第15話 俺が一番だろ?

               ◆◆◆◆◆◆◆◆


 ドアがノックされ、私は鏡台の前に座ったまま後ろを振り返る。

 てっきり、聞き間違いかとも思ったのだ。

 だってちらりと見た柱時計の時間はもう十一時を過ぎている。誰かが訪問するには遅すぎる時間だ。

 だけど。

 硬質的な音が2回。確かに扉から響いてくる。

 私は寝着のまま立ち上がり、扉に近づく。

「……はい?」

 チョコレートの板を貼り付けたような扉の前で小さく返事をすると、いきなりドアが外から押し開けられた。うわ。なにっ。

 思わず半身になって構えたけれど、ひょっこり顔を出したのはジュリアだ。


「起きてたか?」

 私と同じように袖のないシルクの寝着を着て、手にはランタンを持っている。

 なんかいつもと見慣れない、と思ったら背の半ばまであるいつもの金髪は、今はひとつに束ねて頭の後ろでお団子を作っていた。

 首周りに髪がないせいで、随分とすっきりと顔全体が見えるし、いつもは隠している喉仏も見える。


 だからかもしれない。

 ものすごく、男らしく見えた。

 そう思った瞬間、どきり、と心臓が拍動した。ぱくぱく、と勢い良く血液を体中にめぐらせるのが分かる。

「何事ですか?」

 私はそ知らぬ顔で尋ねる。顔が赤くなりそうで、わずかに俯いたまま聞いてみた。

「寝てたのか?」

「……寝てたとしても、起こしたでしょ」

「まぁな」

 ジュリアは笑う。


「こんな時間になんですか?」

 夜も更けて、立ち歩くには遅い時間だ。

 ジュリアが扉を開けたまま、目に悪戯っぽい光を宿らせて私を見た。外気が入るせいか、なんだか肌寒い。私は自分の肩を抱くように腕を回す。


「この館、幽霊出るらしいぞ。知っていたか?」

 質問を質問で返された。

 そういえば、エマもそんなことを言っていたような気がする。

「姉上が、そんなことを言っていたような」

 私がそう言うと、ジュリアは嬉しそうに頷いた。

「観にいこうぜ」

「はぁ?」

 私は思わず尋ね返す。ジュリアは至って真面目なようだ。好奇心に満ちた青い瞳を私に向け、親指を立てて後ろを指差す。

「中央の螺旋階段に出るらしい。見に行かないか?」

「ウィリアムを誘ってはいかがですか?」

 私がそう言うと、ジュリアはつまらなそうに口を尖らせた。

「あいつは嫌だって。寝るらしい。つまらん奴だ」

 なるほど。それで私の部屋に来たらしい。


「男の幽霊が出て、ぱっと姿を消すらしいぞ」

 ジュリアは嬉しげに私に言う。

 それが、夜中に女の子の部屋に来て言うことかね。

 私は思わず噴出す。ジュリアは不思議そうに私を見上げた。私は首を横に振ると、

「じゃあ、行きましょうか」

 と、声をかけて部屋を出た。

 廊下に出ると、ノースリーブの薄い寝着だけではやっぱり肌寒い。一旦部屋に戻ってショールでも持って来ようかとおもったけれど、前を歩くジュリアは羽織物を持っていない。動いていると温かくなるかもしれない。

 ……大丈夫かな。

 私は扉を閉めて、ランタンを掲げながら歩くジュリアの後をついて行く。

 多分、短時間で済むだろう。幽霊なんて所詮出ないのだから。


「幽霊が出る、って誰から聞いたんですか?」

 私はジュリアの背中に尋ねる。

 廊下の両脇にはいくつもの扉が並ぶが、一階を宿泊として利用しているのは私とウィリアム、ジュリアの3人だけだ。エドワード王子と供回りたちは、2階を利用している。

 歩くと毛足の長い絨毯に足音は吸い込まれ、私たちはしずしずと中央玄関の螺旋階段に向かった。

「エドワードの供回りの奴」

 ジュリアはちらりと私を振り返る。「お前が聞いた姉はどの姉?」。私にそう尋ねた。

「エマです」

「エマ?」

「今日、紹介させていただいたすぐ上の私の姉です」

「あの妊婦さんか」

 ジュリアはちょっと眉を下げる。

「悪いことしたな。妊婦だと分かってたら、こっちが行くのに」

 そんなそんな。私は首を横に振る。

「お姉さん、なんの幽霊か言ってたか?」

 先に立って歩くジュリアがカンテラで廊下を照らす以外、明かりがない。カンテラが照らす橙色が、真っ黒な廊下を円形に切り取る。

 ちょっと、お月様に似ているな。そんなことを思ってジュリアの後を着いて歩く。

「男の幽霊らしい」

 ジュリアは嬉しそうにおっかないことを言った。

「男ねぇ」

 幽霊って、女が相場だと思ってた。

「意外だろ」

 ジュリアは本当に楽しそうだ。「早く来いよ」。そう言って手招きをする。私は足早にジュリアの隣に歩み寄り、並んで歩く。


 本当に、背が伸びたんだ。

 私は気付かれない程度にちらちらとジュリアを見る。ふわふわとした寝着を着ているのは私と一緒だけれど、肩幅も広くなっているし、背だって伸びている。今はハイネックの服を着ていないせいで、喉仏だってちゃんと見えた。すらりと伸びた腕だって、肩口から二の腕にかけてはがっしりとした筋肉が張っている。


 男の子なんだなぁ。

 そんなことを思った。

「なに?」

 見ていることに気付いたらしい。ジュリアは青い目を私に向けて、少し首を傾げる。私は慌てて首を横に振った。

「静かだなぁ、と思っただけです」

「今ここにはエドワードとウィリアムと、付き人数人しかいないからな。2階にいるはずだ」

 ジュリアは人差し指を上に向ける。

「エドワード王子とは仲がいいんですね」

 私が言うと、ジュリアは毛虫でも見たように顔をしかめた。

「仲がいいわけじゃない。あいつはおじい様と共謀してるんだ」

 俺を利用しようとしているだけだよ。ぼそり、とそう続ける。

「利用って?」

 私が尋ねると、ジュリアはちらりと私を見ただけで無言だった。言いたくないのか、聞かせたくないのか。


「ワルツ、楽しかったか?」

 急に話を変えられる。さっきまで私を見ていたのに、俯き、顔を上げる気配は無い。

「ジュリアが気を回してくださったんでしょう?」

 私はジュリアの顔を下から覗き込むようにして訊く。ジュリアは更に私の視線から逃れようと顔を背けた。だったら、なんで訊くのよ。


「王子様と実際に踊ってみたら、意外に楽しく無かったです」

 私が正直に言うと、不意にジュリアの姿が横から消える。あれ。私は立ち止まり、振り返った。消えたんじゃない。ジュリアが足を止めたんだ、と気付いた。


「本当か?」

 予想外に真剣な双眸が私を見ていて、思わずひるむ。その顔からはジュリアの感情がイマイチ読み取れなくって、私はこのまま正直に話していいのか、それとも冗談で済ませたほうが良いのかわからなくなった。


「……せっかく、王子に口を聞いてくださったんですけど」

 私はとりあえず謝りの言葉を口にした。


「私は、ジュリアと踊ったあの晩の方が楽しかった」

 その後、本音を口にする。


「本当か?」

 カンテラを掲げられて、もう一度尋ねられた。私はその明かりが眩しくて目を細めながら、大きく頷く。


「だと思った」

 ジュリアは口端を引き上げるようにして笑う。安堵したような、嬉しげな。まるで、幼い子どもみたいなその笑い顔に、また胸がきゅっと絞られたように一拍鼓動を打つ。


「俺が一番だろ?」

 自信満々なジュリアに、私は苦笑した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます