エピローグ

「月姉様、何処へ行かれるんですか?」

「……ちょっとした用事よ」


 玄関で靴紐を結んでいる背中に声をかけると、苛立ちを隠せない声が返ってきました。

 朝から、メイド達が慌てた様子で呼びに来たから何事かと思いましたが……なるほど、そういう事ですか。

 今の台詞は間違いなく嘘ですね。

 我が姉ながら、分かりやす過ぎます。


「月姉様」

「……何?」

「兄様に会いに行かれても、無駄だと思いますよ。むしろ逆効果です」

「…………別に私は、あいつに会いに行くなんて言ってないわ」

「そうですか」

「そうよ……ねぇ」

「はい」

「あいつ……本当に、今度のお休みでも帰って来ないと思う?」


 嗚呼、月姉様!

 どうして、そういう顔が出来るのに、兄様の前では虐めっ子になられるんですか。普段から、そうなら兄様だって帰って来られるのに。

 ……ですが、今回は難しいでしょう。

 兄様はとてもとてもお優しい方ですが、頑固でもあられますから。

 しかも、用意周到に雪姉様の許可は得られてるとのことですし。


「多分……戻っては来られないでしょうね。次に来られるのは、夏休みでしょうか?」

「華は」

「はい」

「それでいいの?」

「……良くはありませんが」

「ならっ!」

「ですが、兄様にご迷惑をおかけして嫌われるのは絶対に嫌です」

「…………私」

「はい」

「…………あいつに、嫌われたのかな? そうしたら、どうしよう。あいつに嫌われたら、そんな事になったら、私、私」


 これは重症ですね。

 月姉様がこんな風になるなんて珍しいです。数年ぶりでしょうか?

 う~ん……こうなってしまうと、治療出来るのは兄様か、もしくは


「――月、華」


 涼し気な声が響き渡りました。

 振り向き、軽く会釈します。今日もとってもお綺麗です。

 ですが、その表情を見てピンときました。


「雪姉様……月姉様にどうしてこんな意地悪を?」

「あら? 私がそんな事をするわけないじゃない。ただ、優からの手紙を読んだだけよ」

「御手紙には何と?」

「『月子に会いたくないから、今度の連休はそちらに戻りません』って」

「はぁ……また、そういう嘘をつかれて」

「あら? どうしてそう思うの?」

「兄様が私達にそんな事を言うわけないじゃないですか。何だかんだ言いながら、私達を大切にしてくださってるのですから」

「む~華には通じないかぁ。残念、あの子を独占出来ると思ったのに」

「駄目です」


 まったく、雪姉様は。

 お茶目なところは可愛いですが、すぐに兄様を独占されようとするのは問題です。

 ……私も人の事は言えませんが。


「……ゆ~きぃねぇぇぇ……」

「あら? 月子、もう立ち直ったの?」

「あら? じゃないわよっ!! 朝から私がどれだけ――今のなし。別にあいつのことなんかどうでもいいわ」

「「ふ~ん」」

「っ。あ、私、他の用事を思い出したから。それじゃね」


 頬を薄ら赤らめた月姉様は逃げるように、屋敷の奥へ戻られて行きました。

 分かりやすいです、とっっても、

 それにしても


「雪姉様」

「な~に?」

「兄様は本当に帰って来られないんですか? 寂しいです」

「そうねぇ。う~ん、華には話しておこうかしらね」

「何ですか?」

「あの子ね――他の家の子を泣かしちゃったみたいなのよ。それも複数」

「兄様がですか?」

「各家から、非公式に抗議が来てるわ。まぁ先に私へ『ごめんなさい』連絡が来たけどね。ほら、華子も知ってるでしょ? 森塚の長女絡みよ」

「香澄さんですか。ああ、それはしょうがないですね。兄様は、御友人を大切にされますから」

「まぁ、だからこそあの子、分家筋や『八ツ森』から絶対的な支持を受けてるんだけど……ちょっと、やり過ぎね。実技試験で『桜宮』『天原』『神乃瀬』『御倉』の子達を蹴散らしたらしいわ」


 雪姉様が苦笑されています。余程、派手にやられたのですね。

 髪紐をとかれなくても、兄様ならばどうとでもなるでしょうし。

 ですが兄様? 物事にはやり過ぎ、というものがあるんです。

 そういう事をして、大事な大事な大事な、私との時間がなくなるのは駄目です。

 これは――お説教が必要ですね!


「雪姉様」

「華、駄~目。まだ早いわ。どうやら、少しはあの子もやる気になったみたいだし、少し見守りましょう」

「……本当ですか? その割には、今日の雪姉様のスケジュール、何故か午後がぽっかりと空いてましたけど。昨日まで、『藤宮』との会合が入っていましたよね?」

「え~私、分かんない~。あ、華、今日、ちょっと出かけるんだけど、和服と洋服、どっちがいいと思う?」

「…………雪姉様」

「ん~? 何~?」


 目の前で楽しそうに笑う我が姉――『二宮八家』の実質的頂点にして、字義通りの意味で『世界最強』を謳われる魔法士、十乃間雪子を睨みつけます。

 まったく、油断も隙もありません。『藤宮』との会合をキャンセルしてまで会う相手なんて、世界に一人しかいないでしょう。



「ズルいです。兄様にお会いになられるなら、私も連れて行ってください。月姉様はご用事があるみたいですから、お声をかけなくても大丈夫でしょう」

「あらあら。華も悪い子ね~」



 そうです私――十乃間華子は悪い子なのです。

 月姉様がいない分だけ、兄様――『』であり、私の大好きな優希兄様との時間が増えるんですから、これ位の事はするのです。

 ……後で巻き起こる月姉様との喧嘩は今から覚悟しましょう。

 さ、こうしてはいられません。準備をしないと。

 今日は何を着てもらいましょうか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます