第38話 俺に会えなくて寂しかったか?

「誰だと思ってるわけ?」


 ユリウスは更に不機嫌に私を見下ろす。

 私は手を伸ばして彼の腕に触れる。触れるまで、自分が震えているということに気付かなかった。私の手は彼の腕を掴み、彼はそれをただ一瞥する。


「お前を探すのに、どれだけ苦労したか」

 ユリウスは憮然とした表情で、私に腕を掴まれたままそう言った。

「あの大司教は強情で言わねぇし」

 ユリウスは思いっきり顔をしかめた。

「拷問にかけろ、ってウィリアムに命じたら、『いやぁ、これでも僕、教会騎士なんで、それはちょっと』って言うし……」

 あの大司教様。ちゃんと私のお願いを聞いてくれたんだ。その結果、拷問にかけられる寸前だったとは……。ごめんなさい。大司教様。

「おじい様は隠そうとするし。お前の家族に聞いても、『妹の居場所をこっちが知りたいぐらいだ』と泣きつくし」

 ユリウスは、ふん、と鼻で息を抜く。

「結局、ウィリアムと二人でなんとか探して2年も経ったよ」

 やっぱり、あの私を探しているという騎士はウィリアムだったのか。

 ぼんやりそんなことを考えていると、ユリウスは私が掴んだ腕を取って、部屋の中に入る。


「まぁ、座れよ」

 貴方の家じゃないでしょ。そう苦笑しながらも、私はユリウスに促されるままにソファに腰掛けた。ユリウスも隣りに座る。

「なんで俺から逃げてるわけ?」

 ユリウスは私の顔を覗き込むようにして尋ねる。

「……だって」

 口ごもる私に、ユリウスは意地悪く笑った。

「どうせ、妙な気でも遣ったんだろ。俺が王位を継いだし、とかなんとか」

 そう言われ、私は口唇を噛んで俯く。ユリウスがしばらく私を見ている気配があったけれど、私は自分からは何も言わなかった。ユリウスは小さくため息をつき、言葉を続ける。

「俺が王だから逃げてました、っていうんなら、もうその原因は解消したから」

 ユリウスの言葉に、私は顔を上げる。驚いた私を見て、可笑しそうに笑った。


「あと1ヶ月程度で、王権は完全にエドワードに移行する」

「はぁ!?」

 声を上げる私に、ユリウスは背もたれに上半身を預け、足を組む。

「もともとそういう約束だったんだ。ある程度落ち着いたら、エドワードに王位を譲るって。おじい様も死んだしな」

「亡くなられたんですか」

「半年前にね」

 ユリウスは肩を小さく竦めた。もう、彼の中では整理がついたような表情だった。

「俺が進めた施策については、引き続き進める、っていう約束で王位を譲っている。まぁ。それを守らなければ、また反乱軍を率いるだけなんだけど」

 ユリウスは人の悪い笑みを浮かべる。

「キスマークが消えて大分経つけど。俺以外の男に乗り換えて無くてよかった」

 私は絶句してユリウスを見上げた。彼にとっては、まだ有効な話だったのだろうか。

 私は彼のもので良いのだろうか。

 こんなに、幸せな結末でいいのだろうか。


「アレクシアに会ったら、絶対言ってやろうと思ってたことがあってな」

 ユリウスは不意にそんなことを言い出した。

「私に?」

 私は尋ね返す。ユリウスは瞳に複雑そうな色を滲ませて私を見た。


「俺、お前と別れて戦場に行ったじゃないか」

 あの晩のことだ。

「あの後、王都で宣言を出したけど、すぐに敗走して……。っていうか、ほとんどずっと敗走なんだけど」

 ユリウスはつまらなそうに、顎を掻いた。

「秋口に、潜伏先をまた襲われてさ。山間の渓谷で野宿してるところを急襲されて、崖から川に飛び込んで逃げたんだよ」

 ユリウスはその時のことを思い出したのか、面白くなさそうに顔をしかめた。

「寒いし、急流だし、ウィリアムからはぐれるしで、散々でさ。あ、これ俺死ぬな、って思ったんだよ。もうダメだ、って」

 ユリウスはふん、と鼻で息を抜いた。


「その時、『ああ、やっぱりここで死ぬんなら、あの時アレクシア抱いとくんだった』って思って」

 ユリウスはそこで、私を睨みつけた。

「思った瞬間、ものすごく腹立ってさ。あいつ、あの時、気を利かせろよって」

 いや……。この男、何言ってんの。

「もう、これは絶対生きて帰って、あいつを抱いてやる、って思ってさ。必死で川を渡ったんだよ」

 それ、私に聞かせて、どうしろと。

「結果、こうやって生きてるわけだから、そのことについては感謝している」

 ……どのこと。なに。ちょっと分かりにくいんですけど。

「王位に就いたら就いたで、結構女が寄ってくるんだよ。寄ってくるんだけど、なんかこう。誰に対しても食指が伸びなくてさ」

 はぁ。

「俺、病気かなって真剣に悩んだ」

 ふぅうん。

「結局、いろんなことを妄想するのも想像するのも、相手はお前でさ。これはあれだ、もうアレクシアに会うしかない、って」

 ……素敵な再会、という話ではなくなってきた。目の前の男が、欲の塊にしか見えないんですけど。


「お前は俺に会えなくて寂しかったか?」

 私の顔を覗き込むようにしてユリウスは尋ねる。私は噴出した。なんだかんだで、聞きたいのはそのことか。

「寂しかったですよ」

 数年前にいえなかった言葉を、今ユリウスに伝える。ユリウスは満足そうに笑った。昔のままのあの、傲岸そうな笑みだ。私もつい頬が緩む。

「だろうと思った」

 そう言われる。

「相変わらずな性格ですねぇ」

 私は笑いながらユリウスに伝えた。ユリウスは組んだ足の上に頬杖をつき、私の顔を覗きこんでくる。

「俺のことで妄想した?」

「ばっ……」

 馬鹿じゃないのっ。そう言おうとした口を、ユリウスの口唇でふさがれる。

 絶句した私から唇を離すと、にやにや笑いながら尋ねる。

「俺はめちゃくちゃ妄想した。アレクシアは?」

「してないっ」

 顔を真っ赤にして反射的に返事すると、ユリウスは不満そうに顔を歪めた。

「なにそれ。俺だけかよ」

 そんなこと、知るもんか。

「じゃあ、今晩で俺のことを忘れなくさせてやるからな」

 何宣言!?

 ユリウスはそのまま私にのしかかってきて、私はソファに押し倒される。

「ちょ、ちょっと待った!」

 私は扉の方を見る。

「扉! 開いたままっ」

 そう叫び、そういえばこの男、どこから入って来たんだ、と今さらながらにユリウスを見上げた。


 この館には、伯爵夫妻とお嬢様がた。それから数人の使用人がいたはずだ。

 戸惑う私を見おろし、ユリウスはしれっと答えた。

「大丈夫。今、この家は誰も居ないから」

 はぁ!?

「王になって初めての散財。サザーランド伯爵からこの家買ってやった」

「はぁ!?」

 思わず声が出る。ユリウスは私を見て愉快そうに笑った。

「お前がここに来てるって言うから、サザーランド伯爵を呼び出して説明したんだ」

 ユリウスは、晴天のような瞳を細める。


「ハンナ・ヨハンセンという偽名を使った娘は、俺のものだ。悪いが、お嬢さんがたの家庭教師は他の誰かをあたってくれ、って」

「……伯爵はなんて?」

 茫然と尋ねると、ユリウスは喉の奥でくつくつと笑い声をたてた。

「そしたら、あの夫婦良いやつだな。久しぶりの再会でしょうから、この屋敷をお使いください、って」

 伯爵ぅぅぅ。

「お前が伯爵夫婦と明日の予定を話し合っている間に、ウィリアムが姉妹のところに行ってさ。今日は、王様が来るから、別のお屋敷に泊まりますよ、って。だけど、一度大騒ぎして先生を呼んじゃおうか、ってけしかけて」

「ウィリアムが、あの姉妹のところに行ったんですね!?」

 まさかと思うけど、ウィリアム。私の大事なお嬢さんがたに手を出してないでしょうね!?

「で。お前が姉妹を寝かしつけてる間に、先ず伯爵夫婦が別宅に移動して、今はウィリアムが姉妹を連れて別宅に移動してる最中」

 あの伯爵夫婦が、今頃面白がっている顔が目に浮かぶ。『なるほど、大司教がおっしゃる『ワケあり』とは、こういうことか』と。


「だから、この家にはお前と俺しか今いない。扉が開いていようが、ソファで何しようが、俺の勝手だ」

 ユリウスは人の悪い笑みを浮かべた。


「お前はこれからもずっと、俺のものだ」

 ユリウスが口唇を重ねる。私は彼の腰に腕を回した。

 そうかもしれない。

 それでいいのかもしれない。

 色々考えて逃げ回っていたけれど。

 ユリウスの側にいる、という選択をし、それにすべてを賭けてもいいのかもしれない。

「一緒にルクトニアに帰ろう」

 私の首筋に顔を埋めてユリウスが言う。私は大きく頷いた。


 結局、その晩。

 ユリウスは小憎らしい言葉を言うくせに、私の肌にさわる口唇も腕も繊細で。意地悪なくせに、まるで壊れ物をあつかうように、私にふれた。

『俺のことを忘れられなくさせてやる』

 ユリウスはそう言ったけれど。

 彼の指も腕も声も。

 私にとっては、あのダンスを踊った日から、忘れられない。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます