第2章

第6話 ぶさいくな女どもを蹴散らしてくれる

                 ◆◆◆◆◆◆◆


「ジュリア姫?」


 私はドアをノックする。

 ドアに耳を寄せ、室内の音に集中するが、返事も物音も聞こえない。

 私は隣のウィリアムを見上げる。ウィリアムも困ったように肩を竦めるばかりだ。

 この部屋にいない、ということはないのだろうけど……。


「まさか、逃げ出した、ってことはないよね」

 ウィリアムはくすり、と可笑しそうに笑う。

 おいおい。笑い事じゃないわよ。

 私は溜息をつくと、周囲を見回した。

 特に私たち以外の人影は廊下には無かった。

 私は小声だが、しっかりとした発音で扉の方に向かって声をかける。


「ジュリア? いるんでしょう。準備は出来ていますか?」

「うるさいっ」

 返事は早かった。

 いるんじゃない。

 私は顔を上げてウィリアムを見る。ウィリアムは小さく噴出したようだ。

 私はドアノブに手をかけ、大きく内側に向かって押す。

 チョコレートの板を貼り付けたようなドアは、なんの抵抗も無く開いた。


「ジュリア」

 私は大きく溜息をつく。

 部屋の中には、布張りの長椅子に寝そべるジュリアの姿があった。

 私とウィリアムは素早く室内に入り、後ろ手にドアを閉める。とてもじゃないけど、外部の人に見せられた姿じゃない。


「もう、パーティーは始まってますよ。みんながジュリアを待っているんです」

 私は焦りながら声をかける。

 長椅子に寝そべるジュリアは、頭さえ起こそうとしない。

 桃色のハイネックのドレスを着て、髪も折角結い上げているのに、気にもしない様子でクッションに押し付けている。

「行かない」

 ジュリアは天井を見上げたまま、ぶらぶらと足を揺すっている。

 私の頭の中で、「かちん」と硬質的な音がする。

「行かないなんて、選択肢はありませんっ」

 気付けば怒鳴っていた。

「ジュリアが参加したい、というから、我々はここにいるんですよっ」

「うるさいっ」

 がばり、とジュリアは上半身を起こす。

 ほっとしたことに。

 あれだけ時間をかけて結い上げた髪形に崩れはなかった。


「俺に指図するなっ」

 私を睨みつけるその瞳に、私はひるまない。

 というか、ここ数ヶ月で、コレぐらいには慣れた。「怒鳴る」「凄む」にひるんでいたら、この人の付き人にはなれない。

「指図されたくなかったら、ちゃんとしなさいっ」

 私が怒鳴り返すと、ジュリアは一瞬口を開いたが、結局言葉が見つからず、私に向かってクッションを投げる。

 私は間一髪でクッションを避けると、一歩ジュリアの方に歩み寄る。

 腰に手をあてて、座ったままのジュリアを見下ろして私は言った。

「早く大広間に行かないと、みんなが不審に思いますよ」

「アレクシアのばかっ」

 ジュリアはそう怒鳴ってそっぽを向く。子供か。私は呆れて彼女を見下ろした。

「ジュリアがこの舞踏会に参加する、って言いだしたんでしょう」

「大事なお役目があるんじゃなかったですか?」

 ウィリアムが優しくジュリアに尋ねている。

 ないわー。

 私にはこんな優しさないわ。

 だけど、ウィリアムの「優しさアピール」は効を奏しているらしい。ちらり、とジュリアがウィリアムに視線を向ける。ウィリアムはにっこりとほほ笑んだ。


「サンダース公爵夫人には、ジュリアが体調不良でしばらく部屋で休んでいる、と説明していますが、流石にこれ以上遅くなるのはいけません」

 ウィリアムが相変わらず頬に微笑を滲ませてジュリアに言った。

「さぁ。早速会場に向かいましょう」

 ジュリアはそんなウィリアムの顔を見ていた。

てっきり、その指示に従うのかとおもいきや。

急に目を細めて、じっとりとウィリアムを睨む。ぼそりと呟くように言った。


「パーティーにはお前のお気に入りのアンやミランダが来てるんだろう」

「来て……、ますね」

 ウィリアムは相変わらず表情は変えない。表面上は穏やかに微笑んだままだ。

 ウィリアムを間近で見続けて気づいた事。

 それは。

 かなりの女ったらし、ということだ。

 騎士という立場や、甘いマスクで社交界の女性にはかなりモテるらしい。とっかえひっかえ、とまでは言わないが、かなり浮名を流しているようだ。

 ジュリアだけではなく、私もウィリアムを湿気に満ちた瞳で見てしまう。

 なんだ。ジュリアを急かして会場に行きたいのは、自分にも目的があるからか。


「結局、お前がパーティー会場に行きたいのは、お前の女たちに会いたいからだろう」

「何をおっしゃるやら」

 ウィリアムは小さく肩を竦める。


「アンもミランダも。……いえ、パーティー会場の女性の誰もが、ジュリアの前では霞みますよ」

 私はウィリアムの言葉に目を丸くする。そんな私に気付かないのか、それとも無視しているのか、ウィリアムはにこにこしながら言葉を続ける。

「アンもミランダも、僕の前では、常に『2番』です。一番はジュリアだ。僕が早くパーティー会場に行きたいのは、そこに参加するすべての男たちの視線を貴方が奪う様を見たいからです」


 なぁにを、言ってんだ、この男は。

 私は呆れたようにウィリアムを見上げる。

 だけど、ジュリアは違ったようだ。

 青い目の奥がきらり、と輝く。

 おもむろに立ち上がると、


「よく言った、ウィリアム」

 と、満足そうに背筋を伸ばした。


「それはそうだ。俺が一番だ」


 すっくと背筋を伸ばして立ち上がると、すらりとした肢体にまとった桃色のドレスと相まって、いつも以上に可憐に見える。


「俺の容姿の前では、どんな女も霞んでみえる」

 その自信がすごい。

 さっきまで、「行きたくない」だの「来なけりゃよかった」だの、「なんで俺は生まれた時から女装させられてんだ」と愚痴愚痴愚痴愚痴言っていた人とは別人に見える。

「全くその通りです」

 ウィリアムは恭しく頭を下げる。その視線をちらりと上げ、私に向かって小さくウインクして見せた。

 すばらしい操縦術だ。

 私は内心で苦笑する。


「では、パーティーを乗っ取りに行くぞ。ぶさいくな女どもを蹴散らしてくれるっ」


 ジュリアはウィリアムが差し出した腕に手を伸ばす。

「アレクシア、着いて来いっ」

 はいはい。

 私は小さく返事をし、慌ててその背後についた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます