魔女な私はかく語る

作者 林きつね

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全41話

更新

  1. [第一部]魔女な私はかく語る
  2. 第1話 どうも、私です。
  3. 第2話 楽しかったんです。
  4. 第3話 出会いました。
  5. 第4話 ほんの少しの休憩のようなものです。
  6. 第5話 別に悪いことではありません。
  7. 第6話 だから言ったんですよ。
  8. 第7話 この人は相変わらずですね。
  9. 第8話 やっぱり、むず痒い。
  10. 第9話 これにて一件落着?なんですかね。
  11. 第10話 朝ご飯は一回だけ食べました。
  12. 第11話 友達……。
  13. 第12話 友達、なんですね。
  14. 第13話 やっぱり定義、必要では?
  15. 第14話 大勝利です。
  16. 第15話 私、決めました。
  17. 第16話 これから頑張りますよー!
  18. 第17話 瞬きぐらいはしてもいいですよね?
  19. 第18話 これはこれで良かったのかもしれません。
  20. 第19話 無視です。無視。
  21. 第20話 ホント何やったんでしょうこの人。
  22. 第21話 いよいよ、始まりますね──
  23. 第22話 ありがとう、アリシア。
  24. 第23話 私は、きっと――
  25. 第24話 あの子の行く先には必要ないから
  26. 第25話 きっとこれで――
  27. 第26話 いいはずなのに……。
  28. 第27話 恋とはままならないものです。
  29. 第28話 本当に、嬉しかったんですよ……。
  30. 第29話 きっと、感謝だってしていました。
  31. 第30話 それだけが、願いだったんです。
  32. 第31話 実はちょっといい人だったり……?
  33. 第32話 そういうところ。ほんとそういうところです。
  34. 第33話 二人なら、大丈夫な気がします。
  35. 第34話 これは……魔術……?
  36. 第35話 語って、そして――
  37. 第36話 少しだけ、待っていてください。
  38. 第37話 あぁぁぁああああ――!
  39. 幕間 とある魔女の話
  40. 最終話 どうも、私でした。
  41. [第二部]わたしの一欠片をあなたに
  42. 第1話 それは最悪な序曲(前)
  43. 第2話 それは最悪な序曲(後)