第40話

 それじゃ、と言って通話を切った私は、年末帰らなかったからやってなかった、自分の部屋の整理をついでにすることにした。


 2階に上がって、学祭前の合宿以来に戻ってきた自分の部屋に入る。


 一応、部屋の掃除はお母さんがやってくれてるらしく、綿埃わたぼこりが転がってる、みたいなことも埃っぽさも無かった。


 今の学校へ転入する前に、結構ごっそり整理した事もあって、見える範囲だとあんまり物が無いけど、


 わ、しばらくここ触ってなかったもんなあ。


 机と逆サイドの壁にある押し入れを開けると、下の段に段ボールがみっちりと詰まっていた。


 小学生のときは何かしらを集めるのが好きで、しばらく部屋に置いて眺めてから、それを適当に箱へ放り込むというのを繰り返していた、というのを思い出した。


 そんな押し入れ下段右の箱の上に、


 ――ッ。


 前の学校指定のスクールバッグが横倒しで置かれていた。

 ほぼ使ってないから、それはほとんど新品ぐらいに綺麗きれいなままだった。


 あんまりそれを意識しないようにしながら、左側から箱を引っ張り出して中を確認する。


 3段積まれた箱の一番上には、壊れたおもちゃや何の物だか分からないフタとか、そんなガラクタが詰め込まれていた。


 どれもこれも懐かしくはあったけど、流石にこんな山のようには要らないし、特に思い出がある物だけ残すことにした。


 それを片づけてから1個下を開けると、


 あれ、これ全部空き箱だ。


 妙に軽いなあ、と思っていたら、英語が書いてあるお菓子とか、なにかしらの小物とかの箱ばっかり入っていた。


 当時は全部宝物だったんだよな、と思い返して、私は苦笑いを浮かべながら、やけに綺麗なままの箱を畳んでいく。


 そんな調子で、別の段ボール箱を開けていくけど、4箱もそんな空き箱ばっかりので、いくらなんでもため込み過ぎな過去の自分に、私はちょっとあきれた。


 7箱あるうちの6箱目は、新聞紙に包んである空き瓶で、珍しい形のものから普通のそれまでいろいろと入っていた。


 だいたい、こういうのってアルバムとか昔の雑誌とか、そういうのを読みふけっちゃって進まない、とかあるはずなのに、そういうのが一切無いまま作業が進んでいく。


 そしてついに、残りがあと1箱になったところで、


「ん? あ、整理してるの」


 お母さんが開いていたドアからひょっこり顔をのぞかせて、積まれている畳まれた箱を見て訊いてきた。


「そう」

「荷造りヒモいる?」

「うん。もってきて」

「はーいよ」


 ちょっと待ってて、と言ってお母さんは顔を引っ込めると、ドタドタと階段を降りていった。


 さてと、これは何が入ってるんだろ。


 その上に乗ってるバッグを意識しない様にしながら、私はグイッとそれを引っ張り出そうとする。


 だけど、敷居に箱の端が引っかかって前のめりに倒れてきた。


「うわっ! いたっ!」


 なんとか段ボール箱が横倒しになるのは回避したけど、その上のバッグがずり落ちてきた。

 ファスナーが開いてたらしく、それは私の右腕に当たって、引っくり返って中身が出てきた。


 散らかったそれを見ないようにしながら、急いで回収してバッグの中に戻していく。


 ふう……。危ない危ない……。


 なんとか何かしらがフラッシュバックする前に、全部しまうことに成功した。


 今度はうっかり出てこないように、ちゃんとファスナーを閉めて押し入れの中に突っ込んだ。


「今なんか、大きい音したけど大丈夫? はいヒモ」


 それと同時に、お母さんがビニールの荷造りヒモを持って、心配そうに部屋へ入ってきた。


「ああうん。ちょっと落としただけだから。ありがと」

「そう?」


 残りがあんまりないそれを受け取りつつ、お母さんにそうやって説明した。


 気を付けなさいよ、と言って、またパタパタと階段を降りていったところで、


「休んでなさい、って言われたでしょ母さん!」

「この通りピンピンしてるじゃないか。心配しすぎだよ」


 どうやら、働こうとするお婆ちゃんと鉢合わせたらしくて、下からお母さんの大声が聞こえてきた。


 お婆ちゃん、この調子で長生きしてくれそうだなあ……。


 やいのやいの、と言い合うのに、私は思わず苦笑いしてしまう。


「だいたい、いつも人の言うこと聞かないで――」

「自分の事は自分で分かってるよ! ボケ老人扱いは心外だね!」

「そんな事言ってないでしょうが!」

「まあまあ」

紅葉もみじさんは、今日ぐらい休んでください、って気を遣ってくれてるんですから」


 今度は、伯父さんとその奥さんがその仲裁に入って、言い合いを収めようとし始めた。


「お母さーん、私、後で手伝うから、お婆ちゃんに休んでもらってー!」


 それに加勢しようと、私が手をメガホンにして下へ声を張って言うと、


「だって、母さん」

「分かったよ。可愛かわいい孫に言われちゃ仕方ないね」


 煮えたお湯へ水を入れたみたいに、すぐにわちゃわちゃは収まった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます