第5章

第35話 王様の逗留

                ◆◆◆◆◆◆◆◆


 廊下を歩いている時から、お嬢さんたちのはしゃいだ声が部屋から漏れ出していた。

 珍しい。いつもはどちらかというと大人しい部類のお嬢さんたちなのに。

「ほら、お嬢様方。そろそろ寝ないと明日の舞踏会に差し障りますよ」

 私は扉をノックすると、返事も待たずに扉を開ける。

 案の定、まだ部屋の灯りも落とさず、私が家庭教師をしている二人の姉妹はベッドの上で上気した顔を私に向けている。やはり、明日の舞踏会が気になっているのだろうか。


「先生っ」

 姉のシャーロットのほうが私の顔を見て、駈け寄ってくると、ぼすり、と体当たりのような抱擁をしてくる。まだまだ眠るには時間がかかりそうなきらきらした瞳で、私を見上げて話しかけてきた。

「この近くに王様が来てるんですって」

 彼女とは出会って4年が経つが、随分と大人っぽくなったと思う。

 家庭教師として雇われたときは、少し病弱なお嬢さんだったけれど、今では頬も健康的な桃色をしているし、ふわふわとウェーブのかかった金色の髪も綿菓子のようだ。


「お姉さまずるいっ」

 すぐに妹のアリスがもぞもぞとベッドから降りると、ぱたぱたと駆け寄って負けじと私の腰に抱きついた。

 うーん。可愛いけど重い。こちらのお嬢さんはまだまだ『子ども』が抜け切れない。ぱっちりとした栗色の瞳にとても愛嬌があった。


「王様って、どこの王様ですか?」

 私は二人に抱きつかれたまま、金の髪を撫でてやる。アリスが怒るから、右手でシャーロットを。左手でアリスを撫でることにしている。

「王様って言ったら、ユリウス王よぅ」

 シャーロットが口を尖らせて私に言う。なんだ。現実的な王のほうね。私は苦笑する。

 なにしろ、夢見がちなこの姉妹はすぐに空想の世界に遊んで、「かえるの王」だの、「水の王」だの言い出したりするから、今回もソレ系だと思っていた。


「王様がね。近くにご逗留なさるんだって」

 随分と難しい言葉をアリスが言う。「まぁ。そうですか」。私はおどけたように目を見開いて見せると、二人の可愛い生徒を室内に押し込めた。

 本当に、ユリウスがこの近くまで来ているのだろうか。内心で眉をひそめながら。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます