第4章

第23話 寝てろよ

               ◆◆◆◆◆◆◆


 がくり、と大きく馬車が揺れて私は、はっと目を醒ます。

 反射的に向かいのエドワード王子を見ると、気遣ってくれたのか、窓の外に視線を走らせて「見なかったふり」をしてくれた。

「寝てろよ」

 隣りのジュリアは、というと、ぼそり、とそんなことを言う。ばれてるよね。そりゃそうだ。

「大丈夫です」

 そう口にしたつもりが、「らいひょうぶれす」と口から零れ出て、エドワード王子が唇を噛んで肩を震わせている。笑わない。紳士だ。

「寝てろよ」

 紳士じゃないジュリアは、私をじろりと見てもう一度言った。

 私は困惑して眉をハの字に下げる。

 正直に言えば、眠いというより、だるい。


『館では安全が確保できないから、早めにロゼッタ卿の屋敷に行こう』

 私が気絶している間に、エドワード王子がジュリアにそう提言したようだ。

 賊を捕まえてみたら、エドワード王子が警備として雇った騎士だったらしい。身内に敵がいる。それがエドワード王子を不安にさせたようだ。

 ロゼッタ卿というのはジュリアのおじい様で、元々その屋敷に呼ばれていたのだから、その屋敷に向かうことはなんの問題もなかったのだけれど、ジュリアとウィリアムが渋ったのは、私が怪我をしていることだった。

『刀傷は熱を出しやすいしですし、傷の癒着も悪くなるからあまり動かしたくないんですが』

 というウィリアムの慎ましい進言は、エドワード王子にその場で却下されたらしい。

『ジュリアと、しがない男爵の娘とどちらが大事なんだ』と。

 結局、目が覚めた私はエドワード王子から「痛み止め」なる謎の液体の薬を飲まされて、馬車に詰め込まれた。

 ウィリアムとエドワード王子の配下が馬車を囲み、私とジュリア、エドワードが馬車の中に入っての移動だった。

 あの、「痛み止め」とかいう液体薬。

 あれがなんかおかしい。

 確かに痛みは消えたんだけど、代わりに酔っ払ったように頭がぼんやりする。頭だけじゃなく、体中からも力が抜ける。しびれる、というか上手く力が入らない。

「もう少ししたら馬を変えるために宿に入るから、そこまで眠ったらどうだ?」

 エドワード王子も私を一瞥してそう言う。


「寝てろ」

 ジュリアは私の肩に後ろから手を回すと、強引に下に引く。力が入らないから、そのままぼすり、とジュリアの膝に頭を乗せる形で倒れこんだ。

 まずい。

 そう思って起きようとするんだけど、やっぱり力が入らなくて、もぞもぞもがいていたら、ぽすり、と頭に手を置かれた。


「寝てろ」

 4回目の言葉を口にしたジュリアが、私の頭を撫でる。

 これがいけない。

 くぅ、と私は小さく唸る。ジュリアに昨晩撫でられるまで気付かなかったけど。私、頭なでられるのに弱い。なんでか、すぐ、うっとりするというか。眠くなるというか。力が更に抜けるというか。


 案の定、とろんと目が閉じる。

 思うに、ジュリアも私のこの特性に気付いてるっぽい。

 気絶から目が覚めた後、痛がる私の頭をずっと撫でてくれていた。それで、大分ささくれ立った私の気持ちが治まったところもある。


 そう。

 気絶から目が覚めた私は、ものすごく気持ちがささくれ立っていた。

 なにしろ、気絶してるうちに、「この隙に」と、ウィリアムに勝手に傷を縫われたのだ。

 痛くは無かったわよ、痛くはなかった。気絶していたからね。痛くはなかったけど。

 それって、不意打ちみたいなもんじゃない?


 ぶつぶつ言う私の頭をジュリアは撫でながら、

「だけど、傷が綺麗に治る方がいいだろう。折角綺麗な腕をしているのに、傷跡が残ったらもったいない」

 真面目な顔でそう言われ、私は顔を真っ赤にして黙り込んでしまった。


「……寝たのか?」

 目を瞑ったら開けられなくなった私を見て、エドワード王子がジュリアにそう尋ねている。

 もう、この段階で妙な痛み止めのせいで体も動けなくなっていた私は、身じろぎも出来ずにジュリアの膝に頭を乗せてじっとしていた。

「かもな」

 ジュリアのテノールの声が聞こえた。相変わらず、ゆっくりと私の頭を撫でている。ダメだ。この手つきと声に弱い。


「やけに気に入ってるんだな、その娘を」

 がたがたと揺れる馬車の中で、エドワード王子の声が響く。

「だったらなんだ」

「別に」

 ぶっきらぼうに返したジュリアの言葉を、王子は愉快そうに聞いている。


「王都では一触即発の雰囲気があるそうだぞ」

 王子はジュリアにそう言う。

 王都で?

 そういえばエマも言っていたではないか。いまの王は評判が悪い、と。

「商人が相当怒っているらしい」

「商人?」

 ジュリアが鼻で笑うのが聞こえた。

「あんな浪費家の王であれば、儲かって嬉しいだろうに」

「支払いが滞っているらしい」

「誰の」

 訝しげにジュリアが言う。私だって聞き返したかった。

「父上の、だよ」

 王子は、くつくつと喉の奥で笑い声を漏らす。

「王の?」

 何故。ジュリアが小さく呟くのが聞こえた。私だって同じ疑問を抱く。王の支払いが滞るなどと言うことがあるのだろうか。

「噂では、国庫が底を着き始めたらしい」

「まさか」

 ジュリアは小さく笑う。だけど、それに続くエドワード王子の笑い声は無かった。

「お前の持領のルクトニアにも知らせが来ただろう。増税の。お前はどうしている」

 エドワード王子は笑わずに、やけに落ち着いた声でジュリアに尋ねている。そうだ。ついつい忘れがちだけど、ジュリアは領主でもあるのだ。領民から税を徴収し、決められた税額を国王に納めている経営者でもある。

「ルクトニアには港があるからな。他国から取れる交易税がある。それが毎年黒字だから、領民からの増税は行っていない。通達のあった増税分の足らず分は交易税から出している」

「お前の領民は幸せだな」 

 エドワード王子はここで笑った。どこか、小馬鹿にしたようなその笑い声に、ジュリアは私の頭を撫でる手を止めた。

「ほかの領主はどこも税金の値上げに踏み切った。結果どうなったか知っているか? 税金を納められない農民が土地を放棄して王都に流れ込んだんだ」

「王都に来ても仕事はないだろうに」

 ジュリアはどこか哀しそうに呟くと、また私の頭を撫で始める。私の髪をすくその指に少し元気が無い。流民の行く末を知っているからだろう。

 仕事もなく、お金もなく、土地も無い人は、ただ飢えて死を待つだけだ。


「今、王都は増えすぎた流民のせいで治安も悪くなっている。商人が怒る理由の一つはそれもある」

 おまけに、とエドワード王子は乾いた笑い声を立てる。


「父上は本当に、王都を作りかえようとしているらしい。最近は設計士を呼んで毎日夢物語ばかり語っているようだ」

 がたがた、と馬車は揺れる。

 二人はほんの少しだけ無言でその音を聞いていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます