第28話 お前は、俺が他の女と一緒に居ても平気なのか

「おじい様の思い通りになんてもうならない」

 どこか不貞腐れたように言うジュリアは、ちらりと私を見た。

「ですが、ロゼッタ卿のおっしゃることも正しいのでは?」

 私は恐る恐る口にする。多分、怒るだろうな、と思いつつそう言うと、想像通り怒り狂った。

「どこがだよっ。何がだよっ。女になれだの男になれだの、気まぐれで言いやがってっ」

 ジュリアは立ち上がって私を見下ろして怒鳴る。同時に近くに雷がまた落ち、私は首をすくめた。


「ジュリアにしかできないことがある、ということです」

 立って私を見下ろすジュリアを、私は見上げる。

「ジョージ王の遺児として、この国でできることをするべきじゃないか、とは私も思います」

「できること?」

 ジュリアは鼻で嗤った。

「国を乗っ取る事か? 馬鹿馬鹿しい」

「乗っ取るのではなく、立て直すのでしょう?」

「エドワードやあのクソじじいの理想の国にな」

 苛立ち紛れに言葉を吐き出すジュリアを見上げたまま、私は言葉を続ける。


「私はまだ王都や周辺領の変化を知りません。ジュリアもご存じないのでは?」

 ジュリアは口を開け、そして閉じる。

「姉のエマも言っていました。王は散財し、王都は疲弊している、と。おまけに王都を作りかえる噂まで出ていて、皆不安なのだ、と」

 私の言葉を、ジュリアは口唇を噛んで、ただ聞いていた。

「ひょっとしたら、ロゼッタ卿やエドワード王子の言っていることが正しいのかもしれない。それを確認してから、家を出る決意をしてもいいのではないですか?」

 ジュリアは無言で私を見下ろしている。その瞳から私は目をそらさない。


「私の父がよく言っていました。逃げたものには必ず追われる、って。だから一歩もひいてはいけない、と。問題はその場でその都度片付けるほうが効率的だ、って」

「……お前のお父上の至言は、ありがたくお受けしよう」

 ジュリアはそっぽを向いてそう言う。その姿は全然、ありがたく思っていない。

 頑固と言うか、聞き訳が無いというか。

 私は、口から零れ出そうな溜息をなんとか飲み下した。


「お前を初めて見た時にさ」

 ジュリアは両腰に手をあてて、不意にそんなことを言いだした。

「あの、東屋ですか?」

「そう」

 ジュリアは私の方を見ずに頷く。

「俺の領は海港があるから、外国との交渉が多いんだ」

「存じてます」

「美術品も入って来るんだけれど。その中に宗教画があってさ」

 ジュリアの言う宗教画とは、この国の絵画法とは違い、遠近法や陰影を多用した、いわゆる『写真画』と呼ばれるものだろう。


「すごい好きな絵があって。その天使の画に、お前が似ててさ」

「……私?」

 私は眉をしかめて思わず聞き返す。ジュリアは改めてそうだ、とは言わなかったけれど、確かに異国の画であれば、私とどこか共通点があってもおかしくはない。

 思い返してみると、確かにジュリアは私を見た時、ものすごく驚いた顔をしていた。


「綺麗な娘だな、って思ったんだ」


 いきなりそう言われ、頭の中が真っ白になる。

「お前はなんとも思わないのか?」

 ぼそり、とそっぽを向いたまま尋ねられて、私は意識を慌てて引き戻す。

「何が、ですか」

 真っ赤になった顔をごまかすように、私はわざとぶっきらぼうに尋ねた。ごろごろ、と遠くで雷が鳴っている。どうやら雷はこの辺りから移動し始めているようだ。


「俺がおじい様の言うとおり、さっきの肖像画の気に喰わねぇ不っ細工の誰かを妻にして、その他大勢を妾にして……」

 ジュリアはぐっと唇を噛んで、顔をこちらに向けた。


「それでも、お前はなんとも思わないのか」

 ジュリアの言葉に、今度は私が言葉を飲む。

 ジュリアが、あの肖像画の誰かを妻にする。

 ジュリア自身がそう口にしただけで、心臓が締め上げられたように苦しくなる。


「だけど」

 私は喉のつかえを吐き出すように、声を絞り出す。

『その娘はダメだ、ユリウス』

 ロゼッタ卿の言葉が胸を刺す。

 私では無理だ。私にはその価値がない。

 私には、ジュリアの隣に立つ資格がない。

 私はジュリアから視線をそらす。土間を見つめ、次の言葉が見つからない。


「俺は」

 ジュリアが言う。私は顔が上げられない。

 ロゼッタ卿の言うとおり、国を立て直してはどうだ、と言う私は、だけど一方で、ロゼッタ卿の勧める結婚話は受けるな、と言えるのか。

 私自身が、すでに矛盾の固まりだ。


「俺は」

 焦れたようにジュリアが言い、私の両肩を掴んだ。びっくりして顔を上げると、ジュリアの真剣な双眸にぶつかった。


「アレクシアが、王子と踊りたいっていうから、叶えてやろうと思って……。エドワードと踊れるようにセッティングした」

 あの日の舞踏会のことだ。

「だけど」

 ジュリアは腰を折り、私の顔を覗き込む。私は目を逸らせない。


「お前とエドワードが踊ってるのを観て、いらいらした。お前に触れるエドワードを殺してやりたいって思った。お前は……」

 ジュリアは私の顔をまっすぐに見て尋ねる。


「お前は、俺が他の女と一緒に居ても平気なのか」

 そんなもの。

「平気じゃない」

 言った途端、目から涙がぽろりと零れ落ちた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます