いつか、あなたと手をつないで ~脱落令嬢と貧乏領主の前途多難な結婚生活~

作者 綾束 乙

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全45話

更新

  1. 1 脱落令嬢と美貌の来訪者
  2. 2 ご冗談が、お上手ですのね
  3. 3 噂の真実は令嬢の手に
  4. 4 不良物件だなんて、詐欺すぎる!
  5. 5 新たな門出を迎える二人に、祝福を
  6. 6 毒薬は、耳から忍び込む
  7. 7 新郎は、初夜に酔う
  8. 8 初めて迎える夜の……。
  9. 9 それは、明かさぬはずの秘密
  10. 10 夕べの記憶を、たぐり寄せ
  11. 11 従者とともに覚めない夢を?
  12. 12 春の女神の祝福を
  13. 13 花は、どこで咲こうと美しいのなら
  14. 14 祝福のくちづけを、あなたに
  15. 15 妻の侍女の心配事
  16. 16 心に押し寄せる感情は――。
  17. 17 眠る貴女の手にふれて
  18. 18 夢うつつに紡ぐ名は――。
  19. 19 真意は心に隠したまま
  20. 20 これほど喜ばしいことはありません
  21. 21 どれほどの幸運か、知っている
  22. 22 新妻への贈り物
  23. 23 激情に突き動かされるままに
  24. 24 それは、あまりに思いがけなく
  25. 25 これは悪魔の食べ物ですか?
  26. 26 指先が、融けそうに熱い
  27. 27 何があろうと、わたしが守ります
  28. 28 襲われた荷車で
  29. 29 秀麗な面輪が、不意に近づく
  30. 30 あなたと、手を。
  31. 31 貴女と二人で、出かけたら
  32. 32 知っているのは、わたし一人でよい
  33. 33 妻と従者の二人の秘密
  34. 34 わたくしの呼び名を、ご存知ですか?
  35. 35 得たものは、この手の傷と――
  36. 36 思い違いをしていたと、自惚れてもいいですか?
  37. 37 裁かれるべきは
  38. 38 すべては、彼女がいるせいで
  39. 39 不器用で、愛しい人
  40. 40 どうか、ご武運を
  41. 41 わたくしの自惚れでしたら、笑い飛ばしてください
  42. 42 傷だらけの手をかざし
  43. 43 未来の夫となるのだから
  44. 44 たった一人をめがけて、駆ける
  45. 終章 あなたと、この手をつないだら――。