商業ゲーをやる、という話

 基本的には格ツクゲームをやっている私だが、最近パソコンを買い替えたのを機にsteamスチームにて商業格闘ゲームに手を出しはじめた。


 格ゲー仲間にプレイヤーが多かったことと、プレイしている『カラーズパーティー』にシステムが似ているということもあって先日から『BlazBlueブレイブルー』に挑戦している。他にも商業格闘ゲームはプレイしているが、パソコンでオンライン対戦をするのは初めてのことである。


 とはいえ格闘ゲームは初めてではない。やることはわかっている。ブレイブルーは華麗な連続コンボが特徴のゲームなので、まずはコンボの練習。そして長期タイトルということもあり、様々なシステムが取り入れられておりこれを覚える必要がある。ただこっちは覚えきれていない。そのうち慣れてくるだろう、と勝手に思っている。


 さて、基本コンボはなんとか、というところまで来て、まさに今日初めてのランダムマッチに潜ってきたところだ。終わってすぐにこの雑記を書いている。


 まず驚いたのは対戦相手がいることである。始めたばかりということはつまり最低ランク。戦績によってマッチングされるゲームにおいて初心者がいるということがまず驚きである。格ツクゲームでは初心者同士の対戦などまず起こらない。さすがに同じ人と何度も当たりはしたのだが。


 普段とは別のキャラクターを使えばランクは下がるので、完全な初心者かどうかはわからないが、それでも動きのしっかりしていない相手と戦えるのはありがたい。画面端でずっとしゃがんでいるのはなかなか初心者には厳しい話だ。


 負けに慣れた身とはいえ、初めてのゲームで同レベル帯の対戦相手がいるということはやはり強みだろう。プレイヤーが離れないで済む。こういうところを見ると、やはり対人ゲームにおける人口というのはゲームそのものの魅力を大きく補強してくれる。自分のプレイする格ツクゲームにもたくさん人が増えてほしいと思うところだ。


 戦績も上々で、勝率五割。ある程度素養があるとはいえ、千連敗していた頃に比べれば褒められる成績だろう。これがそのうち壁にぶち当たって勝ちがまったくつかなくなるのだろうが、それまではゆっくり楽しめるだろう。


 とりあえずの使用キャラはセリカに決めた。やや目押しコンボが多いが、動きはシンプルでキャラ固有の特殊なシステムを持つキャラクターが多い中では比較的落ち着いた性能をしている。相手の空振りに差し込める超必殺技が使いやすく、さらに可愛い。キャラ選びには見た目の好みは非常に重要である。


 キャラクターの数が多いので、まだしっかりとどんなキャラクターかわかっていないものもあるが、こちらも少しずつやっていくつもりだ。


 昔は誰かと対戦と言えばゲームセンターに行って百円玉を積んでやっていたという話だが、今はこうして家にいながらネットで対戦できるのだからありがたい話である。もっともさらにフリーの格闘ゲームを散々楽しませてもらっている身で言うのもおかしな話なのだが。


 知らない相手と対戦することは、一人でトレーニングモードやCPU戦をやっているだけではまったく気がつかないことを教えてくれる。


 どんなに練習したコンボも始動が入ったことを確認してから入れようと思うと難しい。対空や投げ抜け、そして中段といった防御は人間が操作する方がパターンも多く、特にまだ知識が足りないうちは対策も難しい。


 こういうことを考えながら少しずつ強くなっていくわけである。とはいえいろいろなゲームに手を出していると、なかなか言っている通りにできるものではない。本当に少しずつ、気長にプレイしていくつもりだ。そういう格闘ゲームの楽しみ方もあるのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます