《後宮皇宮散華》~最期の皇帝は小羊の夢をみる~

作者 結愛みりか

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全60話

更新

  1. 後宮皇宮散華~最期の皇帝は小羊の夢をみる~
  2. 第一章:不眠症の皇帝・光蘭帝飛翔、仔羊頭の貴妃明琳を処する?!
  3. 序章:雪の睦み
  4. 第二話:小娘の頭は子羊だった。
  5. 第三話:寝不足の光の皇帝
  6. 第四話:皇帝の暗殺疑惑?!
  7. 第五話:眠りに堕ちた支配者
  8. 第六話:火花を散らすふたりの仙人
  9. 第七話:皇帝と貴妃と仙人の後宮遊戯
  10. 第八話:幽玄の貴妃と第一貴妃 蝶華妃
  11. 第九話:妃賓と仙人と迷った仔羊
  12. 第一章最終話:白龍公主芙君の迷宮と皇帝との再会
  13. 第二章:落とされた後宮の黒い闇
  14. 第二章ー1:華羊妃・明琳
  15. 第二章ー2:蠢く後宮
  16. 第二章ー3:皇帝との初夜と華仙人の密約
  17. 第二章ー4:小羊を抱きしめて、眠る
  18. 第二章ー5:幽霊からの逃亡
  19. 第二章ー6:皇帝の手紙?!
  20. 第二章ー7:華仙人
  21. 第二章ー8:お饅頭、作ります
  22. 第二章ー9:捕獲された子羊
  23. 第二章最終話:後宮の黒い闇
  24. 第三章:留まるところを知らない皇宮遊戯
  25. 第三章ー1:遥媛公主のお誘い
  26. 第三章ー2:武大師准麗
  27. 第三章ー3:幽玄
  28. 第三章ー4:武大師との決着
  29. 第三章ー5:決められし運命とは
  30. 第三章ー6:私だけの温石
  31. 第三章ー7:貴妃の道ならぬ恋
  32. 第三章ー8:人は命と愛を弄ばれる
  33. 第三章ー9:幽閉の子羊
  34. 第三章ー10:誰が一番欲深か
  35. 第三章ー11:一番遊戯を楽しんでいるは誰か
  36. 第三章-12:おばあちゃんのお饅頭
  37. 第三章最終話:愛おしい夜
  38. 第四章:貴妃の役割
  39. 第四章ー1:天への手紙
  40. 第四章ー2:蝶華の宝物
  41. 第四章ー3:二人の仙人
  42. 第四章-4:語られる過去
  43. 第四章ー5:紅鷹国の歴史
  44. 第四章ー6:恋コロロの昏君(おばかさん)
  45. 第四章最終話:天女になった貴妃の微笑
  46. 第五章:後宮の秘密
  47. 第五章ー1:節哀順変
  48. 第五章ー2:白龍公主の羽衣の在処
  49. 第五章ー3:氷の標本
  50. 第五章最終話:小さな温石
  51. 第六章:人の終わりに宿すものは
  52. 第六章ー1:現世と幽世の境目の恋
  53. 第六章ー2:声なき言葉
  54. 第六章ー3:白龍の助力
  55. 第六章最終話:天界への道
  56. 第七章:人が人を愛する遊戯
  57. 第七章ー1:どうして蝶華は光蘭帝の子を孕まなかった
  58. 第七章ー2:蝶華を殺したのは
  59. 第七章ー3:遥媛公主の羽衣
  60. 第七章ー4:准麗、死す
  61. 第七章ー5:母から子へ継がれる想い
  62. 第七章ー6:誰がための涙
  63. 第七章ー7:報いはいつだって、傷ついて進んでゆくこと
  64. 第八章最終話:生きたい命と、遺された未練
  65. 第九章-1:目覚めぬ明琳、声なき願い
  66. 想いは死して時を超え
  67. 最終章 華仙界と地上愛の散華
  68. あとがき