天才で完璧美少女と噂の幼馴染のくせに、なんで俺の前でだけそんなにスキだらけなんだよ

作者 五木友人

532

193人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

本作はタイトルからも察せられるとおり、誠実で努力の人ではあるが凡人の主人公が、天才なのに二人きりの時は頼りなくなるヒロインを支えるお話です。
生徒会の会長と副会長として、そんな絶妙な距離を保ってきた二人ですが、新入生が役員入りしたことでその関係にも変化が生じてきます。
ファンタジー要素のない学園もので甘い展開が満載、それにスラスラと読みやすい作品です。学園恋愛コメディが好きな方には特にお薦めです。

★★★ Excellent!!!

主人公の公平には幼馴染がいた。
天才であり美少女、毬萌である。

明るく魅力的な人柄、どこのラノベ設定だよ!?と言わざる得ないレベルのハイスペックなのだが、彼の前では彼女はなかなかのアホな行動を起こすドタバタラブコメディ。

それぞれのキャラ、会話の掛け合いがとても面白く、何よりエピソード毎の公平目線で語る地の文は、個人的に凄い好きです!

何より書いていて本人が一番楽しんでるんだろうなーと感じる作品になってます!
まだ物語は序盤ですが、思わずレビューしてしまうくらい魅力的ですよ!
どうぞ、ご覧あれ!!

★★★ Excellent!!!

本作でいえば、ヒロインを受け止められる希有な人間が主人公なわけです。
そのためのバックボーンが練られている所が良かったです。

主人公は努力による秀才型(ヒロインに魔改造されたとも言う)なので、他の女の子に言い寄られもしますが、この先どうなっていくのか、楽しみです。

鬼瓦君の今後に期待しております!



★★★ Excellent!!!

走り続けて鳥は光を持つ。光を求め続け。ヒロインは気付かないものを持っている。魅力。主人公はまだ知らない。四季は巡り光を得る。鳥はヒロインの象徴。鳥は光るものを好む。完璧過ぎる彼女のオアシスなのだろう。
テンポはややスローな印象で、ラブコメの枠に入りきらない魅力が特筆される。燃え上がる炎を感じた。それだけ本気の作品なのだろう。どのキャラクターもヒーロー、ヒロインをもり立てている。
僕は図書委員長をやったことを思い出しました。しかし、生徒会長とは殆んど接点はありませんでした。

★★★ Excellent!!!

言葉選びや前後の繋がりが上手く、スルスルと読めてしまいますね。その文章にセンスを感じました。

主人公 桐島のキャラも立ってますし、ヒロインとの掛け合いも面白く、単話ごとに話の区切りができていて、つい読み進めてしまう感じです。

何となく思い出した学生時代の記憶から、作者様は生徒会の経験者なのかと愚考しました。

★★★ Excellent!!!

面倒臭そうに。
なおかつ迷惑そうに。

天才だけどアホな子をフォローする主人公。

面倒臭そうに……
迷惑そうに……


嬉しいくせにぃぃぃぃ!!w



天才の幼馴染を面倒臭そう(嬉しそう)に、なおかつ迷惑そう(楽しそう)に関わっていく。

主人公に襲いかかる受難が待ち遠しいですねっ!

★★★ Excellent!!!

「毬」の字が入ってる女の子、漏れなくめっちゃ可愛い説。一理ある。
あと笑い方が癖になりそう。にははー、が、がお。

公平くんの幼馴染の女の子・毬萌ちゃんは学校でも有名な神童少女。
明るく魅力的な人柄と類まれな能力で、周りを魅了するのですが…

何とかと天才は紙一重というか、一皮向けばとんでもないあほの子というか。
一日一度は何かやらかさないと気がすまない暴走特急。
華やかな外面の陰で、公平くんの実は涙ぐましいフォローがあったという。

二人は一蓮托生、一心同体?どちらかが欠けても成り立たない
実はとても固い絆で結ばれているのです。

これは毬萌ちゃんの、思いもよらない角度から繰り出されるボケと
塵ひとつ漏らさずツッコミ入れる公平くんの抱腹絶倒の掛け合いを楽しむお話です。

★★★ Excellent!!!

 幼馴染の美少女・神野毬萌は、天才的な頭脳を持っているのに、少年・桐島公平の前ではアホの娘になっちゃう展開に笑いが堪えられない。かくいう私も、笑いすぎて笑い死になりそうになった。
 掴みから読者のハートを捕らえ、コミカルな話で読者を笑わせる。
 リストバンドを頭で通そうとしたり、入学式で生徒会長の毬萌が読み間違いで、『セックス』と言おうとして、副会長の公平くんの胃をブレイクさせる話にハマってしまい、現在4話までをスルスルと読んでしまいました。
 アホだけど、可愛いから許せちゃう本作が読めて大変満足しました。
 私が一番面白かった話は、始球式のノーバンをノーパンと間違えて、「コーちゃんのえっち!」と頬を真っ赤にした毬萌です。