけど、どこまで知って良いのか全然分からないんだよな……。


 絶対無理だけど仮に直接訊いて問題なくても、先輩は確実に見栄みえを張って、本当の事を絶対言わないだろう。


 かといって、ちょっと前に先輩の言った通り、相手が言いたくなるまで待ってるのは、先輩にはどう考えても逆効果だ。


 本当に、自分の不器用さが心底嫌になる。


 誰かに相談できると良いんだけど、私にそんな相談できる様な相手は……。あっ、いた。


 私はスマホを手に取ると、初対面でなし崩し的にアドレス交換した、同じ学年の坂田さかたさんに今電話して良いか訊いた。


「おわっ」


 ――その2秒後ぐらいに、彼女から電話が来て、危うく携帯を落っことしかけた。


「おー、かえでっち。どったのー? なんか相談事かね?」


 それを受けると、坂田さんは開口一番そう訊いてきた。


「ああうん、そうなんだ」

「おーう。私に出来る範囲でバッチコイ」


 多分、彼女は勘でそう言ってるんだろうけど、それにしてもバッチリ当ててくるなんて凄いなあ……。


 私はそんな彼女に内心舌を巻きながら、詳細は伏せて、先輩が何か悩んでるように見えるんだけど、相談に乗ってあげるにはどうしたら良いか、と訊いた。


「あー、嫌な思いさせない様に、上手いことやりたいわけだ」

「まあ、そんなところかな」


 経験のなせる技なのか、坂田さんは要点をしっかりつかんでそう言ってきた。


 ちなみに坂田さんは、自販機のある自習室で誰かの相談に乗っているのをよく見かける。


「私、よく相談には乗るけど、大体相手から話して来るのを聞いてるだけだしなあ……」


 ちょっと待ってね、と言って、坂田さんはしばらく考え込んで、


「うーん。残念だけど、はっきりこうだって言えないや」


 役に立たなくてごめんね、といった様子で申し訳なさそうにそう言った。


「そっか。こっちこそごめんね。大体、自分で考えて何とかしないといけない事なのに」


 坂田さんまで責任を背負わせる訳にはいかないし、私としても、はっきり言ってくれて助かった。


 先輩の方から相談されてからの話にしよう、という話になって、私は電話を切ろうとした。


「まあ楓っちなら、私に訊くまでもなく大丈夫だと思うよ」


 その前に、坂田さんが滑り込む様なタイミングで、ふんわりとした口調でそう言ってきた。


「そう、かな」

「うん。だって、楓っちは優しい人だし、会長にすごく信用されるぐらい、楓葉高生うちのせいとで1番理解出来てるんだろし」

「それは買いかぶり過ぎだよ」


 ――だって私は、先輩の事を他の人より知ってるだけだから。


「いやいや。楓っちはもっと自信持ちなよー」


 じゃ、そろそろ勉強しなくちゃだから、と言った坂田さんは、また明日ね、と言って電話を切る。

 その後すぐ、困ったときは話聞くからね、とメッセージが来た。


 私が優しい、ね……。先輩にも、そんな事言われたなあ……。


 徹底して相手の心に踏み込まない、ってポリシーが間違って無かった、っていう証明なんだろうけど、なんかだましてるみたいで罪悪感がすごい。


 ……というか、まだ相談すらされてないのに、何を悩んでるんだろう。私は。


 そういう余計な心配をする方が、妙に鋭い所がある先輩には良くない事だってあるかもしれない。


 まあひとまず、この件は一旦隅に置いておく事にしよう。


 でもそれからしばらく経って、6時半前になっても先輩は帰って来なかった。


 いくら「踏み込まない」とはいえ、流石さすがにこの時間になっても心配しない訳にも行かない。


 ……ちょっと校舎の方へ行ってみるかな。


 私は部屋着からジャージに着替えて、校舎に向かう渡り廊下に出た。


 案外冷えるなあ……。


 カマボコ型のトタン屋根に、等間隔で黄色っぽい蛍光灯が付いただけの吹きさらしで、まだ11月とはいえもう十分に寒い。


 雪が降るようになったらもっと寒いだろうな、とか考えていると、


 あっ、先輩。


 廊下の先にある、校舎につながる引き戸が開いて、ぬるりって感じで先輩が出てきた。


 かなり疲れているらしく、遠目でも何となく覇気が無いように見える。


 まあひとまず話しかけよう、と思った所で、先輩の方が先に気がついた。


「か――、高木たかぎさん……!」


 私を見つけた途端、うっかり名前で私を呼びかけた先輩の表情が、着火した花火みたいに一気に明るくなった。


 てこてこ、とやって来る先輩を見て、実家で飼ってる犬みたいだなあ、とか、そのうれしげな表情を見ながら若干失礼な事を思った。


「どうしたのー? もしかしてお出迎え?」


 目の前まで来た先輩は、ご機嫌感全開で私にそう訊いてきた。


 心配だから探しに出た、というと、先輩は何か感づいてしまうかもしれないから、


「いや、ちょっとココアでも買おうかと思ったんですよ」


 私は自分から見て右の向こうの方にある、学食前の自販機を見ながらそう言ってごまかした。


「あー、なら、私も何か買って貰おうかなー」

「自分で買って下さい」

「えー」

「後輩にたからないで下さい」


 一本ぐらい良いじゃーん、という先輩を引き連れて、私は丁字状になった渡り廊下を学食の方へと向かう。


 途中、首だけ動かして先輩の様子を確認すると、いつも通り、部屋でのホワホワしてる感じだった。




「それはそうと先輩。ご飯どうします?」


 飲み物を買った帰り、手を繋いで歩きながら、私は先輩へそう訊いた。


「あれ、まだ食べてなかったの?」

「はい。食べてくれる人がいないと、張り合いが無いですし」

「そっかー。そっかー……。えへへ……」


 私にそう言われた先輩は、スキップでもしそうなぐらい、さらにご機嫌になった。


「先輩、誰か来ますよ」


 だらしない笑顔を見せる先輩は、渡り廊下に出てきた他の生徒を見て、慌ててクールな感じを装った。


 ちなみにこの日の晩ご飯は、実家で余って仕方が無いから、ともらったそうめんを暖かいつゆで食べた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます