■第5話 勇者マリア(3)


●3



「こちらです、姫様!」

「なんということであるか。本当に、勇者ではないか……!」


 このリアルな『エムブリヲ』でも、本当にリーダーであるマリアの側から離れられないのか。それを確認しようと俺は、1人でバルコニーから城の中に逃げようとした。


 だがそれを阻むように現れたのは、騎士アンジェリカに導かれるようにやって来た、衛兵たちに守られたこの国の姫君だ。


「やだ、メイデル姫じゃない! そうだよ、このお城にいたんだよねっ」


 ロールした長い金髪が煌びやかな姫を見て、マリアが駆け寄る。


 姫の側にいるアンジェリカも、衛兵の男たちも阻まない。マリアとメイデル姫はお互いに手を取り合った。


「余がウェスタ王国当主、メイデルである。勇者マリアよ、このようなときに現れてくれたことを心より感謝する」

「いえいえ、勇者のお仕事をしに来ただけだから~」


 ……やはりNPC{ノンプレイヤーキャラクター}である姫たちも、あっさりマリアを受け入れていた。


 無視して俺はこの場を離れようとしたが、バルコニーの出入り口の窓でアンジェリカが立ちはだかる。


「クライ! まさかキミが、あの勇者様と仲間だったなんて。もう、教えてくれればよかったのに」

「おい、邪魔だ。どけ」

「えっ、どうして?」


 アンジェリカはきょとんとして、まったく退く気配がない。


 しまった。やはりパーティに属していると、無理矢理離れることはできないのか。

 それでも強引に押しのければ……と思ったときだ。


「何か必要なものがあれば、何でも申しつけるがよい。この国を、民を守るためであれば余は、協力を惜しむつもりはない」

「やったね! じゃあ、いきなりお願いしてもいいかな? 転移用のアイテムがあったらもらえる? 面倒だからあそこまで、ぱっと行ってきたいんだけど」

「ふむ。……余が身につけている、王族に伝えられし『転移の宝珠{フライ・オーブ}』ならばあるが、これでよいであろうか? 短距離でしか使えぬ代物であるが」


 マリアと依頼契約を交わすことなく、姫が水滴の形をした虹色の宝石を取り出した。

 転移アイテムはかなり貴重だ。俺も思わず振り返る。


【転移の宝珠{フライ・オーブ}を入手した】


「あの戦場まで行ければ十分だよ。使わせてもらうね!」


 だが受け取るやいなやマリアが消費した。

 宝石がバルコニー中を虹色の光に染め上げる。


「きゃああっ!?」

「ポルテたちの体が……光ってるです?」


 しかもそれは女神にポルテ、俺やマリアの体を包み込んだ。


 さらに現れるのはいくつかの行き先リストだ。


------------------------------

【転移先】

・王城前

・冒険者ギルド

・武器屋

・スラム

------------------------------


「うん、この王都内ならどこでも行けそうね。えーっと、あそこは……」


 リストをマリアがスクロールすれば、ご丁寧に「▽」のサインが出現し、バルコニーから見下ろせる風景に重なった。


「ここね! 『北の城門』っと」

「おい、待て!」

「じゃあ行ってくるね。大活躍してくるよ!」


 俺が止める間もなくマリアが北の城門を選択し、俺たちは一瞬で転送された。



          ◇



 光が掻き消えたとき、俺は北の城門前の半円状の広場に降り立っていた。

 もちろんマリアと、女神にポルテも一緒だ。


 ここは戦場のど真ん中だった。


「……隊列、防御! 来るぞ!!」


 北の城門の前には百を超える冒険者どもと、盾を構える数十人の騎士たちが横一列に並んでいた。その中で指揮を執るのは、あの騎士隊長のゴルドラだ。

 彼らは転移してきた俺たちに気付くことなく、正面にある北の城門に集中している。


 ……塞がれた城門に今、重い破裂音を立てて、大きな亀裂が刻まれた。

 次の瞬間、木片と石材の破片が爆炎とともに飛んでくる!


 城門から100メートル以上離れていた俺たちは平気だったが、騎士たちより前に出ていた冒険者連中が、熱波と瓦礫の雨に巻き込まれた。


「ぎゃああああ、ぐごっ!」

「げふっ!」


 上がった悲鳴も押しつぶされ、城門の周りは血と肉の海と化した。

 さすがはリアル版『エムブリヲ』だ。相変わらずグロい。


「うっそ、マジで!? やだ、もー!」


 俺たちの近くに千切れた腕が一本落ちてきて、マリアが俺の後ろに隠れた。


「おい。お前が戦うために、俺たちまで巻き込んで戦場に飛び込んで来たんだぞ」

「わ、わかってるよ。でも……キモいよ、これー! こんなにリアルだったなんて……!」

「……なんてことですか、あああっ、クライ! すぐに治癒魔法を!」


 マリアと違い、駆け寄って汚れるのも構わず腕を抱え上げたのは女神だった。

 だがその手の中で、血の汚れと腕は消滅する。回復させるには手遅れだった。


「死んじゃった、ですか!?」


 ポルテが漏らしたとおりだ。


 強固な城門をついに破壊したのは、外から放たれた火炎魔法のせいだろう。

 降り注いだ瓦礫に巻き込まれた連中は、炎に巻かれて【163ダメージ】【152ダメージ】【159ダメージ】と追加ダメージをもらい、次々に絶命していく。


【剣士シックスが死亡しました】【狩人ルナが死亡しました】【賞金稼ぎチャウが死亡しました】【僧侶アビゲイルが死亡しました】


 彼らは倒れ、瓦礫の中で消滅する。この程度で死ぬとは低レベルな連中だ。


「そんな……今のわたくしには転生させる力がないのに。ごめんなさい……!」


 女神が地面に頽れ、ぽろぽろと涙した。

 だがいちいち悲しんでる場合じゃない。


『ブフォオオオオオオオオーーーーーーーーーーー!』


 虚ろな咆吼を上げて、破壊された城門をさらに崩して巨大な魔物が現れた。

 全身から蒸気を放ち、地響きを立てて外の堀を一またぎするそいつは、黒鉄の体を持つ巨人だ。


【アイアンゴーレムが王都に侵入した!】


 赤い警告表示が出る。


「……中ボスの登場か」


 重すぎて四つん這いの体勢になっているが、身の丈は20メートルほどもあるだろう。

 幼児のように頭がでかく、赤い炎を宿す目の空洞が不気味で、息を呑まされた。


 ついに、緊急バトルミッションは第2段階に入った。

 戦場は街の中に移り、このボス格を倒すことが勝利条件となるのだ。


 しかし、でかいな。


「ちょっと、大きすぎるでしょ、これーー!」


 マリアの感想には同感だ。ゲーム内のイラストだと、ここまで巨大な印象はないが。


------------------------------

【アイアンゴーレム(マスター)】LV130

HP:20450/22000

MP:????/????

------------------------------


「そうか、こいつ『マスター』クラスか」


 ゴーレムの頭上に現れた簡易ステータスを見て、俺は納得する。


「ご主人様! まだ、外にいるですよ!」


 ポルテが破壊された城門の向こうに、別のアイアンゴーレムの姿を見つけた。

 それも1体や2体じゃない。外で戦う冒険者どもを蹴散らして、侵入を果たした「マスター」に続こうとしている。


 要はこのマスターゴーレムこそが、他のゴーレムを率いているリーダーなのだ。


「わかりますわ……邪悪な気配が! この特別な1体から、他のゴーレムたちに強大な魔力が供給されていますわ!」


 女神が涙を拭い、ゴーレムどもを睨み付けた。


「先頭の1体を倒せばきっと、他のゴーレムも停止するのですね?」

「クライ殿!? 女神様に、それと……そこにいるのは勇者殿か!」


 被害の少なかった騎士たちの隊列を下がらせながら、ゴルドラが俺たちに気付いた。


「この窮地に、心強いぞ! 頼む、手を貸してくれ! 他の魔物どもは冒険者たちの手を借りて駆逐したが、残ったゴーレムどもが倒せないのだ。通常攻撃が通らぬ!」


 確かにゴルドラの言うとおり、爆炎を逃れた冒険者たちが攻撃を始めるが、マスターゴーレムのHPを削れない。剣も矢もその表面で弾かれていた。


 ゴーレムはそもそも魔法で動く代物だ。格下のウッドゴーレムやストーンゴーレムならともかく、このクラスになると魔法系の攻撃しか通じないのだ。

 しかもその口が大きく開けば、目がいっそう鮮やかに燃えた。


 空気を吸い込み、体内で火球を育て始めたのだ。発動にはしばらく時間がかかるが、また強烈な爆炎を吐くつもりだろう。

 威力は高いが、動きは止まっている。正面から逃げれば直撃することはないが……。


「い、いけません! またあの炎が撒き散らされたら……今度は、街が!」


 マスターゴーレムの頭が向いた先を見て、女神が青ざめた。

 ちょうど大きな通りが延びており、きっと炎は真っ直ぐ焼き尽くしていくだろう。


「王都を守れえっ!!」


 それを阻もうとゴルドラが、騎士たちとともにマスターゴーレムの正面に移動した。

 1枚で人1人を覆える盾を騎士たちが重ね、壁と成す。


 残っていた冒険者たちは、この隙に逃げ出した。勝てないと悟ったのだ。


 代わりに前に出たのは、背中から大剣を引き抜いた勇者マリアだった。


「とにかく、あれを退治すればいいんでしょ。ふー、さて……これ、使えるよね?」

「やるですか、勇者様? ……わ、わっ」


 ハンマーを構えていたポルテの隣に立ち、同じように構えた大剣の刃が、いきなり白く発光した。

 魔法剣「光の牙」だ。


 その名の通り光の刀身を持つ、魔法で強化されたレア装備だった。


「うん、いける。体が軽いよ!」


 その大剣を片手で振るい、マリアがとんっと身軽に跳ねた。

 ここはリアルじゃない。『エムブリヲ』の中だ。そして白魔道士{ヒーラー}の俺とは違い、勇者はきっと身体能力に長ける職種{ジョブ}だろう。


 次の瞬間地を蹴って、弾丸のごとくマリアが疾駆した。


「たあーーーーーーーーーーっ!!」

『ブフォオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!』


 走り込んだ彼女は勢いのまま、四つん這いになったゴーレムの前足を斬りつける。

 今まで攻撃の通らなかった黒鉄の皮膚が滑らかに切断され、マスターゴーレムが傾いた。地面に大きな顎をぶつけ、溜めた炎を噛み潰す。


【4944ダメージ】【スキルキャンセル発動!】


 痛烈なダメージに、ゴーレムは爆炎を吐き損ねたようだ。全身から蒸気を漏らして憤怒する。


 そのときにはまた、マリアの光の刃が翻った。


「あっは。これ、楽しーーー! さっすが勇者だよ!」


 勇者マリアの強さは圧倒的だった。

 残ったゴーレムの手足を次々切断する。


【4831ダメージ】【4920ダメージ】【4907ダメージ】


------------------------------

【アイアンゴーレム(マスター)】LV130

HP:848/22000

MP:????/????

------------------------------


 瞬く間にマスターゴーレムのHPが一割を切り、瀕死の赤に染まった。

 まともに身動きも取れず、後はマリアがトドメを刺すだけだ。


「ひゅー。やったね、アタシっ」


 悠々と大剣を掲げて、勇者マリアが勝ち誇った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます