第16話 隠し扉、ですね

「ジュリアが一番でした」


 繰り返す私に、ジュリアは鼻歌を歌いながら歩き始める。

「お前、あの後いろんな男にダンスを申し込まれてたじゃないか」

「あの後、ポルカだのメヌエットだのが始まっちゃったので、踊れない、って断ったんですよ」

「もったいない。将来の結婚相手がいたかもしれないぞ」

「エマも言ってました。『だぁから、ダンスをちゃんと練習しなさい、って言ったでしょ』」

 私がエマの口調を真似てそう言うと、ジュリアは声を上げて笑う。

 こんな、何気ないことがやけに嬉しくて楽しい。


「あの正面の階段らしい」

 しばらく歩くと、大きなホールに出る。

 私はジュリアがカンテラを掲げる先を目を凝らしてみた。なるほど。大きな階段だ。二十数段ある絨毯の敷き詰められた階段を上がると、左右に分かれて伸びている。

 私は振り返り、闇の中を見た。

 ぼんやりと見えるのは、館の正面扉のようだ。

 どうやら、エントランス付近まで来たらしい。屋外のようなねっとりとした闇ではなく、薄いベールのような闇越しに、正面扉に張ってあるステンドグラスがきらりと光って見えた。


「あの階段を上がった踊り場に男の姿が現れて、すっと消えるらしい」

 ジュリアはわくわくした口調で言うと、私の手を握った。

「行こうぜ」

 温かいその手で急に掴まれてびっくりするけれど、ジュリアはなんの意図もないらしい。愚図愚図と周囲を見ている私に焦れたようだ。子どものように私の手を引いて階段を登り始めた。

 カンテラが揺れ、階段の踊り場付近をぼんやりと照らす。

 踊り場には、どうやら大きな一枚物の風景画が飾られている。狩りの一場面を描いているようだ。数人の男たちが騎乗で弓を引き、絵画左側に描かれている鹿を追っている絵だ。


 ちらりと。

 その時、何かに気付く。

 ジュリアも気付いたようだ。

 カンテラを左側前方に向けた。

「……なんだ」

 ジュリアががっかりした声を漏らし、私も笑う。


 踊り場に立ち、左側に向かって伸びる階段には、丸い装飾性の強い鏡が飾られていた。

 そこに、私とジュリアが並んで写っている。

 多分、これを夜に見て幽霊と勘違いしたのだろう。


「幽霊話なんて、こんなものでしょう」

 私がジュリアに話しかけた時、すいっと腕を撫でる風に気付いた。

 あれ。

 私は周囲を見回す。

 窓など空気が入るところはない。玄関扉だって、ここからだと大分距離がある。

 だけど、私の寝着から伸びた腕には冷気が触れ、風が動いている事は確実だ。


「なんか、風を感じるよな」

 顔を上げると、ジュリアが私の目を見てそう言う。私は頷いた。

 ジュリアはカンテラでじっくりと周囲を照らし始めた。私も風の先を追う。

「絵画……、じゃないですか?」

 私が絵画を指差すと、ジュリアはカンテラを持ったまま絵画に近づいた。しばらく絵画を照らすと、おもむろに絵画を持ち上げた。裏側に顔を突っ込むと、

「あった」

 嬉しげに顔をこちらに向ける。私は慌てて絵画に手を差し込み、額縁を支える。ジュリアはその隙に完全に絵画の裏側に体を滑り込ませた。


「扉がある。行ってみよう」

「ええ? やめましょうよ」

 私はそう言ったのに、扉が動くような軋み音が聞こえてきて、私の提案は完全に却下されたことを知った

「アレクシア」

 名前を呼ばれ、仕方なく私も絵画の裏に体をもぐりこませる。


「……隠し扉、ですね」

 私は思わず呟く。

 絵画と板目に誤魔化されて全く気付かなかったが、本当に一枚物の扉がそこにあった。

 腰を屈めるでもなく、膝を折るわけでもなく、普通に歩いて扉を通過すると、そこには長い一直線の廊下がある。


「行ってみよう」

 真っ暗闇の廊下に、カンテラを掲げたジュリアだけがぽつんと立っていた。

「あからさまに怪しいですよ。探検なら、明るくなってからウィリアムと来ましょう」

 私は扉に手をかけたままジュリアに向かって首を横に振る。


「ジュリアに何かあったら大変です」

「何も無いよ」

 ジュリアは短く答える。いやいやいや。あったら大変だから、って話なの。

「あったとしても、別にどうでもいい」

 ジュリアはくるりと私に背を向けて歩き出す。私は慌てて扉から手を離し、ジュリアを追おうとした。


 背後で隠し扉が閉まる音がする。なんとなく、「かちり」と軽い音がするものだと予想していた。


 だけれど。

 背後で響いたのは、「がつん」というやけに重々しい金属音だった。


「え?」

 私は振り返る。ジュリアがカンテラを持って先に進んでいるせいで私の背後は闇だ。手探りで隠し扉を探し当てると、内側から押してみる。


 開かない。

 マジか。

 私は焦って力いっぱい体ごと扉で押し開けようとしたけれど、全く動かない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます