第12話 姫はやれば出来る子

「姫野」

「や、やぁ委員長、本日はお日柄も良く」

「……遺言はそれでいいのか?」

「待って。一応、ボクはほら、味方だからね? 味方に向けて、殺意までこめて刀を向けるのは駄目だとボクは思うんだ。取りあえず、その炎魔法は引っ込めよう、ね、ね?」

「ほぉ……」

「うん、ダメだよ。拓海、拓海もそう思うだろ?」

「いやー俺は分からないなー。何しろ、折角、買ったこいつを奪おうとする姫だしなー。ああ、森塚。ほらよ」

「あ、ちょっと、待つ」


 拓海が持っていたビデオカメラを委員長へ手渡す。

 無言でそれを受け取り、即座に動画を確認。周囲にいたクラスメート達も覗き込んでいる。こら、そこの後輩二人。君達までそっち側に混ざるんじゃないっ。

 どうやら、ボクの味方はいないらしい。と言うか、君達、今は一応試験中だからね? しかも、この試験結果って、将来にも影響を与える事分かってるのかな?

 ボクの想いをは裏腹に、皆、熱心に動画を鑑賞中。いや、そんなに面白くないだろうに。あれ、でも、これってチャンス?

 

 そうだ……今の内に逃げよう! 

 

 ここにいたら、この後、何をされるか分かったもんじゃないっ! 

 うぅ……過去の悪夢(和服を着たり、メイド服を着たり、その他諸々。人生の汚点)が脳裏を……。あ、あんな思いをするのはもう嫌だっ。

 意を決して一歩を踏み出す――その先を恐ろしい速度の斬撃が通り抜けていった。巨木の数本が音を立てて倒れてゆく。

 いやいやいや。今の本気の本気だよね!? 当たってたら結構、洒落にならないよ……。


「姫野。誰が動いていいと言った?」

「ボ、ボクにだって動く位の意思はっ」「ないな」


 動画から目を動かさずに告げてくる委員長の声は冷徹そのもの。

 が、その頬は赤く染まっていき、動画の後半部分を見て硬直。

 ……これはマズい。

 ゆっくりと此方に視線を向けてくる。


「姫野」

「待って。あれは不可抗力過ぎる。怒りをぶつけるなら、ほ、ほら、横にいる後衛にまったくもって向いてない首席様だと思う」

「なっ! あ、あんた、可愛い可愛い後輩を売る気なのっ!? 最低っ。それでも、先輩なのかしら?」

「……そうか。私は姫野が向いてないと断言する後衛に負けた、のか」


 委員長の顔は無表情。が、そこには微かな感情。

 ……真面目過ぎるのも考えものなんだよなぁ……。

 どうやら、周囲が考えている以上に案外と気にしていたらしい。

 仕方ないなぁ……ボクにも一因があるし。

 妹の不機嫌な声が聞こえる。『うちの名前を汚さないで』。

 ……分かってるよ。ボクは所詮欠陥品だ。でも、同時に男だからね。

 小さな溜め息一つ吐き、声をかける。


「委員長」

「……何だ」

「ちょっと今からは本気でやろうと思うんだけど――付き合ってくれる?」

「!」

「あーそこの後輩君達は、もうボクに負けたから失格でいいのかな? 取りあえず月風は失格でもいいだろうけど、双神さんは一緒に来る?」

「え?」


 そう言いながら、端末から双神さんへ『同盟』申請を送る。

 まぁ、この試験好きじゃないけど、こういうところは柔軟性があって良いと思う。敵の敵は味方だったりする訳だしね。


「拓海、状況説明よろしく」

「あいよ。うちの班編成はこんな感じだ。味方の位置は不明だが……まぁ可もなく不可もなくだろう。相手の中で厄介なのは、特別班位だと思うぜ」

「あーあったね、そんなの。誰だっけ?」

「姫、流石に名前くらいは知っておけよ。『桜宮』と『天原』のお嬢様、それに『神乃瀬』と『御倉』のお坊ちゃん達だ」

「ふ~ん……まぁ、あんまり関係ないね。当主とか、実戦バリバリじゃないんでしょ? 普通にやったら委員長とか拓海の方が強いよ、きっと。」

「いやいや、それはねーから……俺、何度か試験で遭遇して瞬殺されてっから」

「あんた、今、自分が何を言ったか分かって……ごめん、私が馬鹿だった。あんたに常識を求める方がどうかしてるんだものね。ほら、早くしなさいよ」


 失敬な。ボク程の常識人がこの学園に何人いると思っているんだ!

 それと月風が何かを要求しているけど、さて? 

 あ、双神さんからは承認がきた。にっこりと微笑む。頑張ろうね。


「……ちょっと」

「よし、それじゃ頑張ってみようか。目標は――う~ん、そうだねぇ。取りあえず同じクラス以外はさせてみよう」

「……ねぇ」

「おいおい。姫、そいつは流石に厳しいんじゃないか? 全部と遭遇するのだって大変だぜ?」

「そう? みんな派手に動き回ってるし分かりやすいよ? 取りあえず、今はこんな感じだけど。ほいっと」

「「「!?」」」


 空中に、立体地図を提示。そこに、光点を表示させる。

 お、うちのクラスメート達はまだ健在だ。流石、しぶとい。

 特別班は……また、無駄に魔法を使ってまぁ……。

 二宮八家の名が泣いているね。


「一班ずつ潰していこう。まぁ、隠れている班もいるかもだけど、ほとんどは網羅出来てると思うよ」

「いやな、姫……」

「あんたねぇ……」

「先輩……」

「うん?」

「「「絶対おかしいっ!!」」」

「はいはい。君達にも出来るから。さ、委員長」

「……何だ」


 う~ん、今回は思ったよりも重症だね。

 まぁらしいと言えばらしい。

 近付き手を取る。そして、背伸びして、頭を撫でる。


「ひ、姫野?」


 声には動揺。だけど、少しの明るさ。

 うん、やっぱりこっちの方がいいよね。

 


「一緒に証明しに行こう。ボクが知ってる森塚香澄は、才能に溺れて、遊んでいる特別班の子達よりも、ずっとずっと強いんだからっ!」


 

 ――なおこの後、某後輩が半泣きになりながら此方を恫喝するという面白エピソードもあったのだけれども、それは語らなくてもいいお話だと思う。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます