悪評を気にせず自分らしく生きることをモットーにしていたら、何故か隣国の大公に溺愛されています

作者 咲宮