第38話

 結局、右下の一番角のヒモを引いて、


「おしるこ……」


 インスタントのお汁粉5個パックセットを引き当てた。


「……楓さん、もう1回だけ……」


 どう見ても残念賞のそれを受け取った先輩は、上目遣いで私を見つつ人差し指をピッと立てて、泣きの1回を頼んできた。


「本当に、1回だけですよ?」

「りょーかい」


 先輩からお汁粉を預かった私は、本当に、のところを強調して、そう釘を刺しておいた。


 今度は特に考える様子もなく、多分直感で真ん中よりちょっと左下のヒモを引いた。


「おっ、ちょっと重いよ!」


 先輩はその重さで当たりを確信したらしく、ニヤッと笑って、ちょっともったいぶりながら引き上げた。


「お嬢ちゃん良かったね。それ結構いいやつだよ!」


 それは、目当てのミキサー、ではなく、通販番組でよくやってる、よく切れる包丁ほか5点セットだった


「えー、こうなりました……」


 格好付けた手前、中途半端な結果になったのが恥ずかしいのか、先輩は顔をちょっと赤くしてその箱が入った袋を私に差し出した。


 微妙に肩を落とした感じの先輩は、諦めきれなさそうな顔をしていたけど、約束通り、もう1回、とは言わなかった。


 私がそれを受け取ると、どちらともなく学校への帰り道につく。


「実は、これのお返しに、ってつもりだったんだけど……」


 境内から出たところで、ションボリ気味の先輩は、首に巻いている茶色のマフラーに触りながらそう言ってきた。

 

 それは私が去年のクリスマスにあげたもので、そのとき、自分は用意してなかった事を気にしている様子だった。


「別にそういうのは無くても良かったんですよ? 渡したときも言いましたけど」

「楓さんはそう言うけど、流石にどうかと思って……」


 いや、まあ、当てくじの景品っていうのも、十分アレなんだけど、と、視線をどんどん足元に落としながら、先輩はもにょもにょ付け加えた。


 どうやら今になって、自分のやってることがあんまり良くないかも、と思い始めたらしい。


 私は別に、そういうのは気にしないんだけどな……。


 多分先輩の父親が、その辺も細かいのかもしれない。


「まあ、値段とかより気持ちですし、結局私が主に使うんですから、これでいいですよ」


 こっちもこっちで使い道がありますし、私としては大助かりです、と付け加えておいた。


「そっか……。なら良かった……。――あっ、ちゃんと気持ちはたっぷりだからね!」

「分かってますよ。ありがとうございます」


 わたわた、といった感じで、余計なまでに念を押してくる先輩は、私がクスッと笑いながら答えると、安心した様子で1つ大きく息を吐いた。


「せっかくお汁粉ありますし、帰ったら飲みますか」

「そうだねー。ところで、それ重いでしょ。持とっか?」

「いいです。大した事ないんで」


 私は包丁セットが入った袋を、ひょいと肩の高さまで持ち上げてから、左手に持ち替えた。


「手、つなぎぎましょうか」

「うん」


 帰りと同じ様に、私は先輩と指を絡めて手を繋いだ。


 さっきまで顔を真っ赤にしていたせいか、行きよりも先輩の手は温かかった。


 そのまま特に会話もなく、校門の内側に入ったところで、


「あ、先輩。ちゃんと言えてなかったんですけど、あけましておめでとうございます」


 半分寝ぼけていたのを思い出して、立ち止まった私は、改めて先輩にそう挨拶した。


「おめでとう。今年もよろしくねー」

「はい」


 私と同じ様にかしこまった様子で言った後、先輩はにへっと微笑ほほえみかけてきた。


 今年も、ね……。


 こうやって言いあえるのも、あと1回だけなんだ、という事に思い至って、今も吹いている冷たい風みたいな寂しさを感じた。


「楓さん?」


 寒い寒い、と言いながら歩き出そうとした先輩は、動かない私に首をかしげて怪訝けげんそうに呼びかけてきた。


「すいません。ボーッとしてました」


 さっき心に感じたものを隅に追いやった私は、先輩に歩幅を合わせて歩き出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます