魔法学校のお姫様

作者 七野りく

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

連載中 全33話

更新

  1. 第1章
  2. プロローグ ある春の日
  3. 第1話 委員長は可愛いものがお好き
  4. 第2話 少女襲来
  5. 第3話 悲劇≒喜劇
  6. 第4話 触らぬ少女に祟りなし
  7. 第5話 鬼ごっことかくれんぼは得意分野
  8. 第6話 謀、知らぬは姫様ばかりなり
  9. 第7話 そして友情は儚く
  10. 第8話 『出る』と『参加』は少し違う
  11. 第9話 猫は暖かい日向を好むもの
  12. 第10話 少女襲来(再)
  13. 第11話 その姫様、意地悪につき
  14. 第12話 姫はやれば出来る子
  15. エピローグ
  16. 第2章
  17. プロローグ
  18. 第1話 委員長はお嬢様
  19. 第2話 うちの義妹達、ほんのちょっとだけ怖いんです
  20. 第3話 大外からのごぼう抜きはよくあること
  21. 第4話 姫は姫であって姫である
  22. 第5話 服は基本的に小学生(女子)用です
  23. 第6話 爆弾処理には慣れて……いません……
  24. 第7話 双神の子は双神さんなのです
  25. 第8話 ボクは何時でも素直です。本当です。
  26. 第9話 長い黒髪は義姉妹の趣味……じゃありません
  27. 第10話 何度でも言います。ボクは男です。女では(以下略)
  28. 第11話 ボクだって真面目な時はあるんです
  29. 第12話 姫は案外と考え無し
  30. エピローグ
  31. 第3章
  32. プロローグ
  33. 第1話 ピンチはチャンス……ではなくて、やっぱりピンチ
  34. 第2話 姫と拓海はかなり仲良し
  35. 第3話 これが、これが、本物の御姫様だっ!
  36. 第4話 王子様に守られるお姫様はテンプレ