■特別編 火霊使いスカーレット(1)

「……G{ゴールド}がいるんだよ、Gがな」


 俺専用の魔法武器ができるまでの間、暇を持て余した俺はウェスタ王国の王都に繰り出していた。


 もちろん一緒についてくるのは、ドワーフ族のポルテと白の女神シルヴィーナだ。

 隷属するポルテはともかく、女神ときたら「今度はどこへ行くのですか、クライ?」といちいちうるさい。


 だからきっぱり言ってやったのだ。


「誰かさんがこっそり食料を食うから、金がかかってしょうがないんだよ!」

「うっ! そ、それは~~! だってお腹が空いたときに、手を伸ばせばそこに食べ物があったから……つい、ですわ~!!」


 この女神ときたら、俺のパーティに強制加入しているからな。

 おかげでアイテムボックスを共有していて、ST{スタミナ}値が減って空腹を覚えたときに、うっかり食料アイテムに手を出したのだ。


「ごめんなさいです、ご主人様。ポルテが気付いたときにはもう、いくつもぱくっといかれちゃってたです」

「別に、ポルテが謝ることじゃない。けど、女神がまさか盗み食いとはなあ」

「そ、そんなつもりはなかったのですわ! ああっ、わたくし……ここまで堕ちるなんて~~~!」


 4枚になった背中の翼を落胆させ、女神が心底落ち込んだ。


 本当は、金がないのは魔法武器作りのせいだがな。食料アイテムなんてたかがしれてる。

 でもこれでおとなしくしてるならいいか。俺は目的の場所である、太陽のマークの看板が掲げられた建物に辿り着いた。


「あら。ここは……昨日も来た場所ですわ」

「ギルドですね、ご主人様!」


 そう、ここは冒険者ギルドだ。

 中に入れば、まるで教会といった造りをしている。長机が整然と並び、正面奥には白の女神を象ったステンドグラスの窓があった。

 そして武器を帯びた、冒険者の風体をした連中が席について、【依頼契約】リストのウィンドウに向き合っていた。


 ギルド登録者はこうして仕事依頼を引き受けて、Gやアイテムといった報酬をもらえるのだ。

 ……『エムブリヲ』のゲームでは気にならなかったが、こうしてみると職業斡旋所{ハロワ}みたいでちょっと嫌だが。


 だから俺は昨日足を運んで、一応冒険者登録をしたものの、そのまま帰ったのだ。

 楽で稼げそうな、オイシイ依頼もなかったしな。

 それと……いちいちうっとうしくてな。


「……女神様だ!」

「うわ、本当に? 噂は本当だったのか……!」

「女神とパーティを組む、あれが……城で雇われた白魔道士{ヒーラー}?」


 これだ。冒険者どもが俺たちを見て反応する。

 王城で引き受けた依頼も、ギルドまで情報が回ってくるようで、俺のことを知ってるヤツも多いらしい。


 コミュ障にはきついんだよ、これ。

 だけど、今日の目的は一稼ぎすることだからな。俺は好奇の目を我慢して、ステンドグラスの下に設けられた受付に向かった。


「あらあら~。女神様と、有名人のご登場ね♪」


 そこにいたのは白を基調とした修道女の格好をした、おっとりとした口調の女性だ。

 冒険者ギルドは白の女神信者で運営されている、という設定だからな。

 彼女、王都支部ギルド長カトリーヌもそのひとりというわけだ。


「冒険者ギルドへようこそ♪ 今日は何のご用かしら~?」


 小柄ながらも泣きぼくろが大人びた雰囲気を放つカトリーヌは、NPC然としたお決まりの口調で訊ねてくる。


「【依頼契約】のリストならここで確認できるわよ~。手順の説明が欲しいかしら?」

「いや、いい。それより今日は、寄付をしに来た」

「あら。それはそれは♪ ではこちらをどうぞ~」


 俺が単刀直入に切り出すと、目の前に寄付金のウィンドウが展開する。


--------------------

【冒険者ギルド寄付額】

1口 500G

--------------------


「寄付ですか、ご主人様?」

