番外編

※改稿したため、時間軸が高木楓が2年の夏に飛んでいます。ご了承ください。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


「ぬぁー、あーつーいーよー……」

「だからって扇風機を独占しないで下さい」

「のあー」


 私は扇風機の前に張り付く先輩を引っぺがし、首振りモードに切り替えた。


 カンカン照りの真夏日なせいで、窓を開けても、私と先輩は2人とも汗だくになっていた。

 

 私たちの部屋にも文明の利器エアコンはある。なので早速、フィルター掃除をして電源を入れた。


かえでさーん……。全然冷えないよー……」

「暖房にしてるんじゃないですか?」

「冷房にしてるよー」


 だけど、エアコンは風だけを出すばかりで、部屋を全く冷やしてくれなかった。


「じゃあ故障ですかね?」


 ひとまず電源を落として、私は寮の管理人さんの所に行った。そこで、修理を頼むようにお願いして貰った。


「楓さーん、修理来てくれるってー?」


 部屋に帰ると、ひっくり返っている先輩が、私にそう訊いてきた。


「はい」

「うわーい良かっ――」

「3日後だそうです」

「ひえっ……」


 私の答えを聞いた先輩は、大喜びから一転して、ものすごく悲しそうな様子になった。


 管理人さんが言うには、しばらく業者さんが手一杯で、来られるのがどう頑張っても3日後だそうだ。


「なんでさー……」

「なんか、どこもウチと一緒みたいですよ?」

「うーへー……」


 希望を砕かれた先輩は、ひっくり返ってぼやき始める。


「騒いだ所でどうにもなりませんよー」


 ため息交じりに先輩にそう言った私は、すっかりぬるくなった麦茶を飲んだ。


「私にもちょーだい。楓さん」

「すいません。もう無いです」

「ええ……」


 空になったコップを見せると、寝転がったまま伸ばしてきていた、先輩の腕が床にパタリと落ちた。

 捨て犬みたいな目でこっちを見てくる先輩のために、私は冷蔵庫へ麦茶を取りに行く。


「ここにいてもしょうがないですし、どっか出かけませんか?」


 8分目ぐらいまで注いだコップを渡しつつ、私は先輩にそう提案する。


「うーん。そうだねー……」


 先輩はちょっと複雑そうな顔で賛成してから、麦茶を一気飲みしてむせた。


「何やってるんですか先輩」

「うう……」


 私は半分呆れて、前屈みで咳き込む先輩の背中を撫でてあげた。


 ややあって。


「そんじゃ行こうー」

「……その前に、ちゃんとした服を着て下さい」


 ゾンビみたいに玄関に向かう先輩を捕まえて、私は良い感じに無難な服を着せた。

 いくら校則で、夏休み中の服装は自由、と決まってても、流石にキャミソールに短パンは絶対怒られる。


 私たちは日向を避けて、学校の敷地内にある図書館へ向かった。

 いつもスカスカなので、先輩も安心していられるだろう、と思っていたけど、


「なんか、凄く人いますね……」

「そうねー……」


 何故か今日は人がやたらと多く、人気の無いところがどこにもなかった。


「あっ、会長。こんにちはー」

「はい。こんにちは」


 そうなると、有名人な先輩は、その後輩や同級生に次々話しかけられてしまうし、


「あれ見て……! 吉野よしの会長じゃん……!」

「わー、近くで見るとすっごい美人……」

「お勉強に来られたのかしら?」

「読書じゃない?」

 

 遠巻きからも興味津々の目線を集めてしまう。


 外向きの笑顔を貼り付けて、それらに対応する先輩は、私の方をチラチラ見て助けを求めてきた。


「あの先輩。そろそろ、時間になりますよ」

「あら、そうだったわね」


 職員室に行く用事をでっち上げて、先輩と私はそそくさと図書館から撤収した。


 やかましい蝉の声と蒸し暑さに襲われながら、私たちは渡り廊下を進んでいく。


「はふー……」

「有名人も大変ですね」

「本当にね……。はあ……」

 

 一気に精神力を削られたっぽい先輩は、疲れた様子でフラフラと歩いている。


「それで、次はどこへ行きますか先輩?」


 大本命が潰れてしまったので、今度は先輩の意見を訊いてみた。


「うーん。そーねー……」


 そう言って頭をひねりつつ、キョロキョロと辺りを見回した先輩は、


「……あっ、あそこなら涼しいかも」


 体育館横の緑地を指さして、私にそう言ってきた。


 最近置かれた自販機近くのそこは、体育館の陰になっている上、葉っぱが茂っているので、ちょうど良い感じの日陰になっていた。


 あそこなら、部活の時間が終わった今なら人も来ないし、先輩の気も休まるだろう、と思って、私は二つ返事で賛成した。


「ついでだし、なんか飲み物でも買う?」

「先輩がおごってくれるなら欲しいですね」

「うんいいよー。どれにす――」


 そう言いながら自販機の前に着いたとき、偶然蝉が一斉に鳴き止んで、


「ふ……っ。ん……」

「あ……っ」

「ねえ、きもちい……?」

「う、ん……っ」


 茂みの方から、なにやらアレな感じの声が聞こえてきた。

 よく見ると、木の根元辺りで誰か2人が絡み合っていた。その声的に、多分両方とも女子だと思う。


「……」


 私が本能的に目線を逸らして先輩を見ると、


「……」


 先輩は顔を真っ赤にして明後日の方向を向いていた。


 また蝉が一斉に鳴き始めて、彼女らの声が聞こえなくなった。


「……別の所、行きましょうか」

「……うん」


 小声でそう言い合った私たちは、回れ右して引き返した。


「うーあー、どうしたら良いんだーん……」


 ひとまず、私と先輩は体育館の外階段下の陰で休みつつ、どこへ行こうか考えていた。


「生徒会室とか使えたら良いんですけどね」


 大分しんなりしている先輩に、私はなにげなくそんなことを提案する。


 生徒会役員は私たち以外、みんな実家帰省組で校内には居ない。だから、急に入ってこられる心配も無いから、先輩も安心できるはずだ。


 でもまあ、いくらなんでも無理だろう、と思っていたけれど、


「おわー、その手があった!」


 どうやら灯台元暗しだったらしい。


 先輩が言うには、先生の許可があれば使える、とのことだそうだ。


 品行方正で通っている先輩は、当直の先生から特に深く訊ねられず、簡単にOKが出た。


 こういう所は流石だよなあ……。


 最上階にある生徒会室は、直射日光のせいで大分モヤッとしていた。だけど、カーテンを閉めて、エアコンのスイッチを入れたら、あっという間に快適な温度になった。


「ほへー……。すーずしいー……」


 先輩は壁際にある長ソファーで、溶けるように寝転がっていた。


「良かったですね」

「やー、本当にそれー」


 そう言って、私が先輩の頭元に座ると、先輩は私の膝に頭を乗せて至福の表情をする。


 いつも通りの光景を見ながら、私はさっきの子達の事を思い出していた。


 私は別に良い子なわけでもないので、それが「何」なのか位は分かる。


『は……っ、あ……ぅ』

『ふふ……。かわいいよ……』


 あの気持ちよさげな声とか、妙になまめかしい動きが、どうにも頭の中から離れない。


 もしかしたら、先輩も私とああいう事――。


 ふとそう考えてしまうと、先輩が上で私が下に勝手に変換された。


 いやいやいや。そんなわけ、……そんなわけ無い、よね……?


 なんとか可能性を否定しようとしたけど、普段が普段なので全然説得力が無い。


 そんなことを悶々もんもんと考えていると、


「んー……」

「ひゃっ」


 先輩が私の太股ふとももに頬ずりしてきたので、素っ頓狂な声が出て、身体がビクッと震えた。


 そういうサインなのかと思って、私は先輩の顔を見下ろす。


「すや……」


 すると先輩は、母親に甘える子供みたく、ものすごく気持ちよさげに眠っていた。


 先輩が私に向けてくる好意は、たぶん、そういう類いのモノなのかもしれない。

 そういえばちょっと前にも、私に母親を感じてるみたいな事言っていた。


 ……って事は、私が先輩にをしたい、って思ってるって事になるじゃん!


 妙なことを考えていたせいで、涼みに来たはずなのに余計暑くなってしまった。

 

 なんとなく、これ以上は何だかマズい、と思った私は、なんとか忘れようと、スマホのアプリで勉強する事にした。


 そんな感じで、私と先輩は夏休みの1日を無駄使いしていくのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます