神月さんは怖くない?~怯えていただけなんだよね~

作者 神霊刃シン

1話目から読む

新規登録でもっと便利に!

ユーザー投稿作品やKADOKAWAの人気作品をもっと便利に読めます。

閲覧履歴

どこまで読んだか忘れても大丈夫。自動的に記憶してくれます。

更新情報

「フォロー」した作家・作品の更新情報がメールで届きます。

マイページ

好きな作品を管理できる、あなた専用の本棚ができます。

必要なもの

ユーザー登録(無料)に必要なのは、メールアドレスだけ! 登録は簡単です。

目次

完結済 全46話

更新

  1. 神月さんは怖くない?
  2. プロローグ
  3. 第1話 二度目の夏(1)
  4. 第一章 あなたは何を怯えているの?
  5. 第2話 島での暮らし
  6. 第3話 もし神様がいるのなら
  7. 第4話 モテる女は辛いのう
  8. 第5話 平気……なの?
  9. 第6話 うむっ! 青春じゃのう……
  10. 第7話 そ、そんな事しないよ……
  11. 第8話 色々と失敗したようだ……
  12. 第二章 ねえ、いい子だから。
  13. 第9話 お主にしか、頼めぬ事じゃ!
  14. 第10話 それは俺もだよ……
  15. 第11話 これで我にも彼氏が出来たのじゃ!
  16. 第12話 そういうモノかな?
  17. 第13話 男ってホント、アホだな……
  18. 第14話 この寂しん坊めっ♡
  19. 第15話 面倒な女子と関わったのう
  20. 第三章 それとも破滅の罠か。
  21. 第16話 我の方が愛されておる!
  22. 第17話 俺も休めば良かった……
  23. 第18話 ゆっくり帰ろうか?
  24. 第19話 いいから、早く休んでくれ……
  25. 第20話 私も知りたい
  26. 第21話 ハゲちゃったじゃない……
  27. 第22話 一つ教えて欲しいんだけど……
  28. 第四章 闇は私の中にもあります。
  29. 第23話 いえ、食べさせるのは『真の彼女』である私です!
  30. 第24話 何て勝手な奴じゃ!
  31. 第25話 どっちがいいですか?
  32. 第26話 これが【悪魔】の正体?
  33. 第27話 そうですね、血です
  34. 第28話 えへへ♪ これ、やってみたかったんです♡
  35. 第29話 何だか、楽しそうですね♪
  36. 第五章 生き延びて機会を待つのだ。
  37. 第30話 彼氏の浮気現場を押さえにきたのじゃっ!
  38. 第31話 再三に渡り連絡した筈です……
  39. 第32話 その時は一緒に来てくれますか?
  40. 第33話 どんどん深みに嵌まっている気がする……
  41. 第34話 友達とは何をすればいいのだ?
  42. 第35話 許可は取ったぞ!
  43. 第36話 今日、二回目なんだけど……
  44. 第六章 その者、青い野菜を育てて。
  45. 第37話 まだ食べているのか?
  46. 第38話 手を繋ぐのなら我じゃろ?
  47. 第39話 迷惑じゃよな……
  48. 第40話 じゃあ……今度、一緒に行こうか?
  49. 第41話 膝枕、させてください!
  50. 第42話 わたしも、アレが欲しい!
  51. 第43話 完璧です
  52. エピローグ
  53. 第44話 二度目の夏(2)
  54. おまけ
  55. 第45話 どうして、親切にしてくれるんですか?
  56. 第XX話 あとがき