「えええ? クライが!? い、いったいどういう風の吹き回しですか!!」


 後ろでポルテと女神があからさまに驚いたが、うるさいな。


「……別に、慈善活動の趣味はないさ」


 言っただろうが、俺は稼ぎに来たんだ。

 ちょっとした裏技を思いついて、な。


 だから俺はカトリーヌから5000Gで10口ぶんの寄付金を支払った。

 そう……最低10口が必要なんだよな。


「ありがとうございます、これでギルド運営もはかどりますわ♪ ……記念コインを受け取られますか~?」

「ああ」

「では、こちらへどうぞ♪」


 するとカトリーヌが受付ブースから出て、俺たちを奥の扉へと誘った。

 普段は鍵がかかっていて、けっして進めないその先に通される。


 ……やっぱり女神とポルテがついてきた。お前らは扉の外で待っててもいいんだがなあ。


「記念コイン、そういうのがあるのですね。ふふ、いいことですわクライ! こんな功徳を積むなんて、少しは改心し……あ、あら? ここは!」

「す、すごい人です!」


 地下まで下りて俺たちが辿り着いたのは、華やかな大空間だった。

 魔法の炎を宿したシャンデリアに照らされる中、多くの男女が一喜一憂に湧いていた。


 どれもやはり冒険者だが、その装備は充実している。レア度の高い武器や鎧があちこちで目立った。

 そんな彼らが興じているのは、修道女姿のギルドスタッフが提供する、ギャンブルの数々だった。

 スロットマシンもあれば、カードゲームのブースがいくつもある。奥にはすり鉢状の闘技場まであり、出場者に賭けた連中が一番の盛り上がりを見せていた。


「ご主人様! ここ、もしかしてカジノですか?」

「ええーーーっ!? か、賭け事をしているのですか? はっ、まさか……クライ!?」

「見ての通りだろ。俺が意味もなく、寄付なんかするか」


 簡潔に答えた俺に、カトリーヌが10枚のコインを手渡した。


「こちらが記念メダルになります。ごゆっくりお楽しみくださいね~♪」


 そう。5000G以上の寄付で、カジノで使えるコインをもらえるというわけだ。

 今の俺には10口払うのがやっとだが……これでいい。


 後は稼ぐだけだからな!


「どういうことなのです!? せっかく善行をしたと思ったら、なんてことですか! というかギルドのあなた! 純粋な寄付じゃなかったのですか?」

「あらあら、女神様♪ ここで落とされるお金も、世界を救う冒険者たちの支援に使われているんですよ~」

「う。そ、それは……そうかもしれませんけど。でも~~~!」

「うるさいな。ほら」


 カトリーヌから説明を受けても釈然としない女神に、俺はコインを分けてやった。


「文句は自分の食い扶持ぐらい稼いでから言え。4枚やる。無駄遣いするなよ」

「え、ええっ? ちょっと、クライ!? わたくし、賭け事なんてしたことは……!」

「面白そうです、ご主人様!」


 ポルテが目をきらきらさせていた。

 記憶のない彼女だが、こいつはNPCだからな。カジノのルールくらいすぐにわかるか。


「ポルテ。お前はシルヴィーナと一緒に、あそこのスロットで遊んでこい。それ以外のゲームはするな。絶対にな」

「はい、わかりましたです!」


 スロットマシンならコイン1枚で100ポイントに換算でき、しばらくはプレイできる。

 もっとも『エムブリヲ』では最も当たりの渋いゲームだから、儲けは出ないだろうがな。

 でもリスクは低い。コインを使い切れば終わりだから、負債を背負わされることはない。暇つぶしにはもってこいだ。


「ほ、本当にわたくしがするのですか? えええ?」

「行くですよ、女神様っ」


 ポルテが俺の命令に従って、女神をスロットマシンの方に連れて行く。


 これで集中できるな。

 ……ハイリスク・ハイリターンの賭けに、な。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます