千早ちゃんの評判に深刻なエラー

作者 氷純

843

296人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

物語の舞台となるのは、異世界へのゲートが発見され人類が遠隔操縦ロボット『アクタノイド』を探索や開発に送り込むようになった世界。コミュ障であり就活に失敗し続けていた兎吹千早は自宅からでも勤務ができるという条件に惹かれアクタノイドの操縦者であるアクターとなることに。

資源を求めて異世界をアクタノイドで探索、時には敵対する企業に雇われたアクタノイドとの戦闘など、ロボット好きにはたまらないものがある内容の本作だが、本作はそれに負けない大きな魅力がある。それが主人公である千早のキャラクター!

他人とろくにコミュニケーションが取れず、いつも卑屈な笑いを浮かべてばかり。一見、機械の操縦に向いているように見えないが、実は隠された長所があった。なぜか思い切りが異常に良いのだ。必要とあらば企業からレンタルした機体を平気で自爆させるし、その後も大胆な判断で窮地を乗り越えていく。おかげで周囲からは笑いながら敵を潰す戦闘狂だと勘違いされ、危険な任務ばかりを依頼される。本人は平穏に稼ぎたいだけなのに……。

しかし、ネクラ少女が周囲から勘違いされながら、生活のために危険なミッションに挑む姿でしか得られない栄養がここにある。



(新作紹介「カクヨム金のたまご」/文=柿崎 憲)

★★★ Excellent!!!

相変わらずの構成力でさらっと読めてしまう。
禁書庫~以来のギャグテイストです。
そうはいっても氏の作品。書き味は違えど辻褄は確り組み合っているため、読了後の違和感は拭い去れているところも佳良であります。


主人公の人生設計は今後どうなるのか。心の平穏は得られるのだろうか。
今後の展開が楽しみです

★★★ Excellent!!!

文章力があるので、ページを捲るのがやめられない。
主人公の千早ちゃんが戦闘したくないけど、降り掛かる火の粉を頑張ってやっつける所が良い。可愛い。アニメ化したらと想像すると楽しい。
登場するロボットや動植物、世界観にオリジナリティが溢れていて、成る程と思わせたり、クスリと笑わせてくれる内容が挟まれたりしていて読んでいて飽きない。
お気に入りは(シネヤカフン)詳しくは本編で。
是非読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

まず完結してくれるっていうのがいいよね。うん。個人的に思うのは物語には終わりが欲しいよね。人生と同じように。
内容も素晴らしいよね。なんか人の人生って言うの?そう言うのが物語として紡がれるって言うのが嬉しいよね。すごい素敵。主人公も魅力的というか個性的というか?物語としてなるほどって思う主人公なのもほんとに嬉しいよね。応援できちゃう。
まだ最初の方だけど、もう期待で胸がいっぱいだよね。いっぱいすぎて胸だけ浮かびそうな感じあるし。コミュ障だけど擬似冒険家になるのかな?わかんないけど。ストックがある命だからって勇気じゃなくて蛮勇を発揮してるのもほんとにいいよね。笑っちゃう。
もう全文書き終わってるのかな。なろうの活動報告見る感じ。安定して面白いんだろうなって感じよね。期待出来るし。楽しみよね。