すしプロ:涙と慰めで交わす最初の握手。

作者 千石杏香

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全57話

更新

  1. プロローグ 咲き誇る桜の中で
  2. 一緒にお花見記念――ですね!
  3. 巻頭引用・キャラクターイメージ
  4. 第一章 一年ぶりの「はじめまして」
  5. Ⅰ 君、日本に行くんだって?
  6. Ⅱ あんたなんか、もう二度と会いたくないわ。
  7. Ⅲ きっとリアルでも友達になれるよ。
  8. 【幕間】中学時代Ⅰ
  9. Ⅳ よりによって、このタイミングで。
  10. Ⅴ チョウム・ベプゲッスムニダ。
  11. Ⅵ-Ⅰ まるで『桜の露』ですね。
  12. Ⅵ-Ⅱ あの――大丈夫ですか?
  13. Ⅶ また逢いましょう。
  14. Ⅷ いっしょに、おさけ、のむか?
  15. Ⅹ このまま野宿でもする気かよ!
  16. Ⅺ 多分、これからもちゃんと仲良くやっていけると思う。
  17. Ⅺ 本当に、ネットっていうものは厄介ね。
  18. 第二章 波涛と月
  19. Ⅰ この口調のことあるか?
  20. Ⅱ よろしければ、また会いませんか?
  21. Ⅲ いいじゃねえか。俺とお前との仲だ。
  22. 【幕間】中学時代Ⅱ
  23. Ⅳ それは――韓国にはない考え方ですね。
  24. Ⅴ 私もとても気になっているんです。
  25. Ⅵ 友達と何かあったのかい?
  26. Ⅶ 退却することも鬪いです。
  27. 【幕間】中学時代Ⅲ
  28. Ⅷ 怒りは麻薬だからね。
  29. Ⅸ 恋だったんだ――って、そう信じたいな。
  30. 第三章 春の終わり
  31. Ⅰ‐Ⅰ 熾子さんを元気にするのは私なんですよ。
  32. Ⅰ-Ⅱ 男の子だなんて――言いましたっけ、私?
  33. Ⅱ それは少し違うんじゃないかな――って思って。
  34. 【幕間】中学時代Ⅳ
  35. Ⅲ そこまで思いつめる必要はないあるね。
  36. Ⅳ 端的に言えば、そういうことだ。
  37. Ⅴ 何やら浮かない顔をしているね?
  38. Ⅵ 多分、俺だけじゃないんだろうな。
  39. 【幕間】中学時代Ⅴ
  40. Ⅶ よし――分かった。
  41. 第四章 日韓断交デモ襲撃事件
  42. Ⅰ そりゃ、君、あれじゃないかな――
  43. Ⅱ そろそろ出撃の時間だな。
  44. Ⅰ‐Ⅱ 玉子さんを探そうとは思わないんですか?
  45. Ⅲ デモが始まる時刻となりました!
  46. Ⅳ 上っ面だけの卑猥な友好
  47. Ⅴ いや、そんな、まさか。
  48. Ⅵ よし、発射しろ!
  49. Ⅴ‐Ⅱ ――司。
  50. Ⅶ 玉子!
  51. Ⅷ おいお前! 一体何してんだよ!?
  52. Ⅸ このまんまじゃ、逃げられそうにない。
  53. Ⅵ‐Ⅱ これこそ罰なのだ!
  54. Ⅸ‐Ⅱ それなのに――何で――。
  55. Ⅹ お前は別の国の人間だったんだな。
  56. Ⅺ 貴様! 何をする!?
  57. Ⅻ ねえなんてこたねえよ。
  58. ⅩⅢ 生まれて初めて見た。
  59. エピローグ 暁の凪
  60. 巻末引用
  61. ――あの莫迦。
  62. あとがき、引用・参考文献
  63. あとがき:この小説が誕生した変わった経緯。
  64. 引用・参考文献