禁書庫の番人、焚書にて職を追われる

作者 氷純

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全41話

更新

  1. 禁書庫、燃える
  2. プロローグ
  3. 第1話  燃やされる覚悟はおありですね?
  4. 第2話  訓練場っていつも破壊されてるね
  5. 第3話  良い子は読んだら片付けましょうね
  6. 第4話  禁書の話になると早口だよな
  7. 第5話  太郎さんも近寄らない
  8. 第6話  異常の中心、異常者迫る
  9. 第7話  この森で最強の魔物だったんすよ
  10. 第8話  削除!
  11. 第9話  容疑者だけど、すでにお尋ね者
  12. 第10話  さらっと使う軍用魔法
  13. 第11話  禁術だけど分類上は生活魔法
  14. 第12話  私ギリソン、事件の背後にいるの
  15. 第13話  焚書により戦の火蓋は切られたのだ
  16. オークション、荒れる
  17. 第1話  一つ稼いで本のため、二つ稼いで――
  18. 第2話  荒れるぜぇ、めっちゃ荒れるぜぇ
  19. 第3話  記憶のかけら
  20. 第4話  広がれ、類友の輪
  21. 第5話  本が繋ぐ友情って素敵
  22. 第6話  古代ロマンを伝える文字媒体
  23. 第7話  古書オークションが荒れるまで
  24. 第8話  さぁ、荒れてまいりました!
  25. 第9話  呪詛の神官
  26. 第10話  事件の裏事情
  27. 議会は対立
  28. 第1話  詐欺師の知り合いで静かな海賊
  29. 第2話  静かな海賊、物申す
  30. 第3話  人格切り替えは希少本で
  31. 第4話  読めるんだなぁ、これが
  32. 第5話  詐欺師の姉御ォ
  33. 第6話  ○○○の恨みは恐ろしい
  34. 第7話  逆転の一手
  35. 第8話  なんで刺激しちゃうかなぁ
  36. 第9話  世界で最も危険な虫
  37. 第10話  痛恨の人選ミスでは?
  38. 新たな神
  39. 第1話  燃料、ヨシ!
  40. 第2話  めぐり合わせが悪い
  41. 第3話  ケーキ屋でする会話じゃねぇ
  42. 第4話  決戦前夜
  43. 第5話  まだ前哨戦だよ!
  44. 第6話  再封印する?
  45. エピローグ