禁書庫の番人、焚書にて職を追われる

作者 氷純